アゼライ リバールーム宿泊記 Azerai Can Tho

ホーチミン・タンソンニャット空港から車で約4時間のところにある、アゼライカントーでは、リバールームに宿泊しました。

 

アマン創業者、エイドリアンゼッカ氏が新たに立ち上げたAzeraiブランドは、AMANの良さを残しつつ、かつ金額も安めなので、とってもコスパの良い素敵なリゾートです。

 

 

(1) アゼライカントーのお部屋カテゴリー

Azerai Can thoのお部屋カテゴリーは現在6つ。

 

  • ガーデンルーム(35㎡)
  • レイクルーム(35㎡)
  • リバールーム(35㎡)
  • ガーデンヴィラ(375㎡)
  • リバーヴィラ(627㎡)
  • メコンヴィラ(1062㎡)

 

ヴィラとつくものは全てプライベートプール付きです。

 

 

(2) リゾートマップ・おすすめの部屋

私たちが訪れた時点ではヴィラは出来ていなく、ルーム3つのみでしたので、マップ上では3つのみ表示されています。

 

おすすめなお部屋は

一番安いガーデンルームかリバールーム。

 

注意①レイクルーム(55~62)はレストランやプールから丸見えなのでプライバシーなし

注意②リバールームでも、お部屋によってはリバービューではない

※22~24のリバールームはオープンなリバービュー。他は木々の間から川が見える、という感じでした

 

 

(3) リバールームお部屋&テラス

私たちが滞在したのは、22番のオープンリバービュー。

 

せっかくなら全面に川が見えるお部屋が良いな、と思ったのでリクエストしてみました。

 

 

お部屋に入ると、まずはベッド。

 

 

反対側にはテーブルと椅子。外はちょっとしたテラスになっています。

 

 

ウェルカムフルーツ。私たちが訪れた2月はみかんの季節だったのか、すごく甘くて美味しかったです。

 

 

目の前はリバービュー。とても良い風が吹いていきます。

 

 

 

前述のとおり、22~24あたりのリバールームはこのような開けた景色ですが、

 

 

奥の方は木々が茂っているので、木の間に川が見える、という感じのお部屋です。

 

好みによると思うので、確約はありませんがリクエストしてみると良いかと。

 

 

 

お部屋奥にはドアが。これは、隣のお部屋とのコネクティングドアです。

 

鍵が閉まっているので行き来はできませんが、けっこう音が聞こえます。まぁハイエンドなリゾートではないので、このあたりは仕方ないのかな。

 

 

Azeraiボトルのお水は無料。冷蔵庫には炭酸水もあり、そちらも無料です。

 

ドライココナッツはとっても甘く、これも毎日補充してくれます。

 

 

ティー&コーヒー。

 

 

 

 

 

(4) バスルーム

ダブルシンクで便利ですが、バスタブはなし。

 

今回アゼライは4泊のみだったのですが、短期滞在で丁度良かったな、と思いました。やっぱり長く泊まるなら、バスタブは欲しいところ。

 

 

クローゼットも小さいです。セーフティーはぱかっとあけるタイプなので、全体が見えて使いやすい。

 

 

バスタオルはアマンがけならぬ、アゼライがけ。

 

 

左側がお手洗い、右側がシャワールームです。

 

 

 

湯量は問題なし。

 

 

使わないけれど、アメニティ類も。

 

 

 

 

アゼライのクリーニングがリゾートとは思えない価格で、毎日利用しました。Tシャツは150円くらい、下着も100円くらいとびっくり!

 

香りも強くない自然な香りで良いし、プレスも丁寧でした。

 

しかも、速乾性のある洗濯物だと、朝の9時頃に出せば、その日の15時頃には戻ってくる、驚異的な速さ。

 

 

(5) 毎日のプレゼント

アゼライでは毎日、夕方にターンダウンが入り、ちょっとしたプレゼントがもらえます。

 

一日目はドライジンジャー。しかも甘くてとっても美味しい!

 

 

二日目。前日もらったジンジャーがとっても美味しかったので、わくわくしながらあけてみたら生米で、まぁびっくりしたよ。

 

生米??どういうこと??と思いつつ冊子を見ると、BIRDSとあるではないですか。

 

つまりは、リゾート内にいる鳥さんたちに、生米をあげてね♪というプレゼントでした。

 

 

これはこれで嬉しいんだけれど、次の日、朝早くから生米を握りしめ、鳥に近づこうとしてもみんな逃げていくんだよ・・・しょんぼり。

 

 

3日目以降はポストカードでした。4種類くらいの絵があり、どれも素敵。

 

 

 

 

以上、アゼライのお部屋でした。

 

バスタブがなかったり、隣のお部屋の音がけっこう聞こえたりと残念な部分はありますが、お料理が美味しかったり、リゾート内も良い雰囲気だったりと、また機会があったら訪れたいな、と思うリゾートです。

 

続き→アゼライカントーはこんなところ
前回→アゼライカントーへの行き方

コメント