SULHA スパ@クダドゥモルディブ プライベートアイランド

f:id:mia-travelista:20190811140141j:plain
クダドゥモルディブ・プライベートアイランドのザ・リトリートバーにて、シーシャでむせたを楽しんだ後は、バトラーのアディヒコに案内されて、2階にあるSULHA SPAへ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140138j:plain
スパへのアプローチが、既に素敵!

 

と、その前に。スパに行った初日は夜でしたが、せっかくなので、明るい時間のスパの様子も載せてみます。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140135j:plain
まずはレセプション。客室数がたった15部屋しかないのに、驚くほど広くスペースがとられています!こういうのって、すごく嬉しい。

 

ちなみに私たちは、セントレジスモルディブを訪れてから、「できる限り部屋を増やして作ろう」という露骨な利益重視リゾートは、行かなくなりました。

 

限られたスペースに部屋を多く作る=ヴィラが向き合っていたり、レストランが少なかったり、隣の席が近かったり、どこも人が多かったり・・・・結局疲れてしまう。

 

それに比べ、クダドゥは客室数15に対し、スパもレストランも、どこもゆったりとした贅沢な作りで、まるでこの島には自分たちしかいないんじゃ?とさえ思うほど。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140121j:plain
さて、スパの施術室は2部屋。お部屋はどちらもオーシャンビュー。2階なのでプライバシーもばっちり。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140125j:plain
外のお風呂も、海からの風がはいってきて最高です。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140128j:plain
お昼からお酒とか飲んじゃったりしたくなるね(*´Д`)

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140131j:plain
ここで泡ぶろに入れるスパも受けたので、それはまた今度。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140144j:plain
話は戻ります。

 

バトラーのアディヒコに案内され、階段をのぼります。モルディブでは、私たちは夜の8時くらいにはたいてい眠くなるのですが、クダドゥではリゾートが素敵すぎて興奮していたのか、夜9時でも目がぱっちり。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140051j:plain
こだわりがたくさんつまったレセプション。後ろ側にあるレンガのようなものは、実はココナッツ。6,000個以上のココナッツが使われているんだって!

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140153j:plain
これは何が使われたライトだったかな。。キラキラしてとても綺麗です。

 

このリゾートもですが、このライトも、日本人建築家のYuji Yamazaki氏のアイデアだそう。Pradeepというフォーシーズンズ出身のF&Bマネージャーが、「彼のセンスはすごいんだ!」とほぼ毎日言ってました。笑

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140148j:plain
施術前のドリンク。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140057j:plain
SULHAスパでは毎回、施術前に目をつぶって、石を選びます。今日のあなたへのメッセージ、みたいな感じです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140055j:plain
この日は、私がLove、夫がCourageでした。愛と勇気、あれっ、アンパン・・

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140107j:plain
施術室に案内され、使い捨ての下着に着替えます。

 

この日お願いしたスパは、「HYDRATING EARTH AND OCEAN COCOON」という90分のスパ。上向きで、全身にアロエジェルを塗ってもらいマッサージ。そしてフェイシャル、フットスクラブというメニューです。

 

さすがに夜遅かったので、90分のメニューを60分でお願いしました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140112j:plain
窓を開けましょうか?海の音がきこえてリラックス効果ありますよ、と言われたので、施術中は窓をあけてもらい。ザァァン・・・・・・という穏やかな波の音を聞きながらマッサージ。

 

波の音がすごく良いねぇ、と隣の夫に話しかけるも「・・・・・・(爆睡)」。まだ開始して3分とたってないのに!

 

 

f:id:mia-travelista:20190811140115j:plain
たっぷり癒された後は、温かいジンジャーティーを。スパを受けると、なんだかお腹がすく不思議。

 

アディヒコが迎えにきてくれ、お部屋までカートで送ってくれました。「お夜食とデザートをお部屋に用意しておきましたが、他にも何かあれば言ってください。」と。そうだ、お夜食があったんだ!



続き→お夜食とスイーツをお部屋で
前回→モルディブの夜にシーシャ@The Retreat

コメント