【シュノーケリング】フラワリのドロップオフ南西側を泳ぐ モルディブ Hurawalhi

f:id:mia-travelista:20190930103635j:plain
クダドゥプライベートアイランドに滞在中、フラワリまでスノーケリングトリップへ出かけました。

 

 

前回はスノーケリングの前半(スタートから半分くらいまでのコース)について書きましたので、今回は後半です。

 

前半↓

フラワリモルディブのハウスリーフでシュノーケリング | 前編
クダドゥモルディブ・プライベートアイランド滞在3日目。 フラワリモルディブのココバーで水分補給をした後は、オーシャンセンターで水着に着替え、フラワリのハウスリーフをスノーケリングです。 泳いだコース バギー...

 

 

後半エリア


前半が、シャンパンパビリオンから入って、真ん中くらいまででしたが、

 

今回は、真ん中あたり~ビーチ側にかけて(緑で塗った部分)の写真です。

 

 

最初から最後まで、ささっと泳げば30分もかからないコースだと思いますが、ゆっくり泳ぐと1時間くらいかかります。

 

 

スノーケリング写真

f:id:mia-travelista:20191004120733j:plain
向こうから、ヒメフエダイとコラーレバタフライフィッシュらしき魚の群れがやってきました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120736j:plain
すいーっと泳いできたけれど、

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120739j:plain
コラーレバタフライフィッシュがちょっと潜ろうとしたら

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120752j:plain
ヒメフエダイたちは、なぜか慌ててUターン。

 

でも、一匹のヒメフエダイがUターンをし忘れたようで、

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120755j:plain
その一匹は、自分の群れを間違って、コラーレバタフライフィッシュの群れに!

 

 


群れが違うよ~。

 

 


仲間に別れをつげ、コラーレバタフライフィッシュとして生きていくのでした。

 

というのは嘘で、実はこの後、ヒメフエダイの群れが仲間がいないことに気づき、

 

はぐれたコラーレバタフライフィッシュに追いつき、結局、ちゃんとした群れに戻っていました。すごいね。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120819j:plain
次にやってきたのは、真面目で強そうな魚たち。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120821j:plain
でもまるっとした黒目がちょっと可愛い。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120749j:plain
なかなかの量がいました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120833j:plain
先に進むと、また違う魚たちが。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120719j:plain
ひゅひゅっと通り過ぎて行ったカスミアジたち。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120804j:plain
なんか突然暗くなったな、と思ったら!

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120807j:plain
大きめの魚の群れに囲まれていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120814j:plain
たくさんいる。なんていう魚なんだろう?

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120825j:plain
海の中を見ている時は、違う世界を見ているようで本当に好きです。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120830j:plain
ビーチヴィラ側に進むにつれ、砂がちょっと舞っていました。

 

今回泳いだコースは、所々に魚群もいて楽しかったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120659j:plain
顔をあげると、ゴールがもうすぐ。

 

ゆっくり泳いだので、シャンパンパビリオンからここまで、約1時間ほどかかりました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120702j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191004120706j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191004120709j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191004120712j:plain
珊瑚の上を泳いで、ビーチへあがります。フウライボラらしき魚がいました。

 

浅瀬の珊瑚を泳ぐときは、バタ足をほとんどせず、波に乗って手のみで泳ぐのが一番良いです。バタ足をすると珊瑚や自分の足を傷つけることも。

 

 

新婚旅行でモルディブを考えている方もいると思いますが、スノーケリングするなら、岩から体を守るためにラッシュガードは必須

 

特にUVカットのラッシュガードだと、日焼け止めを塗るより焼けないし、海も汚さないので、一石二鳥です。

 

 

初心者にドロップオフスノーケリングは難しい?

ドロップオフとは?

珊瑚と外洋(海の色が濃くなるあたり)の中間地点のこと。

 

一番魚群が多く、かつ珊瑚にぶつからない(海が深いので)という点では、一番泳ぎやすいエリアではあるのですが、

 

何せ浜辺からドロップオフはある程度距離があるため、初心者の方は最初、恐怖を覚えるかもしれません。

 

 

フラワリのドロップオフ

大きい島であること、また浜辺からドロップオフが遠めなので、泳ぎに自信のない方には、ドロップオフでのスノーケリングは向かなそうかな、と思いました。

 

有料にはなりますが、各リゾート、ガイド付きのスノーケリングツアーというのがあるので、初心者の方はそれに申し込みしてみるのが良いです。

 

 

ドロップオフまでの行きやすさ、戻りやすさはけっこう大事。

 

今回滞在したクダドゥプライベートアイランドは、ドロップオフも近く、とてもスノーケリングがしやすい島でした。

シュノーケリングでハウスリーフを一周@クダドゥモルディブ・プライベートアイランド
ラヴィヤニ環礁にオープンした新しいモルディブプライベートアイランド、クダドゥ滞在記の続きです。 クダドゥは小さな島で、泳いでハウスリーフを一周できるのもまた嬉しいポイント。 この日のコースは、お部屋(レジデンス4)か...

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120722j:plain
海からあがった時の、太陽の光ってほっとする。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120725j:plain
スノーケリングの後は、スタッフの居住エリアを特別に通らせてもらいました。

 

近道でオーシャンセンターまで。

 

 

f:id:mia-travelista:20191004120728j:plain
荷物をピックアップしてもらい、スノーケリングにアテンドしてくれたスタッフにお礼。

 

ボートでクダドゥまで戻ります。



続き→完璧なオーシャンビューで泡ぶろ!
前回→フラワリでスノーケリング

コメント