クダドゥ モルディブ宿泊記 「プライベートプール&テラス」 オーシャンレジデンス

f:id:mia-travelista:20190802153431j:plain
ラヴィヤニ環礁に新しくオープンしたクダドゥモルディブ・プライベートアイランドへ行ってきました。

 

NY在住の日本人建築家、Yuji Yamazaki氏がデザインしたリゾート、ヴィラのプライベートプール&テラスも、とっても居心地が良く、今まで訪れたリゾートの中で一番お気に入りになりました。

 

 

お部屋の中↓

310㎡の水上レジデンス 「お部屋」滞在記@クダドゥ モルディブ プライベート アイランド
NY在住の日本人建築家、Yuji Yamazaki氏デザインによる、モルディブの新しいリゾート、クダドゥモルディブ・プライベートアイランドに行ってきました。 余談: クダドゥとは? マレから水上飛行機で約45分、...

 

 

広々とした和のバスルーム↓

Yuji Yamazaki氏デザイン 「バスルーム」 Kudadoo Maldives
モルディブの新しいリゾート、クダドゥプライベートアイランドの水上レジデンス、前回のお部屋編に続き、「バスルーム」へ。 お部屋↓ プール↓ 余談 既に何度か書いていますが、私は今まで、どの国へ行...

 

クダドゥモルディブの旅行記を最初から読む→こちらからどうぞ

 

(1) 天井が高く、広々としたデッキ

f:id:mia-travelista:20190802151750j:plain
ではまず、デッキから。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153436j:plain
天井が高く、ファンがなんと3つもついています。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151741j:plain
ダイニングテーブルその①。日差しの強い時間帯は、ここでインヴィラダイニングをしました。

 

この写真だと見えませんが、実は、一段下がったところにダイニングテーブルその②もあり、かなりの広さです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151821j:plain
そして、テラスの左、右側の仕切りを見てみてください。海が見えるのが分かりますか?

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151830j:plain
横の仕切りが工夫されていて、プライバシーを保ちつつ、正面からはサイドも海が見えるという作りなんです。

 

なので、より広く感じるデザインになっているのです。

 

もちろん、お隣のヴィラからは見えませんし、こちらからも全く見えない作り。これ、よくよく考えるとものすごく画期的なデザインだと思うんです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151827j:plain
本当にすごい!

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151747j:plain
テラスに出て左側奥に行くと、シャワールームへつながる通路が。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151738j:plain
その手前には、水着を干す場所。2ヵ所もあるので、2人分のラッシュガード、水着を楽に干せます。

 

ビーチリゾートにおいて、シャワールームまでのアクセスと、水着をささっと干せる場所はとても大事。文句なしに合格!←

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151841j:plain
和な植木たち。植木があるだけで、より和みます。

 

モルディブにいながら、和とバリを合わせたような雰囲気のお部屋って最高。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153431j:plain
そして私の大好きなブランコも。ブランコに乗って、海をぼーーーーと眺めるのが大好きです。

 

熱くなったらプールに飛び込んで、またブランコで風に吹かれる。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151754j:plain
座り心地もまた良い。ここで読書をしたり、音楽をきいたり。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151805j:plain
今回は1週間のみだったのと、色々なアクティビティを入れてしまったので、いつもよりテラスで過ごした時間が少なかった気がします。。。。

 

やっぱり4週間はモルディブにいたいよね(´ー`)

 

 

f:id:mia-travelista:20190802151801j:plain
夜のテラスもとっても過ごしやすいです。星空を眺めながら寝れるのは、ヤモリ、蚊がいない水上ならではの気がします。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153939j:plain
海が綺麗な場所は世界にたくさんあるけれど、私は、一つの島に、一つのリゾートしかないというモルディブのリゾートスタイルが本当に大好きです。

 

移動とか考えなくていいし、〇〇を予約して~とかもないし、私にとっては、本当に奇跡のような場所だなと思います。

 

 

(2) プライベートプール

f:id:mia-travelista:20190802153658j:plain
プールもまた広く、ミライドゥのプールより広かったです。クロールで10かきはできたような。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153655j:plain
遠くに見えるのはフラワリというリゾート。けっこう距離があるので全く気になりませんでした。

 

レジデンス4はドロップオフも近いし泳ぎやすいのも◎

シュノーケリングでハウスリーフを一周@クダドゥモルディブ・プライベートアイランド
ラヴィヤニ環礁にオープンした新しいモルディブプライベートアイランド、クダドゥ滞在記の続きです。 クダドゥは小さな島で、泳いでハウスリーフを一周できるのもまた嬉しいポイント。私たちが訪れた7月は、反時計回りが泳ぎやすかったです。 ...

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153712j:plain
せっかくのプライベートプールなら、お風呂サイズより大きい方が良いよね!と、だんだん贅沢になっていくのが、モルディブ病というやつです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153709j:plain
モルディブの景観を邪魔しない、シックな色のフロート。浮力があり、2人乗っても余裕でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153701j:plain
だってこんな景色に、大きなアヒルのフロートとかあったら・・・・Yuji Yamazaki氏デザインのヴィラには合わないもん。←すっかりファンになってる

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153705j:plain
このフロート、本当に気持ちよくて。バスタオルかぶって1時間くらいぷかぷかしてたら、見事に焼けていました。

 

バスタオルじゃ日焼け止め効果ないんだね。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153716j:plain
目の前がモルディブの海で、いつでもシュノーケリングできるって憧れます。

 

こんな綺麗な景色、空気の中にいると、自分に本当に必要なものだけが見えてくる気がする。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153719j:plain
クダドゥモルディブは泳いでハウスリーフを一周できるのと、魚群も多かったのが更に好きなポイント。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153958j:plain
このベッドは、星空を見るのに最適。テラスが広い分、遮るものも少なく、空がとても広かったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153913j:plain
屋外シャワー。そんな人はいないと思いますが、ここでシャンプー、石鹸などを使うのはダメです。

 

海に流れてしまうので。

 

 

(3) 素敵なダイニングテラス

f:id:mia-travelista:20190802153946j:plain
プール&デッキから1段下がったところにあるダイニングデッキ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153918j:plain
ここの階段、右側が切れているので、歩く際(特に夜)は注意が必要です。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153954j:plain
ここもプライバシーばっちり。

 

最近のモルディブリゾートでは、できるだけ部屋を作るぞ!ゲストのプライバシーは二の次!!というところも多いですが、クダドゥは客室15部屋のみ。

 

そしてビーチレジデンスはなし(←浜辺を散歩したりランニングする人も多いので)という「ゲストがゆったりとくつろげる場所を提供する」というのを徹底しています。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153852j:plain
ダイニングテーブルも広いです。ここで朝ご飯、ディナー、ケーキ・・など食べていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153926j:plain
パラソルは自分では開閉できないタイプなので、全てバトラーにお願いします。

 

バトラーは基本24時間ですが、正直、朝とか夜に必要なことってないよね。。体調をくずしたとかなら別だけれど。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153856j:plain
ダイニングテーブルの下はガラス。海が見えるようになっています。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153900j:plain
ついついやりたくなってしまう、このポーズ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153922j:plain
海への階段は木材。海の中にはラバー式のものがまいてあり、滑りにくくて良かったです。

 

階段も直角じゃないので(セントレジスモルディブのように)、海からあがるのも、おりるのも簡単。

 

こういう細かいところにも、どこまでゲストのことを考えているかという、企業体質が出るなぁと私は思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153942j:plain
私たちのレジデンス4番の前は、朝も昼も夜も、たくさん魚が群れていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153909j:plain
リゾートのドロップオフ周辺に設置してある浮き輪。

 

ここ、鳥さんがよくとまり、魚を狙っているんだけれど波で安定しない。鳥さんが「おっとっとっと!」としている姿を眺めては、癒されてました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153933j:plain
夜のダイニングテラス。海が青くライトアップされて綺麗です。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802153904j:plain
あまりにも居心地がよく、これ以上好きになれるヴィラって、もう出会えない気さえしてしまうほどなのでした。

 

なんといっても、日本の旅館にいるかのようなお風呂を、海外で出会えるって素晴らしい。

 

Yuji Yamazaki氏がデザインしたリゾートをめぐる、というのもまた楽しそうだな、なんて思う最近(スリランカのバワ建築リゾートめぐりみたいに)

 

続き→ガイド付きシュノーケリングでハウスリーフをチェック
前回→Yuji Yamazaki氏デザイン「バスルーム」

コメント