テラスで朝食ビュッフェ@Banyan Tree Lang Co Resort

2020年1月、バンヤンツリーランコー滞在中の朝、とても綺麗な朝焼けが見れました。

 

ベトナムとシンガポールの時差は1時間。頑張って早起きしなくても、自然に目が覚める時間帯で朝日が見れるのが嬉しい。

 

 

この日の朝食はビュッフェスタイルとのことで、ウォーターコートレストランへ来てみました。

 

バンヤンツリーランコーの朝食は、ビュッフェの日、アラカルトの日とわかれています。ゲストが混み合う土日がビュッフェと言っていたような・・・?←うろ覚え。

 

Water Courtにて、アラカルトスタイルの朝食@バンヤンツリーランコー
2020年1月に訪れたバンヤンツリーランコーの朝食は、Water Courtというレストランにて頂くようになるのですが、私たちが訪れた際は、日によって、 アラカルトの日 ビュッフェの日 となっていました。どっちも提供と...

 

 

ビュッフェの内容はアジアンスタイル。豚肉を焼いたものや、野菜炒めなどがありました。

 

ビュッフェの日はアラカルトメニューは選べないとのこと。ビュッフェだとどうしてもありきたりなメニューになってしまうので、あまり食べたいと思うものがなかったです。

 

 

ヌードルコーナー(多分)。本当はフォーを食べたかったのだけれど、前日のコース料理でかなり胃もたれしていたので、私は軽くフルーツとかだけ食べることにしました。

 

 

サラダ類。タイサラダらしきものもありました。でも私は、リゾートでは生野菜はけっこう避けちゃうかな。ボイルされた野菜とか、グリル野菜の方が好きです。

 

 

 

ヨーグルト。

 

 

  

フルーツは盛り合わせになっています。バンヤンツリーランコーのフルーツは、どれも甘くて美味しかったです。

 

たまにある、空気を多く含んだスカスカのフルーツではなく、密度(←?)が濃くて美味しいフルーツ(*’ω’*)

 

 

一番美味しかったデザート。胃もたれも忘れて食べちゃうくらい美味しかった。

 

ココナッツミルクに、プチプチとしたタピオカみたいなものが混ぜてあるの。ココナッツの風味とさっぱりした甘さがクセになる!

 

 

飲み物はフルーツジュースか、

 

 

ドリンクのリストから選べます。ベトナムコーヒー、TWGのお茶も豊富です。TWGのモロッカンミント、バニラバーボンがある時点でもう既に嬉しい(=`ω´=)

 

 

Water Courtレストランは冷房の効いた室内もありますが、せっかくなのでテラス席で食べてみました。海風があるのでそこまで暑くなく、1時間程度いるにはちょうど良かったです。

 

 

軽くフルーツだけで済ませる予定が・・・なんだか美味しそうなデニッシュがあって・・・気がついたらデニッシュが私のお皿の上にありました。バンヤンツリーランコーのデニッシュは自ら動くに違いない。

 

 

フルーツはスイカ、メロン、パイナップル、ドラゴンフルーツ、パパイヤ、パッションフルーツと色どりも良い感じ。

 

 

そしてココナッツのデザート・・・とっても美味しくて、実はこの後、もう1個とりに行っちゃいました。胃もたれどこ行った

 

 

夫が食べていたもの。カップに入ったタイサラダみたいなのが美味しかったそうです。

 

盛り付けのセンスがないのに、最近はブログに載せられることを意識してか(?)、ちょっとこだわるようになったみたい(゜-゜)

 

 

卵料理は好きなスタイルで作ってくれます。この日の朝はオムレツを作ってもらい、二人でシェアしました。

 

私はケチャップとかかけないで、野菜の旨味を楽しむ、あっさりオムレツが好き。

 

続き→オーガニックファーム見学
前回→ランタンライトアップディナー