ランタンが灯るジェティでコースディナー【Banyan Tree Lang Co】

バンヤンツリーランコーにて、ジェティでのランタンライトアップディナーをお願いしてみました。

 

このリゾートでは、デスティネーションダイニング(プライベートディナー)が、1人8,000円++くらい~と、リゾート価格にしては割と良心的なうえ、セットアップもビーチ、見晴らしの良い場所、お部屋・・・と色んな場所でできます。

 

banyan tree lang co destination diningで検索すると、色んな写真が出てくるので気になる方はどうぞ。

 

シェフがお部屋で作ってくれる 『BBQディナー』 Banyan Tree Lang Co
2020年1月に訪れた、バンヤンツリーランコー滞在2日目の夜は、専用のシェフがヴィラで焼いてくれる「アジアンBBQディナー」というデスティネーションダイニングをお願いしました。 BBQができるデスティネーションダイニングは2種類、...

 

 

デスティネーションダイニングをお願いする際は、基本的にはコース料理から選ぶようになります(2020年1月情報)

 

コースの種類は5つ、

  • Extravagant Classics
  • Glamorous Mediterranean
  • Imperial Vietnam
  • Banyan Tree Organic Farm
  • Connoisseurs Series

 

コース料理をお願いすると、白ワイン・赤ワインがおまけでもらえます(*´з`)

 

 

デスティネーションダイニングは、18時~の明るい時間スタートでお願いしました。

 

蚊よけのお香が炊かれていて安心。でも思ったほど蚊はいなかったかな。それより、バンヤンツリーランコーの後に行った、アマノイのレイクパビリオンの方が蚊が多かったです。

 

 

こういうアジアっぽい建物とか雰囲気って大好き。アジアの民族衣装も可愛いのが多くて好きです(着物、アオザイ、サリー、漢服・・・とか)

 

 

今回選んだコース料理は、Extravagant Classics(以下クラシック)とGlamorous Mediterranean(以下地中海料理)。

 

クラシックの前菜はホタテにカリフラワーのピューレ。あっさりしていて美味しいです。

 

 

地中海料理の前菜はカプレーゼ。

 

 

続いてクラシックのスープ料理は、ブイヤベース。魚介の出汁がきいていて美味!

 

 

 

夫のはロブスタービスク。味はあまりロブスターの味を感じなく、普通だったそうです。

 

 

お料理の途中ですが、日が暮れていて良い感じなので写真を撮ってみました。

 

プライベートダイニングだと、好きなタイミングで席を立てるのが良いよね。写真も人目を気にせず撮れるし。

 

 

ランタンが綺麗だなー。

 

 

 

 

クラシックのメインはビーフ。美味しかったけれど、夜にビーフは重い(゜-゜)

 

普段はあっさりしたものしか食べないし、夜にビーフなんてまず食べないので・・・旅行中は胃薬が手放せない。

 

でも困ったことに、どのリゾートも夕飯が一番美味しいんだよね・・・。

 

 

夫のメインは魚。Seabassって言っていたかな。あっさりしていて美味しかったそうです。

 

 

 

クラシックのデザートはチョコレートケーキ。

 

 

地中海料理コースのデザートはティラミス。

 

デザートはまぁまぁかなぁ?あまり原材料にこだわってないのか、まぁ美味しいね、くらいでした。日本のコンビニのスイーツの方が美味しいと思う。日本で暮らしたことがあると、舌が肥えるよね。

 

 

ディナーを終え、ヴィラまで食後のお散歩がてら歩いて帰ります。反対側からジェティを撮ってみました。

 

 

お部屋に戻るとターンダウンが終わっていて、クッキーと、

 

 

リゾートあるあるのバスタオルデコレーションがされてました。可愛いね。

 

けど、お花がもったいないし、寝る前に片づけるの面倒だし・・・こういうのより、お手紙とかのほうが嬉しいなぁ、なんて。ちょっとわがままを言ってみる。

 

続き→ビュッフェ朝食
前回→アラカルト朝食

コメント