完璧なオーシャンビュー!でのお風呂@ザ・リトリート モルディブ

f:id:mia-travelista:20191017134135j:plain

クダドゥモルディブ・プライベートアイランドの旅行記の続きです。

 

客室15室のみの小さなモルディブリゾート、クダドゥでは、AAA(Anything. Anywhere. Anytime.)というコンセプトがとりいれられていて、ほとんどのリクエストが宿泊料金に含まれているのです。

 

もちろんスパも、プライベートでのボートツアー、夜にボートから星を眺めたい、〇〇が食べたい、モルディブでゴルフがしたい、テニスがしたい・・・など、ほとんどのことを叶えてくれます。

 

 

f:id:mia-travelista:20191017134139j:plain

クダドゥのスパ・SULHA SPAは、2つの施術室があり、どちらも2階に位置しているため、泳いでいる人からは見えにくいのも良いところ。

 

そして、他のリゾートやサンドバンクが見えない、完璧なオーシャンビュー!

 

 

f:id:mia-travelista:20191017134147j:plain

この日は、フラワリのハウスリーフでシュノーケリングを楽しみ、その後にはヒマラヤンソルトルームにて、呼吸のエクササイズを受けてみました。

 

ヒマラヤンソルトルームでのフットスパはこちらをどうぞ

 

 

f:id:mia-travelista:20191017134150j:plain

そして、ココナッツオイルを使った、15分ほどのヘアトリートメントも。

 

スパメニューは一応ありますが、気分次第で時間を短くしたり、自分用にメニューを作ってもらったりなど、臨機応変に対応してもらえます。

 

モルディブでは潮風で髪がきしきしになりますが、ココナッツオイルでのトリートメントをすると、一気に髪が生きかえるのでオススメ。

 

 

f:id:mia-travelista:20191017134154j:plain

スパでのお風呂も、水上レジデンスの和な雰囲気のお風呂とはまた違って好きです。

 

海で泳いだ後は、けっこう疲れます。けど、綺麗な海と水平線を見ながら、のんびりお風呂につかるのが、頑張った後のご褒美(←?)のように感じでまた良い。

 

 

f:id:mia-travelista:20191017135222j:plain

ここでお酒を飲んでしまうと、ディナーまで起きていられないので我慢。おとなしく炭酸水を。この日のディナーは、スペイン料理をお願いしてみました。その話は、また次回。

 

続き→夜のプールでスパニッシュディナー

前回→フラワリのドロップオフでシュノーケリング

 

 

さて、バレーの話ですが、ワールドカップが終わってしまい、とっても寂しいです。ここ1か月は、毎日夕方になるとそわそわして、6時から(@シンガポール)、バレーを応援するのが楽しみでした。

 

特に、今の男子バレーは確実に面白いと言える。もちろん、メダルまではまだまだ期待できないし、課題が沢山だけれど。

 

石川選手、西田選手と、同じ時代に、日本によくぞあらわれてくれた!と思うような2人がいる。リベロも良い。だからこそ、本当に惜しいのはミドルブロッカー・・・。攻撃に入らない時はぼーっとしてしまったり、サーブも安定していなかったり、国際的に見てアスリートの体とは言い難くパワー不足の人もいたり。相手国によってはマークがほぼつかず無視、毒舌な海外の解説者からは「囮としてすらWorkしていない」とはっきり言われちゃったり。良いOH、オポとそろっているだけに、本当、残念です。

 

話は戻しまして。イタリア戦の石川選手フェイント→西田選手スパイクもすごかったけれど。カナダ戦の西田選手のすごさったらもう!カナダ戦5セット目、8-9からはもうすごすぎるの一言で、ほぼ西田選手の連続エースでした。

 

Volleyball.TVでも見ましたが、解説者の方も大興奮でしたよ。12-9あたりで既に、”Damage has been done”(カナダのダメージはもう手遅れ、Nishidaはカナダを完全に破壊した)とか言っていました。

 

海外の解説者って、強烈なスパイクをミサイルと表現したり、発言がダイレクトで好きです。日本だと、あやふやな言葉でダメなところをやんわり指摘するのを、はっきり言ってくれるし。

 

ということで、来年のネーションズリーグ→東京オリンピックが楽しみ!

コメント