【旅行記】ベトナム バンヤンツリーランコー 感想まとめ

ベトナムのダナン空港から車で約1時間ほどのところに位置する、バンヤンツリーランコーへ行ってきました。

 

宿泊記やアクティビティ、食事内容は全て書き終えたので、旅行記をまとめます。

 

 

(1) 空港送迎・アクセス

ダナン空港⇔バンヤンツリーランコーまでは車で1時間ほど。

 

送迎は、滞在者向けの無料シャトルバスがあります。

 

もし快適さを求めるならば、片道約45ドル/1台(2020年時点価格)のプライベート送迎がオススメ。

 

 

(2) リゾートマップ・ヴィラカテゴリー

こちらがバンヤンツリーランコーのリゾートマップです。

 

ヴィラカテゴリーは3つ

  1. ラグーンプールヴィラ
  2. ビーチプールヴィラ
  3. ヒルサイドプールヴィラ

 

1、2はレストランやスパなどに近く、ビーチまでも歩いて行けます。

 

3はヒルトップなので、アクセスはちょっと遠い。

 

 

かなり広いリゾートなので、移動の便利さを求めるならば、ラグーンかビーチヴィラが良いかと思います。

 

 

お隣のアンサナ

バンヤンツリーランコー滞在客は、アンサナのレストランやプール、ゴルフ場なども利用可能。

 

ゴルフクラブカフェでスムージー@バンヤンツリーランコー
バンヤンツリーランコーのゴルフ場に併設されているカフェへ行ってきました。 滞在中ゴルフでも・・と思ったけれど、今回は3週間の旅で既に荷物が多かったのと、2月末に友人たちとのゴルフコンペ(という、2019年から始まった、ゴルフ下手が...

 

 

アンサナには小さなコンビニもあり、お酒、アイス、お菓子などがかなり安く買えるのもポイント。

 

 

全てバギーで送迎(無料)してくれるので、滞在中はゴルフ、ウォーターアクティビティなど色々と楽しめます。

 

バンヤンツリーランコーのオーガニックファーム見学
バンヤンツリーランコーの滞在中、リゾート滞在者は無料で楽しめる『オーガニックファーム見学ツアー』に参加してみました。 ツアーは9時~だったので、朝食をすませ、いざ出発。 この景色、高い空、美味しい空気、鳥の声、虫の声...

 

アンサナの敷地内でカヤック・・・5分で終了
ビーチリゾートである、ベトナムのバンヤンツリーランコーでは、カヤック、バナナボート、ジェットスキー・・・など様々なアクティビティを楽しむことができます。 ビーチリゾートなのでウォーターアクティビティが多いですが、ゴルフ、サイクリン...

 

 

(3) ビーチプールヴィラの感想

バンヤンツリーランコーは、全室プール付きです。

 

 

私たちが宿泊したビーチプールヴィラ。

 

 

プールはなかなかに広く、テラスで快適に寛げる。

 

 

バスタブもありますが、湯量は心もとない。※シャワーだけならば問題なし。

 

室内は、多少動線が悪かったりなどはありましたが、プライベートプール付きにしては価格帯もあまり高いので、まぁ仕方ないかな、と。

 

同じベトナムのシックスセンシズニンヴァンベイに比べると、かなりお得だと思いました(サービスもバンヤンツリーの方が良かった)

 

もっと詳しいお部屋の感想は、宿泊記をどうぞ↓

バンヤンツリーランコー旅行記 【ビーチプールヴィラ宿泊】
バンヤンツリーランコーの5泊は、ビーチへ直接アクセスできる、ビーチプールヴィラに宿泊しました。 (1) ヴィラへの移動 バンヤンツリーランコーはバトラー制となり、滞在中はバトラーが色々と助けてくれます。 広いリ...

 

 

(4) 朝食

バンヤンツリーランコーの朝食は、Water Courtというレストランでの提供でした。

 

日によって、アラカルトの日、ビュッフェの日と分かれているので飽きがこない。

 

 

アラカルトメニュー(↑)は4種類から選べます。

 

個人的にはアラカルトのフエ料理が美味しく感動したかな。

 

Water Courtにて、アラカルトスタイルの朝食@バンヤンツリーランコー
バンヤンツリーランコーの朝食は、Water Courtというレストランにて頂くようになるのですが、私たちが訪れた際は、日によって、 アラカルトの日 ビュッフェの日 と分かれていました。 人が多い週末はビュッフェ、...

 

バンヤンツリーランコーの朝食ビュッフェ | Banyan Tree Lang Co Resort
バンヤンツリーランコー滞在中の朝、とても綺麗な朝焼けが見れました。 ベトナムとシンガポールの時差は1時間。 頑張って早起きしなくても、自然に目が覚める時間帯で朝日が見れるのが嬉しい。 この日の朝食はビュッフェス...

 

 

ちなみに、プールでのフローティングブレックファーストも約3,500円(2人で)という驚きの安さなので、気になる方は是非。

 

約3,500円! 『プールでのフローティング朝食』 バンヤンツリーランコー
ベトナムのバンヤンツリーランコーへ訪れた際、フローティングブレックファースト(プールでの朝食)をお願いしてみました。 バンヤンツリーランコーのフローティングブレックファーストはまさかのUSD32(約3,500円くらい・しかも2人で...

 

 

(5) レストラン・バー

バンヤンツリーランコーのレストランは、

  • Azura(シーフード・地中海料理) 【11~18時】
  • Saffron(タイ料理) 【ディナー/ドレスコードあり】
  • Water Court(ベトナム料理) 【朝食・ディナー】

の3つ。

 

その他、Thu Quanというバーもあります。

 

ディナーの価格帯は、食べるものにもよりますが、アラカルトだと2人でUSD55ほど~。

 

お酒を飲む方、たくさん食べる方はもっとかかるかと思います。※Saffronはもう少し割高。

 

 

おすすめはデスティネーションダイニング

レストランでのディナーも良いのですが、バンヤンツリーランコーのデスティネーションダイニングはけっこうお得です。

 

2人でUSD140ほど~で、コース料理、ライトアップなどのセットアップ込みの金額となっていました。

 

プライベートダイニング、なかなかオススメです。

 

シェフがお部屋で作ってくれる 『BBQディナー』 Banyan Tree Lang Co
、バンヤンツリーランコー滞在2日目の夜。 ディナーは、専用のシェフがヴィラで焼いてくれる「アジアンBBQディナー」というデスティネーションダイニングをお願いしました。 BBQができるデスティネーションダイニングは2種類。 ...

 

ランタンが灯るジェティでコースディナー【Banyan Tree Lang Co】
バンヤンツリーランコーにて、ジェティでのランタンライトアップディナーをお願いしてみました。 このリゾートでは、デスティネーションダイニング(プライベートディナー)が、2人でUSD150++くらい~と、リゾート価格にしては割と良心的...

 

夜にインペリアル・ベトナム料理 【バンヤンツリーランコー】
バンヤンツリーランコー旅行記の続きです。 リゾートでは基本、食べる・アクティビティ・読書くらいしかしないので、どうしてもお食事についての内容が多くなりますが・・・ 今日も例に漏れず、バンヤンツリーランコーで頂いた「インペリア...

 

 

アフタヌーンティーは無料

その他、バンヤンツリーランコー滞在者には無料で提供されるアフタヌーンティー(軽食)もあり。

 

何もお願いしなくても、15時頃になるとお部屋まで持ってきてくれますが、部屋にいない時は提供はなし。

 

バンヤンツリーランコーの無料アフタヌーンティー
バンヤンツリーランコーでは、滞在者が無料で楽しめるアフタヌーンティーが提供されます。 アフタヌーンティーといっても、以前訪れたバンヤンツリー麗江のようなビュッフェスタイルではなく、1~2品がお部屋に運ばれてくるスタイルです(希望し...

 

 

(6) スパ

スパレセプションは、まさにアジアの良さが感じられるのですが、それ以外は可もなく不可もなく。

 

特におすすめポイントもありませんでした。

 

Banyan Tree Spa バンヤンツリーランコーのスパ
バンヤンツリーランコーの滞在時は、2回スパへ訪れてみました。 結論から言うと、可もなく不可もなく、普通かな・・という印象でした。 バンヤンツリーランコーの後に行ったアマノイのスパが良かったのもあり、印象が薄くなってしまったの...

 

 

スパの入口。

 

例えば、こんなところにベッドがあって、そよそよという風を感じながらスパを受けれるなら、最高!!と思っただろうけれど。

 

 

スパは個室ですが、リゾートの良さが活かしきれていなく、部屋に入ってしまえば、都会のスパと何ら変わらない

 

冷房ウィーンの、機械的な鳥の声BGMとか・・・

 

とはいえ、周りの環境は気にしない、ただマッサージを受けたいという方には、設備も綺麗ですし、リラックスできるスパだと思います。

 

 

まとめ

全て素晴らしい、とは言えませんが、

  • コスパの良さ
  • ダナンから1時間で行けるという便利さ
  • プライベートプール付き

というのを考えると、数あるベトナムリゾートの中でも、けっこうオススメのリゾートではないかな、と思います。

 

食事もけっこう美味しいし、アクティビティも豊富なので飽きません。

 

何より、アンサナに遊びに行けるのもまた楽しいですし、ファーム見学など無料で楽しめるアクティビティもたくさんなので、お子さん連れでも楽しめるリゾートだと思いました。

 

 

そういえば

プライベートプール付きにこだわらないのであれば、新しくできたアゼライカントーなんかもオススメです!

旅行記はまだだけれど、写真を1枚だけ。

 

アゼライとは、あのアマンを作ったエイドリアン・ゼッカ氏が新たに立ち上げたリゾートブランドです。

 

リゾート内はアマンのような雰囲気、しかし金額はアマンの1/4くらい~と、とてもコスパの良いリゾートです。

 

アマノイの旅行記を書き終わったら、アゼライ旅行記を書いていきたいと思います。

コメント