インターコンチネンタル 『ザ・ライブラリーでのAfternoon tea』 ホーチミン

f:id:mia-travelista:20200410113509j:plain
2019年10月のベトナム旅行ではインターコンチネンタルサイゴン(ホーチミン)のアフタヌーンティーを訪れました。

 

 

 

 

(2) ザ・ライブラリーラウンジ

f:id:mia-travelista:20200410113452j:plain
スタバがある通りのエントランスを入り、正面奥側にザ・ライブラリーというラウンジがあります。

 

椅子のレイアウトは割とゆとりがあるので良いですが、ラウンジはちょっと寂しい感じ。

 

 

(3) アフタヌーンティー内容&金額

f:id:mia-travelista:20200410113455j:plain
アフタヌーンティーは一人VND 290,000++と、一人2,000円ほどもしない金額でお得です。

 

 

f:id:mia-travelista:20190812155700j:plain
とはいえ、インターコンチネンタルのアフタヌーンティーをするなら、プラス1,000円くらいでザ・レヴェリーのアフタヌーンティーをの方が良いかな、と私だったら思ってしまうかも。

 

6つ星ホテルでアフタヌーンティー@ザ・レヴェリーサイゴン
ベトナムにある唯一の6つ星ホテル、ザ・レヴェリーサイゴン(レベリー)に宿泊した際、評判の良いアフタヌーンティーを試してみました。 結論から言うと、サービス良し、雰囲気良し(←シンガポールにさえないほどの豪華絢爛さ)、食べやすさ...

 

 

f:id:mia-travelista:20200410113514j:plain
インターコンチネンタルのアフタヌーンティーは3段トレーです。食器類はとてもシンプルなデザイン。

 

 

紅茶の種類は8種類くらいありました。しかし・・・

 

ティーストレーナーがないとのことで、ポットから茶葉がけっこう出てきてしまうのが難点。

 

所々詰めが甘いかなぁ(偉そうに言ってみた)

 

 

f:id:mia-travelista:20200410113519j:plain
下の段が、揚げ春巻き、春巻き(美味しい)、パイのようなものなど。

 

味は美味しいです。

 

 

f:id:mia-travelista:20200410113509j:plain
2段目は焼き菓子とスコーン、マカロン。

 

スコーンがそのまま出てくるので、ちょっと冷めちゃっていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20200410113512j:plain
一番上が、タルトやチョコレートなどの甘いもの。

 

個人的にはスイーツより、セイボリー系の方が美味しく感じました。

 

 

f:id:mia-travelista:20200410113504j:plain
そして海苔?のような葉っぱなようなものとつくねのような・・・なんだろう?

 

つくねのはピリ辛で美味しかったですが、手前の黒いのは、良く分からない味でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20200410113501j:plain
クロテッドクリームとジャム。

 

味は普通に美味しい、サービスも良い、でもWOWと思うところがありませんでした。

 

同じホーチミンには、ザ・レヴェリーというサービス抜群、雰囲気良し、調度品豪華、食材にもお金をかけている、なのにコスパが良いというホテルがあるので・・・

 

同じような価格帯だと、どうしてもそちらと比べられちゃうかな、と。

 

 

(4) 予約方法&ドレスコード

f:id:mia-travelista:20200410113458j:plain
予約は、インターコンチネンタルHPのReservationからできました(2019年10月情報)

 

 

ドレスコード

スマートカジュアルですが、男性はハーフパンツ、襟付きのシャツやポロシャツ、綺麗目のスニーカーでも十分な雰囲気でした。

 

Tシャツの方もいましたし、そこまで気取った雰囲気ではなかったです。

 

女性はワンピース、ロングパンツなどで問題ないと思います。

 

 

前回→シェラトンホテルのアフタヌーンティー
シックスセンシズニンヴァンベイ旅行記→こちら

コメント