VIP待遇!? フラワリモルディブまでアイランドホッピング

f:id:mia-travelista:20190922223759j:plain
クダドゥモルディブ・プライベートアイランドに滞在すると、フラワリや他提携の姉妹モルディブリゾート(同会社運営のリゾート)にて、食事、ゴルフ、テニス、シュノーケリングなどを楽しむことができます。

 

せっかくなので、クダドゥから船で5分のところにある、フラワリリゾートへ遊びに行ってみました。(フラワリ客はクダドゥへの立ち入りは不可です)

 

 

f:id:mia-travelista:20190922223730j:plain
クダドゥゲストは、他リゾート島ではVIP待遇を受けられるとのことですが、フラワリでは特に感じられなかったなぁ。

 

クダドゥがオープンしたばかりで、同じ系列のリゾートを知らないスタッフもまだ多かったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190922223732j:plain
まずフラワリリゾートに到着。

 

最初はココバーに行くと伝えていて、バギーもお願いしていましたが、伝わっていなかったのか手配がなく、灼熱の太陽の下、歩いてココバーまで。

 

対応してくれたフラワリスタッフも、島の中道を通るのではなく、歩きにくい砂浜をひたすら歩かされて・・・。後から、島の中も通っていける(日陰&歩きやすい)と知りびっくりしました。

 

クダドゥでのバトラー・アディヒコはとてもしっかりしているし、他の手配は全てスムーズでした。が、フラワリだけ色々と手配がされていなかったので、多分フラワリ側の問題なのではないかな。

 

 

f:id:mia-travelista:20190922223757j:plain
ココバーに到着すると、「彼らはクダドゥゲストだから、くれぐれもよろしく。」みたいなことをバースタッフに伝え、すぐにいなくなってしまい。

 

お願いされたバースタッフも、よく分かっていない顔をしながら、すぐにいなくなり。

 

 

f:id:mia-travelista:20190922223742j:plain
ぽつーんと残されてしまったので、とりあえず写真を撮ってみました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190922223738j:plain
フラワリのココバーは、オーシャンビュー。ミライドゥのようなしっとりしたバーというより、ノリの良いBGMが流れている騒がしめなバーでした。

 

客数に対してのスタッフは少なめで、私としては好きなタイプのリゾートではなかったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190922223748j:plain
スタッフはその後も戻ってこなかったので、カウンターに座ってみました。

 

しばらく待っても誰も現れないので、スタッフを探してメニューをお願いしました。フレッシュフルーツジュースをオーダー。

 

お部屋番号をきかれたので、「系列リゾートクダドゥのレジデンス4」と答えるも、「What?」とすごく失礼な態度でびっくりしました。

 

 

自分が働いている会社の系列リゾートなのに、新しいから分からないのか、スタッフ3人くらい巻き込んで、「クダドゥ?なにそれ?」とざわざわ・・・。

 

色々説明したのち、ぼんやり分かったような感じでしたが、その後、チェックにサインがどうのでもめ始めた・・・!

 

クダドゥゲストは、フラワリでの飲食もAAAコンセプトに含まれているので、サインの必要はありません。それはクダドゥ側に事前に確認済み。

 

とはいえ、私たちがサインはいりませんよ(どーん!)と言ったところで、あちらとしてはちゃんと確認できないと「あ、そうですか。」なんて言えないものね。

 

確認するのにまた時間がかかり、「やっぱりサインが必要だけれど、クダドゥのチェックが出せないから待て。」となり。

 

結局、長く待たされた後「やっぱりサインはいらない。You can go.」と。

 

 

f:id:mia-travelista:20190922223751j:plain
気を取り直して、バナナスムージーと、

 

 

f:id:mia-travelista:20190922223754j:plain
スイカジュース。

 

ちょっと時間を無駄にしちゃったかな、と思いつつ、フラワリでのプライベートシュノーケリングツアーを予約していたので、オーシャンセンターへ歩きます。

 

がしかし、オーシャンセンターに行ったら、ものすごく失礼なスタッフが出てきて、「そんなものはない。何がしたいんだ?」と高圧的な態度でびっくり。

 

 

しかし、このスタッフは実は、長老カメを探すツアーでアテンドしてくれた人。その時はシュノーケリングで帽子やらゴーグルをつけていたし、今回は普通の服装をしていたので、私たちだと気がつかなったみたい。

 

途中で気がつき、慌てて、その後は必死にフォローしていたけれど、なんだかなぁと残念な気持ちになりました。

 

フラワリはレストランが沢山あるので行ってみようかな、と思っていたけれど、また微妙な気持ちになりそうだったので、結局、フラワリを訪れたのは一回のみでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190925160006j:plain

結局、また確認に時間がかかったけれど、やっぱりちゃんとシュノーケリングツアー@フラワリの予約は入っていて。

 

オーシャンセンターで水着に着替え、バギーでシュノーケリングポイントまで移動し、無事にその後はシュノーケリングへ!

 


続き→フラワリのハウスリーフでシュノーケリング
前回→クダドゥのリーフでニモにご挨拶

コメント