シンガポール → バンヤンツリーランコーへチェックイン

2020年1~2月にかけて、バンヤンツリーランコー→アマノイ→アゼライと3週間かけて旅をしてきました。

 

 

 

(1) シンガポール→ダナンの移動

出発の日、シンガポールからダナンへの直行便はシルクエアーだったので、SQのラウンジを利用しました。

 

シルクエアーの機内食は美味しくないのと、ラウンジでもいつもほとんど食べないので、面倒ですが家で朝食をすませました。

 

シルクエアーはあまり好きではないエアラインですが、SIN→DADの直行便はそれしかなく・・・。そういえば、シンガポールからのアジアリゾート地って、SQよりシルクエアーが多く飛んでいる気がする。

 

 

シルクエアーの機内。

 

余談ですが、今回は観光ビザを取得しましたが、入国の際、帰りのエアラインチケットの提示も求められました。

 

今回は、シンガポール→ダナン→(間にベトナム国内移動)→ホーチミン→シンガポールというフライトだったので、行きと帰りは違うエアライン会社を利用でしたが、問題はありませんでした。※サイゴン→シンガポールはシルクエアーなし。

 

 

シルクエアーの機材にはテレビがついていないので、電子パッドで映画などを見るようになります。イヤフォンも渡されました。

 

 

前回シルクエアーに乗った時気になっていたのが、「これ、盗まれたらどうするんだろう?」という疑問。

 

後ろ側を見てみたら、トラッキングできますよ~というメッセージが。ま、そりゃそうだよね。

 

 

シンガポールからダナンまでは、2時間ちょっと。とても短いフライトです。

 

 

飛行高度がさがってきました。遠くには海が。もうすぐ着陸かな。

 

 

着陸の寸前。やった、快晴だ!

 

 

(2) ダナンからバンヤンツリーの送迎

スーツケースを受け取り、バンヤンツリーのスタッフについて車まで。

 

プライベート送迎をお願いしましたが、片道5,000円/1台くらいだったと思います。ちなみに、ダナンからバンヤンツリーランコーまでは車で1時間ちょっとです。

 

 

レモンの香りがするおしぼりを手に取ると、あぁ、リゾートに来た、と感じる。車内はWiFiと冷房が適度にきいていて快適です。

 

バンヤンツリーは、前回訪れたバンヤンツリー麗江以来。

玉龍雪山を望む 「ジェットプールヴィラ宿泊記」 バンヤンツリー麗江
秋もふかまる11月、中国・麗江にあるバンヤンツリーリゾート麗江へ訪れてきました。 標高2000メートル以上のところにあるリゾートで、若干空気が薄いのですが、とても快適な滞在でした。では、泊まったジェットプールヴィラというお部屋...

 

 

バンヤンツリーランコーまでの途中。日本のODAにより作られた長いトンネル。

 

長さは6.3キロ、とドライバーの方が教えてくれました。このトンネルができるまでは、50分くらいかけて山道を走っていたんだって。

 

現地の人も便利になったんだろうな、と思う反面、便利の裏には環境破壊も必ずあるわけで。便利さと環境保護が同時にかなる技術ってないのかなぁ、とよく思います。

 

 

1時間ちょっとで緑あふれるバンヤンツリーランコーに到着です。

 

チェックインはヴィラで行うので、バトラーがバギーでお部屋まで連れて行ってくれます。が、お部屋については次回書くとして、まずはリゾートの中を。

 

 

(3) バンヤンツリーランコーのヴィラカテゴリー

バンヤンツリーランコーのヴィラカテゴリーは3つ。

 

  1. ラグーンプールヴィラ
  2. ビーチプールヴィラ
  3. ヒルサイドプールヴィラ

 

メインレストランやビーチに近いのは、①と②です。景色がオープンなのは、②と③のタイプ。でも①のラグーンの景色も、森!という感じで素敵そうです。

 

私は、ヒルトップのオーシャンビューより、ビーチに歩いて行ける方が好きなので、今回は②のビーチプールヴィラに滞在しました。

 

 

確か、全室プライベートプール付きだったはずですが、メインレストランの近くには大きな共有プールが。

 

また、バンヤンツリーランコー滞在者は、お隣の妹リゾート(アンサナ)のプール、レストラン、ゴルフ場も利用可能です。

 

 

メインプールのそばにはビーチ。ベッドもいくつか置いてあります。でも各部屋にプールがついているので、いつ見ても人はあんまりいませんでした。

 

 

バンヤンツリーのプライベートビーチ。

 

 

この感じが、とてもバンヤンツリーっぽい。風が吹きぬける、大きな東屋みたいな。

 

 

このメインの建物に、レセプションやレストランなどが入っています。

 

 

よく清掃されているリゾート内。去年に訪れたシックスセンシズニンヴァンベイとは大違い!

 

時期にもよるのかもしれませんが、ベトナムのシックスセンシズなら、ニンヴァンベイよりコンダオの方が私は好きです。

 

 

バンヤングッズが買えるブティック。

 

 

気軽にはけるビーチサンダルが欲しかったので、ブティックで1,000円くらいのを購入しました。ベトナムっぽい柄で可愛い。

 

 

ホイアンをイメージして作られた橋もリゾート内にあり、夕方とかお散歩しているだけで楽しい。

 

ホイアンの人混みと違い、リゾート内はとても静かだし、ゆったり静かに過ごしたい方にぴったりだと思います。

 

 

(4) レストランの種類

ちなみに、バンヤンツリーランコーのレストランは3つ。

 

  1. THE WATER COURT(ベトナム料理:朝食ビュッフェ)
  2. SAFFRON(タイ料理:ディナー)
  3. AZURE(イタリアン:ランチ&ディナー)

 

ただし、バンヤンツリーランコーは、プライベートダイニングがけっこう現実的な金額でできるのと、どれもとっても素敵なセットアップなので、レストランよりプライベートダイニングの方がオススメです。

 

今後、色々と書いていきたいと思います。

 

続き→ビーチプールヴィラ滞在記

コメント