ガイド付きシュノーケリング@Kudadoo Maldives Private Island

f:id:mia-travelista:20190802171357j:plain
新しくオープンしたクダドゥプライベートアイランドにて、ガイド付きスノーケリングをお願いしました。

 

 

クダドゥのバトラーシステム

クダドゥでは、滞在前にバトラーが決まり、滞在中の過ごし方など予定をたてることができます。

 

 

クダドゥのコンセプトが、「すべてのゲストがプライベート島のオーナー気分で過ごせること」なので、こうして事前に予定をたてることで、他ゲストと顔を合わせる機会が減る、というシステム。

 

多くの日本人、欧米人からするとふーん・・・?というサービスかもしれませんが、これって実はすごいことなんですよね。

 

 

モルディブに来るムスリムの方たちは、ヒジャブをかぶっていたとしても、他男性と合うのを嫌がる人たちも多いですし。

 

ちなみにクダドゥは、ビーチヴィラもありません。

 

砂浜を歩いて散歩する方も多いと思いますが、ムスリムの方たちの中には、ビーチヴィラ前を通過されるのさえ嫌がる方がいるので・・・

 

アラブのゲストもターゲットにし、クダドゥではビーチヴィラを作らなかったのかな、なんて思いました。

 

 

ガイド付きシュノーケリングのすすめ

クダドゥでは、ガイド付きシュノーケリングも全て滞在費に含まれています。

 

やはり、最初のリーフだとどこがポイントか分からないですし、ガイド付きシュノーケリングで見所を教えてもらえるのは嬉しい。

 

付いた日は、マリンバイオロジストのリンさんがアテンド、ドイツから来たって言っていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171357j:plain

クダドゥでは、シュノーケリングセットをわざわざ借りに行く必要もなし。

 

事前に足のサイズも聞かれ、いくつかフィンやマスクをお部屋に持ってきてくれるんです。

 

 

ただヴィラで待っていれば、バトラーとガイドがすべてを用意してくれて、お部屋スタートという・・・王様にでもなったかのような気分を味わえます←

 

もちろんフィンも履きやすいように、バトラーがペコッとかかと部分を折り曲げてくれる。至れり尽くせりです。

 

 

泳いだコース

f:id:mia-travelista:20190802171353j:plain
私たちが到着した日は、うそでしょ!というくらい流れが強く、島1周の予定がこんな短いコースに。。

 

お部屋からIN→ジェティ前でOUTとなりました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171402j:plain
上から見たところ、そこまで強い流れに見えなかったけれど、入ってみたらウォータースライダー並み!

 

4のお部屋前はすぐにドロップオフで、さっそくお魚たちが・・・

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171218j:plain
けど、必死にキックして、やっと同じ場所に留まれるか留まれないかくらい。

 

自分のお部屋の左側をちょっと見に行きたくても、進めない、無理・・・・。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171330j:plain
梯子につかまり、お部屋の下をチェック。ムレハタタテダイたちがいる。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171333j:plain
流れが早すぎて、梯子を持ってる腕が痛くなってくる。。。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171338j:plain
さすがに腕が疲れたので、進もう。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171225j:plain
波の方向に合わせて進みます。って、あれ!?この魚はなんだ?

 

波に乗ってキックをすると、あっという間に進んでしまうので、逆らって(反対向きキックで)ゆっくり進もうとしてたからか、必死で見えていませんでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171229j:plain
ハナタカサゴとクマザサハナムロ・・・・かな?

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171231j:plain
波に逆らって一生懸命キックをするものの、さささーっと流されていくので、何が何だか・・

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171235j:plain
おや、下の方に何か魚たちが。。~~~~~~~~~さささー

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171239j:plain
みんな、小さな体でよく流されないなぁ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171243j:plain
レジデンス3の前あたりにいたニモ一家。ちゃんと撮れた時の写真はまた今度。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802175909j:plain
えっ、マンタ!?じゃなくて、波に流されたリンさんのフィンでした。

 

本当に流れが強くて、私はスイムパンツが流されそうになったよ。危なく、下がピタピタの黒いラッシュガード1枚になるとこだったー(;´Д`)

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171247j:plain
波は早いし、透明度悪いし、おや?意外にもシュノーケリングに向いていないリゾートなのかな?と思うものの、

 

次の日からは波も穏やかで透明度も高く、色々見れたので本当に良かったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171251j:plain
ブラックピラミッドたち。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171256j:plain
私が一番大好きな魚。

 

モルディブの魚図鑑によると、アカモンガラ。太陽に当たると、尻尾が青くひらひらする子たち。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171308j:plain
ひらひら~。

 

シュノーケリングの思い出を書いている時が一番楽しい、どの旅行記を書く時よりワクワクします。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171311j:plain
青い魚。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171315j:plain
下の方でアカモンガラたちが群れているけれど、

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171320j:plain
潜る余裕もなく、波に乗ってすぐに通過。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802171302j:plain
ジェティ前まで来たところで、リンさんが「流れが強すぎて、向こう側に行くのは危ない」と判断し、1時間を予定していたツアーは、10分ほどで終了。

 

まぁ、仕方ないな、と思えるほどの波の流れでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802175913j:plain
砂場になっているところを泳ぎ、ビーチであがりましたが、石があって痛かったです。。。

 

着いた初日のシュノーケリングはこれだけ、次回からのシュノーケリング日記はもっとわくわくが待ってます!

 

 

おまけ

f:id:mia-travelista:20190909101055j:plain
ちなみにクダドゥでは・・・・

 

レジデンスへのデッキ側に階段があり(ちょっと見えにくいですが↑)、ここから降りたり登ったりもできて、本当にシュノーケリングがしやすいです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190909101052j:plain
レジデンス6、10あたりにそれぞれあるので、ここからエントリーしたり、疲れたらここからあがれるし、すごく良いです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190909101058j:plain
ここ出発のガイド付きシュノーケリングツアーも行ったので、また後日。

 

続き→ジャングルハイダウェイでYAKITORIディナー
前回→プライベートプール&テラス@クダドゥP.I

コメント