モルディブでクマザサハナムロに囲まれ、カスミアジの大群に出会う

f:id:mia-travelista:20191108170449j:plain
モルディブのクダドゥプライベートアイランドの海でシュノーケリング中、クマザサハナムロという魚に360度囲まれる体験をしました。

 

前回は、イソマグロとイトマキエイにハウスリーフで会えた編を書きましたが、今回はそのシュノーケリングコース後編になります。黄色で塗ったエリアが泳いだエリアです。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170453j:plain
イトマキエイの群れに会えた興奮が冷めないうちに、今度は海全体がキラキラと光り始めました。アテンドしてくれたダイブスタッフ、スティーブも両手をあげて、WOWというジェスチャーをしてて。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170456j:plain
ものすごい量の、クマザサハナムロの群れ(だよね?)があわただしくやってきました。何かから逃げてきたような雰囲気で、もしかしてイルカか!?と周りを探すものの見つけられず。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170500j:plain
太陽の光に青く光り、ものすごく綺麗です。最初、自分の前だけ見ていたけれど、

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170503j:plain
後ろも、右も左も、私を中心として(←)、魚たちがぐるぐると一斉に泳いで行きます。

 

気がついたら360度囲まれていて、これ、下から見たらトルネードみたいに見えるやつじゃ・・・?なんて思いました。この時ほど、ダイビングだったら!と思った時はありません、というのは嘘だけど、ダイビングだったらもっと感動しただろうな。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170508j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191108170511j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191108170519j:plain
ものすごい群れなのが分かりますか。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170530j:plain
これは、ハナタカサゴかな??あまり見分けがつきません。。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170545j:plain
ハウスリーフでここまでの魚群が見れるなんて、クダドゥがますます好きになってしまいます。

 

実は、同じ時期に23泊滞在していたゲストがいるのですが、あまりにもクダドゥの海が(お部屋も)気に入りすぎて、1年後の予約まで全額支払いしたって言ってました。羨ましいなぁ。ってクダドゥに23泊って・・・・

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170549j:plain
魚群が過ぎ去った後は、再び穏やかな海に。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170601j:plain
珊瑚のそばでは、イエローバックフュージュラーたちも。そうそう、クダドゥではこの黄色い魚、イエローバックフュージュラーたちに囲まれるという体験もしたので、シュノーケラーにとってクダドゥは、けっこう良いリーフなんじゃないかな、と思います。

 

以前訪れたミライドゥよりも魚影が濃いですし、ハウスリーフに定評のあるカンドゥルよりも魚群は多く感じました。ただこれは、時期にもよるとは思うのでご参考程度に。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170316j:plain
お次は、ヨスジフエダイの群れ。これもなかなかの量!!

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170312j:plain
少し深いところにいるので、近づいての写真はとれませんでした。が、クダドゥ最終日のシュノーケリングでは、ハナタカサゴとヨスジフエダイの綺麗なコントラストも間近で見れたので、その写真と場所も今度書きたいと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170325j:plain
シマハギさんとパウダーブルーさん。ほのぼのだな~と思いつつ、何かいないかなとドロップオフ側を見たら、

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170328j:plain
えっ!?カスミアジの大群が・・・!写真に写ってないのも含めると、30匹くらいいました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170331j:plain
カスミアジって、7匹とかで集まっているのは見たことあるけれど、こんな大群は初めて。こんなに群れるんだね!?

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170340j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191108170343j:plain
カスミアジ様たちが通るぞー!という声が聞こえてきそうな。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170352j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191108170355j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191108170304j:plain
これだけカスミアジがいれば、小魚たちもそれはざわつくのが分かる気がする。といいつつ、また別の日に小魚たちがざわついていたのですが、その時はイルカの群れが出ていたんです。

 

なので、カスミアジだろうな~と思い込まず、海では目を凝らして観察するのが良いかと!

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170320j:plain
少し泳いで、ザ・リトリートを超えたあたりまできました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170359j:plain
ここだけゆったり時が流れるふぐさん。私にはトゲがあるのよ、これるものなら来てみなさい、という余裕の(?)後ろ姿です。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170411j:plain
ザ・リトリートの前あたりは視界が悪く、あまり良く見えませんが、魚たちがけっこういました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170420j:plain
これは、ハナタカサゴかな?クダドゥのハウスリーフは、島を1周できるようになっているのと、ドロップオフがビーチから比較的近いので、とても泳ぎいやすいです。

 

島を泳いで一周できるのって、本当に楽しい。来年は違うリゾートを予約したのですが、クダドゥはいつかまた必ず行きたいなぁ。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170431j:plain
ジェティ側に近づいてきました。クダドゥは客室15部屋のみで、すべて水上レジデンスです。ビーチレジデンスはないので、気軽にビーチを歩けます。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170438j:plain
建設したてとは思えないほど、珊瑚の状態も良いです。去年訪れたとあるモルディブリゾートは、建設のダメージがひどく珊瑚は壊滅状態、海の中に自転車とか落ちていてびっくりしました。

 

以前シンガポールで開催された、モルディブのリゾート開発イベントに参加した時に、企業(リゾート)が珊瑚保護にどこまでお金をかけているか、というトピックを発表している人がいました。

 

プラゴミ問題もですが、建設時の珊瑚へのダメージ(①珊瑚保護のため、部屋数を減らして建てるか、②お金をかけ珊瑚を移動して建てるか、③気にせず珊瑚を壊して建てるか)も考えて欲しい課題だと言っていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170434j:plain
さて、ジェティが見えてきました。ここを超えたところであがります。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170442j:plain
視界が悪く、ちょっと怖い。

 

イソマグロ、イトマキエイ、魚群と盛沢山だったね、ありがとうとスティーブに言うと、「実は今朝、イトマキエイがリーフにいるっていう情報をアディヒコ(私たちのバトラー)からきいていて、だいたいどのあたりにいるか考えてたんだ。最終目撃はジェティ2側だったから、そっち側にいるだろうと思って。」と。

 

だから、レジデンス10の前から入ったんだ~、と納得。それにしても、いかにゲストが楽しめるかと、スタッフ全員で考えてくれているんだね。嬉しいなぁ。

 

 

f:id:mia-travelista:20191108170445j:plain
クダドゥプライベートアイランドでの滞在も、もう後半です。この後、メインレストランでお昼ご飯を食べたのですが、そこでイリヤス氏(ワインソムリエ)に出会い、今日の夕飯はどうするかきかれたのです。

 

まだ考えていなかったし、「今日はお部屋で食べるけど、何かおすすめありますか?ときいたところ、「シャトーブリアンがあるから、是非いかがですか?」と。さすがにこれは追加料金がかかるのかな、と思いきや、これもAAAプランに入っているそうで・・・嬉しいびっくり。

 

ということで、この日のディナーはシャトーブリアンをお願いしたのですが、エグゼクティブシェフがわざわざお部屋まで来て、お肉をカットしてくれるというサービスまで。

 

これは、私たちが特別とかじゃなく、クダドゥの、「ゲストに喜んでもらう姿勢」がとにかく徹底しているのです。ここまで自由に過ごすことができ、時間の制約も一切ないリゾートは、良い意味でめずらしいなと思いました。



続き→シャトーブリアン by エグゼクティブシェフ
前回→イトマキエイの群れとイソマグロに会えた場所

コメント