【旅行記】クダドゥモルディブ プライベートアイランド 感想まとめ

f:id:mia-travelista:20190730141748j:plain
モルディブの新しいリゾート・クダドゥプライベートアイランド旅行記のまとめです。

 

ハウスリーフ、ヴィラの作りは今まで訪れたモルディブの中でも群を抜いて良く、とても素晴らしいリゾートでした。

 

 

余談: AAAコンセプトとは?

クダドゥでは、AAAコンセプト(Anything. Anywhere. Anytime.=いつでも、どこでも、なんでも好きなことができる)というスタイルが取り入れられています。

 

モルディブで思いつくようなエクスカーション、デスティネーションダイニングなど、全てが滞在費に含まれているのです。

 

<一例>

  • 飲食代
  • スパ
  • ダイビング
  • シュノーケルツアー
  • クルーザー貸切
  • サンドバンク貸切
  • デスティネーションダイニング
  • 系列リゾートへのアイランドホッピング
  • テニス
  • ゴルフ

 

朝食、ディナーなども様々なデスティネーションダイニング・エクスカーションを楽しめたりと、文句のつけようがないほど快適な滞在でした。

 

 

また、クダドゥは15歳以上のみ、滞在が可能です。

 

ビーチレジデンスもないため、気軽にビーチをお散歩できますし、とても静かに過ごせます。

 

 

(1) 場所・ラウンジについて

f:id:mia-travelista:20190731182251j:plain
ラヴィヤニ環礁に位置していて、2019年時点でのアクセスは水上飛行機のみとなります。

 

マレからラヴィヤニ環礁までは水上飛行機で約40分+リゾートまでボートで5分程です。

 

※水上飛行機は朝~夕方までしか飛べませんので、国際線でのマレ着が夜の場合や、マレ出発が早朝の場合は、マレでの1泊が必要となります。

 

 

空港ラウンジについて

マレ(ヴェラナ国際空港)には、クダドゥゲストが使えるラウンジがあります。

 

ただし、私たちが訪れた2019年時点では、クダドゥ専用ラウンジはまだなく、フラワリリゾートのラウンジ奥のスペースを利用でした。

 

 

ラウンジのオープン時間

クダドゥのラウンジ営業時間は有難いことに、ゲスト到着から~出発まで。

 

つまり、帰りは国際線出発ぎりぎりまでラウンジ利用させてもらえるので、マレの国際線出発が深夜でも、ラウンジで待つことが可能です。

 

ただし、あまり豪華なラウンジではないです。

 

新空港オープンに向け、クダドゥ専用ラウンジ設立を目指していると言っていました(未確定情報)

 

 

 

 

(2) ヴィラ(レジデンス)の作り

f:id:mia-travelista:20190802153946j:plain
リゾートを設計したのは、NY在住の建築家・Yuji Yamazaki氏です。

 

海外にいながらも、日本の和を感じられるリゾートとなっていて、とにかく過ごしやすい。

 

モルディブだけではなく、今まで訪れたどのリゾートよりも過ごしやすく、私の中では現時点でNo. 1!

 

 

1~3泊の短期滞在なら、過ごしやすいリゾートはたくさんあると思いますが、5泊以上していると、ここがこうだったら・・・というのが出てきますよね。

 

ただし、クダドゥはそういったものが一切なく、バスルームも含め、とにかく全て考えられたデザインで、最高の居心地でした。

 

 

 

 

 

 

一番感動したお風呂

f:id:mia-travelista:20190802105235j:plain
お風呂は全てウッドフロア。

 

日本の旅館のような過ごしやすさで滑りにくいし、とにかく快適。

 

よく考えられた作りだなと、滞在していて日に日に良さが分かってくるお風呂でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802105637j:plain
シャワールームからテラスまでのアクセスも、お部屋の外に通路があるという・・・

 

なので、お部屋の中が水滴で汚れないんです。

 

Yuji Yamazaki氏デザイン 「バスルーム」 Kudadoo Maldives
モルディブの新しいリゾート、クダドゥプライベートアイランドの水上レジデンス、前回のお部屋編に続き、「バスルーム」へ。 お部屋↓ プール↓ 余談 既に何度か書いていますが、私は今まで、どの国へ行...

 

 

この仕切り!

f:id:mia-travelista:20190802151821j:plain
そしてテラスの横の仕切りを見てみてください。

 

仕切りが斜めになっていて、正面からだと海が見えるんです。

 

 

もちろん、隣は見えないし、隣からも見えません。

 

プライバシーを守りつつ、正面からは海が見える=より広く感じる設計です。

 

どこをとっても、今まで訪れたリゾートの中で、一番過ごし良かったです。

 

 

(3) 客層

f:id:mia-travelista:20190731201315j:plain
15歳以上のみが滞在できるリゾートであること、また客室数は15部屋のみのため、とにかく静かです。

 

専属のバトラー制となり、クダドゥが提供する「ゲストに、プライベート島のように楽しんでもらう」という姿勢が徹底されています。

 

なのでエクスカーション一つとっても、他のゲストと一緒に・・・というのは一切なく、全てプライベートツアーで手配してくれます。

 

 

レストランやスパも、客室15部屋のみとは思えないほど広くとってあるので、混み合うだとか、そういったことが一切なかったです。

 

 

他の客層が分からないという素晴らしさ

スタッフの細かい気配り&アレンジメントで、他ゲストを見かけることがほぼなく、滞在客がどんな方たちか全く把握ができませんでした

 

静かに過ごしたいなら、この客室数の少なさはとても魅力だと思います。

 

滞在の2週間前にはバトラーが決まり、滞在中のプランなど事前相談ができるのもまた良かったです。

 

 

(4) ハウスリーフ充実度

f:id:mia-travelista:20190827153947j:plain
島を泳いで1周できること、また、どのスポットにも魚群がいて、私の中ではかなり満足度が高いリーフです。

 

今までですと、カンドゥルやマーフシヴァルの離島・ロヌボあたりがトップでしたが、クダドゥはそれを超えます。

 

 

今まで訪れたモルディブリゾートの中で一番泳ぎやすく、魚影も濃かったです。

 

ドロップオフまでも行きやすく、シュノーケリング初心者でも泳ぎやすいのではないかな、と思いました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190803214636j:plain
ハウスリーフではサメ、カメ、ニモ、イトマキエイ、イソマグロ・・・などが見れました。

 

また、近くのフラワリリゾートやローカル島もプライベートシュノーケリングで連れて行ってくれます。

 

シュノーケリングでハウスリーフを一周@クダドゥモルディブ・プライベートアイランド
ラヴィヤニ環礁にオープンした新しいモルディブプライベートアイランド、クダドゥ滞在記の続きです。 クダドゥは小さな島で、泳いでハウスリーフを一周できるのもまた嬉しいポイント。 この日のコースは、お部屋(レジデンス4)か...

 

 

 

 

(5) やってみたアクティビティ

f:id:mia-travelista:20190904130248j:plain
AAAコンセプトなので、常識的なお願いは全て叶えてくれます。

 

例えるなら、「なんでも叶えてくれるアマンマジック」を更に豪華に、AAAコンセプトで全部できちゃいます!みたいな感じ。

 

ダイビング、シュノーケリング、クルーズ、ウォータースポーツはもちろんのこと、スパ、デスティネーションダイニング・・・なども全てAAAコンセプトです。

 

 

 

ターコイズブルーラグーンで朝食

f:id:mia-travelista:20191101210931j:plain
朝から最高な気分を味わえるのでオススメ。

 

クダドゥの『ターコイズブルーラグーン朝食』を体験! Maldives
クダドゥモルディブの旅行記も、もはや5日目の朝となりました。 この日の朝ごはんは、ターコイズブルーラグーンというセットアップをお願いしてみました。 ターコイズブルーラグーン朝食とは写真の通り、ブルーラグーンの海&ビー...

 

 

 

フラワリも行ける

f:id:mia-travelista:20190930103707j:plain
フラワリへの訪問、シュノーケリング、フラワリレストランでの食事も無料です。

 

※水中レストランはのぞく

※フラワリ客はクダドゥには入れません

 

【シュノーケリング】フラワリモルディブのハウスリーフ
クダドゥモルディブ・プライベートアイランド滞在3日目。 フラワリモルディブのココバーで水分補給をした後は、オーシャンセンターで水着に着替え、フラワリのハウスリーフをシュノーケリングです。 泳いだコース バギ...

 

 

(6) 食事

f:id:mia-travelista:20191209171332j:plain

朝食については、あれ?と思う味の日もありましたが、ランチ、ディナーは総じて素晴らしかったです。

 

F&BのマネージャーはFS出身のプラディープ。以前、FS丸の内にもいたそうで。

 

 

食べる場所については、メインレストラン一択ではなく、無人島で、ボートで、ラグーンで・・・など。

 

ディナーも無人島で、ビーチで・・・と希望に応じてセットアップをしてくれます。

 

 

時間にしばられない

朝ご飯は〇時から、だとかが一切決まっていませんので、食べたい時に、好きなものを食べることができます。

 

 

メニュー

メニューもあってないようなもので、好きなものがあれば事前に伝えておくと良いです。

 

こんなものが食べたい、というのがあればバトラーに伝えれば、かなりの範囲で対応してくれます。

 

面倒な時は、お部屋で・・レストランで・・・と選べるののまた嬉しい。

 

 

 

 

(7) サービス・日本人スタッフ

f:id:mia-travelista:20191024221607j:plain
私たちが訪れた時点では、日本人スタッフはいませんでした。

 

マネジメント体制

ただし、リゾートマネージャ―の方はソネバ、ギリランカンフシに長年勤めていた方。

 

F&Bマネージャーはフォーシーズンズ(丸の内にもいた方)なので、とてもしっかりしたマネジメント体制です。

 

その2人+もう一人お名前を聞き忘れたのですが、スリランカ出身のマネージャーがいる限りは、安心して訪れることのできるリゾートだと思います。

 

 

リゾートマネージャ―自ら、バギーで送迎してくれたり、F&Bマネージャーもエグゼクティブシェフをわざわざお部屋まで連れてきてくれたり。

 

気取ったところも一切なし。

 

 

感動したこと

シュノーケリング好きと伝えたら、全スタッフ連携(レストランスタッフ、バースタッフ、スパスタッフ)して、大物が見えたら教えてくれたこと。

 

 

レストラン、バーへ行っても名乗る必要も、部屋番号を伝える必要もなく。

 

バーで居眠りしていても、スパの時間になると迎えにきてくれたり。

 

・・・ひたすらぼーっとして、頭を休めつつ、かなり快適な滞在ができるかと思います。

 

 

(8) スパ

f:id:mia-travelista:20190903155857j:plain
スパももちろんAAAコンセプトに含まれますので、好きなだけトリートメントを受けることができます。

 

また、クダドゥにはモルディブ初のヒマラヤンソルトルームがあり、ここで呼吸のエクササイズやスパなど受けることも可能。

 

モルディブ初のピンクソルトルーム@Kudadoo Maldives Private Island
ラヴィヤニ環礁に位置する新しいリゾート、クダドゥモルディブ・プライベートアイランドには、モルディブ初のヒマラヤンソルトルーム(ピンクソルトルーム)があります。 このヒマラヤ岩塩ルームは、デトックスや呼吸のエクササイズに良いとの...

 

 

スパルームは2階

f:id:mia-travelista:20191017134135j:plain
スパルームは2階に位置しているため、プライバシーもあって良いです。

 

ここでお風呂に入ることもでき、

  • お部屋では「旅館のような和なお風呂」
  • スパでは「モルディブらしいオーシャンビューのお風呂」

を楽しめる、とお得な気分でした。

 

 

まとめ

食事よし、サービスよし、ハウスリーフ抜群、スパもヒマラヤンソルトルームあり、エクスカーションも充実。

 

希望をかなえてくれるクダドゥマジック・・・と、今までありそうでなかったリゾートだなと思いました。

 

 

専属のバトラーが全て管理してくれるので、私にとっては、心と体だけではなく頭も休めることができる完璧なリゾート、でした。

 

 

とにかく居心地が良く、いつかまた訪れたいリゾートです。

 

以上、さらっとまとめ記事を書いてみましたが、また思いついたことがあれば追加で書いていきたいと思います。

 

クダドゥの旅行記が終わりましたので、この後はシックスセンシズの旅行記を書いていきたいと思います。


クダドゥモルディブの旅行記を最初から読む→こちらからどうぞ

コメント