タイ国際航空 A350-900 ビジネスクラス搭乗記【東京→バンコク→シンガポール】

f:id:mia-travelista:20180930152835j:plain
ずっと気になっていたタイ国際航空のエアバスの新型A350-900(A359)

 

今までに色々なエアラインに乗りましたが、タイ国際航空ほど機内食が美味しいと感じるのは、なかなかなく、食事だけで言えば、私の中でかなり上位にランクインするエアラインでもあります。


 

(1) A359(羽田→バンコク)シートのご紹介

f:id:mia-travelista:20180930152850j:plain
A359のロイヤルシルククラス(ビジネスクラス)、アブレストは1-2-1。

 

最近のビジネスクラスはどのエアラインも1-2-1が多く、二人旅だと真ん中の席を選んでばかりになりました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152838j:plain
座席幅は約51センチ、フルフラットにした際のベッドサイズは186センチだそうです(Seatguruより)

 

真ん中の2席はこのようなハネムーンシートになっている座席と、真ん中にテーブルがあり、お互い離れている席があります。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152847j:plain
スクリーン&足元。足元の作りは同じくタイ国際航空のA380や、シンガポール航空のB77Wにちょっと似ている気がします。

 

隣が家族、友人だったら良いけれど、知らない人だとちょっと近すぎるなぁという印象。寝相悪いと隣の人蹴ってしまう可能性あるよね?

 

そういう意味では、カタール航空、エティハド航空、スイス航空B77Wの方が隣との距離感があり、一人旅にも良い気がします。

 

カタール航空 A380-800 ビジネスクラス搭乗記【バンコク⇔ドーハ】
12-1月に訪れたケニアへは、カタール航空を利用しました。 シンガポール在住なので、本来ならシンガポール⇔カタールと飛べば良いものの・・・どうしてもA380に乗ってみたくて、わざわざ近くのバンコクまで飛び、そこから乗るという手間を...

 

スイス航空 B777-300ER・ビジネスクラス搭乗記【バンコク⇔チューリッヒ】
2016年から導入されたばかりのスイス航空、777-300ER(B77W)のCクラスに搭乗してきました。 この路線を利用したのはバンコクから。バンコク⇔チューリッヒをスイス航空で飛びました。 (1) シート配...

 

エティハド航空 バー付きのA380-800 ビジネスクラス搭乗記【アブダビ→パリ】
念願のエティハド航空A380-800に乗ってきました。エティハドのA380-800といえば、ファーストクラスのさらに上のクラス、レジデンスクラスがある機材です。 この機材が飛んでいるのは、アブダビ-ニューヨーク、ロンドンなど限られ...

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152853j:plain
ちらっと右側を。少しだけスタッガード配列になっているのでプライベート感もそこそこあり。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152828j:plain
座席の後ろ側にライト。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152833j:plain
座席横、下の方にイヤホン差込口、さらに下にはユニバーサルコンセント。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152904j:plain
シートコントローラー。ここで先ほどのライトも調整できます。色々スイッチを探し回らなくて良いから便利だよ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152855j:plain
リモコン。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152901j:plain
足元。なんだか汚らしい感じに映っていますが、写真の問題であり、実際は清潔でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152843j:plain
収納については特にスペースはなく、座席横にポケットがあるくらい。このくらいの大きさのポーチが、

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152845j:plain
余裕で入ります。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152831j:plain
ハネムーンシートの間にも、お互いの間を隔てるプライバシースクリーンがありました。

 

が、先ほどの写真の通り足元がだいぶ近いので・・・一人なら窓側か、お互い離れた配列の真ん中席が良いかと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930152857j:plain
テーブル。このカチッとタイプが好きです。

 

座席の横とかから、よいしょっと持ち上げる重いタイプのテーブルは指とか挟んでしまう。挟むたびに落ち込む・・・。

 

 

(2) アメニティ&ブランケットとか

f:id:mia-travelista:20180930153156j:plain
こちらがブランケット。片方が綿っぽい素材なので、静電気がおきなくて良いです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153153j:plain
ヘッドセット。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153151j:plain
アメニティのポーチとスリッパ。

 

最近はいらないものは使わずに返すようにしています。少しでも資源の無駄が減ることを願って。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153158j:plain
タイらしい、ナラヤのポーチでした。私の友人でナラヤ好きな子がいるので、今回のアメニティは頂きました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153206j:plain
青っぽい紫と白のポーチ。幅は10センチ程度。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153208j:plain
中はアイマスク、耳栓、歯ブラシ、リップケアなどの基本的なもの。

 

こういうのも、ポーチだけ配って、中身は欲しい人だけってなれば良いなぁ。

 

ただ捨てられるだけの耳栓とかアイマスクが可哀そうだし、資源の無駄も減らせると思うのです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153201j:plain
セーフティーインストラクションビデオはなんだか、とってもフェアリーな感じになっていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153204j:plain
ついつい見入ってしまう。

 

ターキッシュエアラインズのビデオはザックキングさんとのコラボで、こちらも面白かったです。

ターキッシュエアラインズ B77W ビジネスクラス搭乗記【シンガポール⇔イスタンブール】
フィンランドを訪れた際、ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)を利用しました。シンガポール在住なので、飛んだのはシンガポールからで、機材はB777-300ERです。 (1) ビジネスクラス座席シンガポール⇔イスタンブール間の機材...

 

 

大事なセーフティーインストラクションビデオ、こうやって工夫されているのはみんなも見るし、良いですよね。

 

私としてはいつかJALかANAに、久石譲さんの音楽に合わせた日本美のセーフティービデオを作って欲しい。

 

 

(3) 機内食(羽田→バンコク)

f:id:mia-travelista:20180930153301j:plain
ウェルカムシャンパン。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153304j:plain
TG661便(羽田→バンコク)は深夜便のため夕飯は出なく、朝食のみです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153312j:plain
希望者にだけ、ナッツ&軽食が配られますので、これじゃ足りないという方はラウンジでしっかり食べておくと良いかと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153307j:plain
朝食です。個人的には、タイ航空の朝食は洋食がオススメ。

 

  • 洋食
  • タイ料理
  • あと何か一つ

から選べた気が。

 

私の経験上、タイ国際航空は、■朝食は洋食、■ランチ・ディナーはタイ料理が美味しいのです。

 

ということで、今回は朝食のみ出る便だったので洋食を選んだところアタリでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153310j:plain
1年半前に乗った時の搭乗記でも書いたけれど、タイ国際航空のクロワッサンは本当に美味しい。

 

機内のクロワッサンで、よくここまでさっくさくのを出せるな~と感心するほど(↑食べかけでコメンナサイ)

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153315j:plain
こちらは夫が食べたタイ風おかゆ&卵焼き。味はまぁまぁだったそうで、洋食にすれば良かったと言っていました。

 

繰り返しますが、朝ご飯は洋食、ランチ&ディナーはタイ料理が一番美味しいです←私としては。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153257j:plain
余談ですが、夕飯が機内で出ないことを知っていたので、羽田のラウンジではやっぱりラーメンを食べました。

 

今までずっとラーメンを食べていたけれど、夫が食べていたそばを食べたら、そばもなかなかに美味しかった。

 

蕎麦と言って良いのか分からない味だけれど、あのふわっとしたそば料理、好きです。

 

 

(4) バンコクのスパラウンジでマッサージ

f:id:mia-travelista:20180930153415j:plain
ロイヤルシルクラウンジを出て、1分ほど歩いたところ(コンコースD)にあるラウンジ。

 

タイ国際航空ビジネスクラス以上利用で、このスパラウンジでマッサージを受けることができます。

 

このサービスが大好きで、シンガポールからバンコクへ行く際は、シンガポール航空ではなくタイ国際航空を利用するほど(安いからという理由もある)

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153421j:plain
ロイヤルシルクラウンジに比べ、フード&ドリンクの種類も少ないですが、

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153417j:plain
ほっこり落ち着くラウンジです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153409j:plain
ビジネスクラス利用で30分マッサージが無料(首肩かフットのどちらか)です。といいつつ、空いていると人によっては60分とかしてくれたりします。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153412j:plain
ここのお茶とドライフルーツが美味しい。

 

ロイヤルシルクラウンジは混んでいるけれど、ここは比較的すいている(時間によってはすごく混むけれど)気がします。

 

 

(5) B777(バンコク→シンガポール)

f:id:mia-travelista:20180325134041j:plain
バンコクからシンガポールはB777の機材です。これは2018年1月に搭乗記を書いているので、今回はさらっと。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153426j:plain
B777はフルフラットになりませんが、短距離線なので問題なく快適なフライトでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153423j:plain
ぱかっと開けるとリモコン。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153428j:plain
コンセント周り。ユニバーサルコンセント(で合っている?)があるので便利。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153435j:plain
ちょっと早めのディナー兼ランチ。夫が頼んでいたタイ料理。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930164740j:plain
私は洋食のチキンだったかな?ご飯を美味しそうに撮るコツ=低い位置から撮るってあったので試してみたんだけれど、なんか違う気がする。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930164743j:plain
タイ国際航空は、こういうサイドメニューにも力を抜かないので、いつも全てぺろっと食べれてしまう。

 

 

f:id:mia-travelista:20180930153405j:plain
お腹いっぱいだったので、デザートは夫のを一口もらったのですが、焼きバナナ&クリームでこれもまた美味でした。

 

タイ国際航空はサービスも良いし、機内食も美味しい。何よりラウンジでのスパサービスもついているので、私としてはすごくオススメ。

 

ビジネスクラス利用以上だと、チェックインも出入国もビジネスクラス専用のカウンターで、とってもスムーズです。

コメント