ランドリーサービスについて クダドゥモルディブ Private Island

f:id:mia-travelista:20190807145459j:plain
モルディブで気になることといえば、ランドリーサービス。

 

暑い国なので、必ず汗はかくし、潮風にもあたるし・・・洗濯せずに持って帰るのは、生地も傷むし避けたいところ。

 

けれど、物価の高いモルディブでは金額面や、サービスの質にも不安があるかと思います。

 

 

しかし、クダドゥモルディブでは、ランドリーサービスもAAAコンセプトに含まれているため、数に限りなくランドリーサービスを利用できて安心。

 

 

f:id:mia-travelista:20190903164757j:plain
とはいえ、やはり最初のリゾートでは、万が一何かあっても大丈夫なように、まずはカジュアルウェアからお願いします。

 

それで品質に問題なければ、他の服(リゾートドレス、ワンピースなど)もお願いしています。

 

 

品質

ちなみに、クダドゥモルディブで使われている洗濯洗剤、柔軟剤は優しい香り。

 

エコ&オーガニックがコンセプトのリゾートなので、多分、洗濯洗剤もオーガニックなのかなと思いました。そのくらい、優しい香りです。

 

ふんわり優しい香りで仕上がってくるし、コットン、レースなども問題なく仕上げてくれました。

 

 

ロイヤルクリーニング

クダドゥのクリーニングの質は高いですが、ロイヤルクリーニングはありません。

 

私はボタン保護のため、旅行中は必ず、アルミホイルを持っていき、クリーニング前にボタンをホイルでカバーします。

 

シェルボタン、特に白蝶貝は傷つきやすいし、アイロンでも傷むので・・・そしてもちろん、そのアルミホイルは持ち帰ります

 

 

バトラーが戻してくれる

出したクリーニングは、Tシャツ、ボトムパンツ、ドレスなど、バトラーが全てクローゼットに戻してくれます。

 

最初、「服はクローゼットに戻しておきました。」と男性バトラーに言われて・・・

 

えええええええ!?!?あの!私のぶかぶかのパジャマや下着も・・・!?と焦りましたが、

 

 

f:id:mia-travelista:20190903164800j:plain
下着類やショートパンツ、キャミソールなどは、手をつけずにランドリーバスケットの中に入れたままになっていてホッとしました( ;∀;)

 

 

私、フライトでは締め付ける下着や服が嫌いで、いつもゴムの伸び切ったパンツとかはいてるので・・・・

 

顔を合わせないだろうランドリースタッフに、「この人、すっごいの履いてるな~」と思われるのは良いけれど(ちょっと恥ずかしいけど)

 

バトラーに見られるのは、さすがに恥ずかしい。

 

 

パジャマなんて、愛着わきすぎて、着心地の良い(伸びきって、生地が薄くなったのとか)を着ちゃう。

 

なので、いつもパジャマを隠してお部屋を出るんだけれど。

 

たま~にベッドの上に出したままで、ハウスキーピングの人が丁寧にも畳んでくれたりとかすると、・・・・・・・・・( ;∀;)となっちゃうことが。

 

モルディブでは、ハウスキーピングはほぼ男性なのでね。。。注意ですよ。

 

と、ランドリーサービスの話が、どうでもいい話になってしまった(*´з`)



続き→離島出発前に、お気に入りのコースでシュノーケリング
前回→モルディブ初のピンクソルトルームでスパ

コメント