クダドゥ流おもてなし。最終日チェックアウトについて

f:id:mia-travelista:20190802153946j:plain
モルディブ滞在で気になるのが、最終日のチェックアウト&出発時間ですが、クダドゥではほとんど心配なし、です。

 

 

なぜチェックアウト時間が気になるのか?

水上飛行機の出発時間は、リゾート管理ではないため、前日にしか分かりません。

 

また、何時のフライトになるかなどもリゾート側では原則選べないのです(リクエストを送るのは可能だけれど、確約なし)

 

 

つまり

リゾート出発時間が早すぎると、マレで待つことになるという・・・まだ色々と不便なシステムになっているのです。

 

そして、たいていのリゾートは、チェックアウト時間が基本12時です。

 

親切なリゾートだと、出発までお部屋で滞在できるところもあれば、安いお部屋へ移動させてくれたりします。

 

リゾートによっては、追加料金を支払ってお部屋にいるか、レストランなどで待つか・・・など様々。

 

 

しかし、その点、クダドゥではその心配はほとんどありません。

 

 

クダドゥのチェックイン・チェックアウトはゲストに合わせて

f:id:mia-travelista:20190801112133j:plain
クダドゥには、チェックイン時間/チェックアウト時間というものが存在しません。

 

到着したらチェックイン、帰る時がチェックアウトです。

 

 

なので例えば、出発までは安いカテゴリーのお部屋・レストラン・バーなどで待つ、なんていうのが一切ない。

 

着いたらすぐにヴィラへ、出発ぎりぎりまで自室を使えるように、予約を管理していると言っていました(2019年時点情報)

 

 

時間単位で予約を管理し、できるだけゲスト数を増やそう!というリゾートとは違い、利益重視に走らず、

 

「ゲストが心からくつろげる空間を提供する」というクダドゥのおもてなしは本当に素晴らしいなと思いました。

 

 

帰りの水上飛行機について

f:id:mia-travelista:20190802105704j:plain

水上飛行機は、TMA(トランスモルディビアン航空)管理となります。

 

しかしクダドゥは、積極的にTMAへリクエストを送ってくれるのも、また安心できるポイント。

 

 

つまり

夜遅い国際線利用のゲストは、夕方出発の水上飛行機にして、と依頼したりしてくれたり、ゲストがスムーズに乗り継ぎをできるよう配慮してくれているとのこと。

 

ただし、夜の国際線フライトなのに、万が一、朝にリゾート出発となってしまった場合は、マレでのホテル手配もします、と言っていました。

 

 

最終日も清掃&アメニティリフィル

f:id:mia-travelista:20191207110852j:plain

私たちの出発時間は17時半頃と決まったので、お部屋でランチをすることにしました。

 

そしてびっくりしたのは、最終日も清掃をしてくれたのと、スナック類もリフィルしてくれたこと!

 

 

テーブルに乗っている瓶に入ったチップスがすごく美味しくて・・・

 

毎日食べていたら、最終日なのに3つもリフィルしてくれていたのです。

 

 

f:id:mia-travelista:20191207110849j:plain
この日のランチは、ピザとイカ墨パスタにしました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191207110847j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191207110843j:plain
どちらも本当に美味しいけれど、私としてはクダドゥのピザが一番おすすめ。

 

でもこれは、担当しているシェフがオフシーズンに入ると、その時によって変わると思います。

 

なので、バトラーやスタッフに、都度オススメをきいてみると良いかと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153431j:plain
今までのブログにも、クダドゥの細かいおもてなしを色々と書いてきましたが、それは最終日も変わらず。

 

最後まで「とても大切にされているな」と感じられる滞在でした。

 

さて、クダドゥの旅行記も、次回で終わりです。



続き→クダドゥからマレ空港へのトランスファー
前回→今までで一番感動したシュノーケリング

コメント