クダドゥP.Iのラウンジ@マレ 水上飛行機搭乗【マレ→クダドゥ】

f:id:mia-travelista:20191209125915j:plain
モルディブの新リゾート、クダドゥプライベートアイランドへ、水上飛行機にて出発の日。

 

フルマーレのホテルから空港へと向かいます。

 

さっそくクダドゥの空港スタッフが・・・と思いきや。まだ採用が進んでないようで、同じ系列会社のフラワリスタッフが来てくれました。

 

迎えにきたフラワリスタッフは、会話一切なし、話しかけてもほぼ無視。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182215j:plain
気を取り直して、クダドゥの専用車に乗り込んで、ラウンジまで向かいます。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182202j:plain
10分ほど、終始無言でラウンジへ到着。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182220j:plain
まだ、クダドゥ専用ラウンジがないため、フラワリと同じラウンジを利用します。

 

ラウンジ自体は良いけれど、トイレだけは空港の共有トイレで残念でした。

 

クダドゥは一応、高級リゾートをうたっているので、ラウンジが早くできたら良いのにな、と思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182231j:plain
フラワリのラウンジはぱっと見綺麗だけれど、床がけっこう汚れています。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182241j:plain
食べ物は少ないですが、クダドゥゲストはお願いすると、サンドイッチなど軽食の用意も可能だそうです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182236j:plain
TWGのお茶。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182246j:plain
このカーテンの向こうがクダドゥゲスト専用です。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182227j:plain
寝そべれるソファもあったりして、くつろげます。

 

が、お手洗いがラウンジの外&空港スタッフとも共有というのが・・・クダドゥの宿泊料金を考えると、だいぶしょんぼりします。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182223j:plain

チャイナマネーが流れ、至るところで工事が行われているモルディブ。

 

雇用が増えるという良いポイントもあるけれど、スリランカのようにならなければ良いなと切に願います。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182251j:plain
さて、10時出発とのことでしたが、10時15分を過ぎてもスタッフが来ません。

 

忘れられたかも?と思い行ってみたら、悪天候で水上飛行機が飛べなくて、出発は12時か13時頃になります、と案内されました。

 

どうやら私たちが乗る水上飛行機が、まだリゾートを出発できていない、とのことで。

 

 

悪天候によるモルディブの水上飛行機の遅延は、仕方がないのでおとなしく待ちます。

 

12時頃まで待っていると、外では水上飛行機が次々と飛びはじめました。

 

 

私たちの乗る飛行機が、リゾートを出発できたかきいたところ、「分からないけれど、15時くらいになるかもしれない。」と。

 

天候に左右されるのは仕方ありません。けれど、水上飛行機が飛んでいるなら話は別です。

 

 

海外では日本のように察してもらえる文化はなく、会社も日本のようにしっかりと、順番通り、平等に正確には動きません。

 

何もせずにいると、とことん最後にまわされます(水上飛行機を運営しているTMAのオペレーションは、若干行き当たりばったりなところが多い)

 

なので海外では、はっきりと希望は伝えた方が良いです。

 

 

水上飛行機が飛んでいるのに、さすがにさらに3時間待つのはおかしいなと思い、「もし空きがでればで良いので、そこにいれて頂けますか?」、と伝えたところ、

 

TMA(トランスモルディビアン航空)のスタッフがすぐに来て、「では、出発しましょう。あと20分後の水上飛行機にお乗せします」と。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182149j:plain
無事、13時のフライトで出発。

 

しかもダイレクトフライトで、空席が他にも5席くらいありました。笑

 

と、TMAはこんな感じのざっくりオペレーションなので、希望はしっかり伝えた方がが良いです。

 

国際線が遅れたりもするし、入国審査がいつも行列なので、水上飛行機の座席は急遽空いたりすることもあります。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182212j:plain
TMAは競合という競合もいなく、水上飛行機代だけどんどん高くなっています。

 

最近だとManta Airがやっと国内線に参入したみたいだし、国内線空港も増えて、もうちょっとオペレーションが良くなるといいな、と思ってます。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182257j:plain
マレから水上飛行機で約45分。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182303j:plain
近くの大きなリゾート島に着水します。バトラーのアディヒコが迎えにきてくれていました。

 

バトラーとは既に、メールでやりとりをしていたのと、顔写真が事前に送られてくるのですぐに分かりました。

 

クダドゥは滞在前にバトラーが決まり、事前にアクティビティなど相談できるシステムとなっています。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182306j:plain
ボートに乗り込み10分。クダドゥプライベートアイランドが見えてきた!

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182316j:plain
プライベートアイランドということは、島のオーナーがシェアベースじゃなくて、独占らしいです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182312j:plain
青い空に白い砂。何度見ても、奇跡だなと思う。

 

 

f:id:mia-travelista:20190731182319j:plain
マネージャ―陣からの挨拶を受けた後、バトラーのアディヒコに連れられてレジデンスへ。

 

 

クダドゥではチェックイン、チェックアウトというものはなし。

 

お部屋が空くのは〇時からなので、少々ラウンジでお待ちください、だとか、水上飛行機での出発前に別のお部屋で待たせる、ということがないようにしている、と言っていました。

 

 

17時半の水上飛行機に乗るなら、お部屋は出発直前まで使ってもらう、という姿勢。

 

そしてやはり私たちも、帰りは17時過ぎまでお部屋を使わせてもらえました。

 

そのうえ、最終日も清掃に入ってくれるので、夕方まで快適に過ごせるという、大変有難いサービスです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153946j:plain
クダドゥでは滞在前に、メールで色々なプランをたてます。

 

食事、エクスカーションだけではなく、枕の種類は11種類から選び、寝具は5種類くらいから、食の好み、お酒の好みなど全て。

 

 

ここまでは他のリゾートでもありますが、クダドゥですごく良かったのは、事前にフィンのサイズをきかれ、お部屋に準備されていたこと!

 

つまり、オーシャンセンターまで行く必要がない!

 

青い海を前にして、わざわざ借りに行く時間が、いつももどかしいな、と思っていたので、このサービスが嬉しかったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190730204846j:plain
食べ物も例えば、〇〇が食べたいと事前に伝えると、かなりの範囲で準備してくれるというAnything. Anywhere. Anytime.コンセプト。

 

シュノーケリングが好き、夕日を見ながらディナーを考えている、と伝えたら、滞在中のタイドの時間、サンセットタイムなども1週間分送ってくれて、すごく助かりました。

 

さて、お部屋の写真ご紹介・・・の前に、おすすめのヴィラ方角について書いてみます。

 

続き→おすすめのヴィラ方角&ファシリティ
前回→シンガポール→マレ・シンガポール航空ビジネスクラス搭乗記

コメント