シクロにお菓子 アジアンスタイルのアフタヌーンティー@シェラトンホテル Ho Chi Minh

f:id:mia-travelista:20200408144017j:plain
2019年10月のニンヴァンベイ&ホーチミン旅行では、以前から気になっていた、シェラトンホテルとインターコンチのアフタヌーンティーに行ってみました。

 

結論から言うと、シェラトンVSインターコンチのアフタヌーンティー(また今度書きます)でしたら、シェラトンの方がおすすめです。今は状況が状況ですが、世界が元気になったら是非おすすめしたいアフタヌーンティーの一つ。


 

(1) シェラトンホテルの場所

シェラトンの場所は1区です。近くには高島屋、ドンコイ通りなど便利な立地。私たちが宿泊したザ・レヴェリーサイゴンホテルからは歩いて4分ほどでした。

 

(2) 雰囲気

f:id:mia-travelista:20200408144045j:plain
シェラトンホテルのエントラスを入り、右側にあるザ・ラウンジがアフタヌーンティーを楽しめる場所です。もちろん全席禁煙。

 

ベトナムはけっこう、5つ星を名乗っているホテルでも喫煙OKなところもあり(ニッコーホテルはまさかの喫煙ラウンジでアフタヌーンティーでした)、行きたいなと思っても見送ったホテルが数回所ありました。喫煙は個人の自由ですが、食事をする際、タバコOKとしている店は、それなりの味と思うひねくれ者なのでね(*´з`)

 

f:id:mia-travelista:20200408144033j:plain
前回来た時も思いましたが、レイアウトがゆったりとしていて居心地が良いです。

 

(3) アフタヌーンティーの金額・内容

f:id:mia-travelista:20200408144036j:plain
アフタヌーンティーは2種類から選べます。一つがアジアンスタイル、もう一つがウェスタンです。どちらもVND736,000++/2人なので、一人2,000円ほど(2019年10月時点情報)と、とてもお得です。

 

ウェスタンスタイルは3段トレー

f:id:mia-travelista:20200408144048j:plain
私はウェスタンスタイルにしてみました。一番上がマカロン、プリン、ムース、タルトなどのスイーツ。

 

f:id:mia-travelista:20200408144005j:plain
一番下がセイボリー。どれもとても美味しかったです。セイボリー系だけに限って言えば、ホーチミンで訪れたアフタヌーンティーで一番美味しかったような。(他にはレヴェリー、パークハイアット、カラベル・・など行きました)

 

f:id:mia-travelista:20200408144001j:plain
スコーンは2つ。クロテッドクリームと苺のジャムです。丁度良い大きさで食べやすかった。

 

私のツボに入ったアジアンスタイル

f:id:mia-travelista:20200408144014j:plain
こちらは夫が頼んでいたアジアンスタイルのアフタヌーンティー。中華スタイルのスタンドに引き出しまでついてる。しかも、左前にはベトナムのシクロ(人力車のような乗り物)。なんて可愛いんだろう!

 

f:id:mia-travelista:20200408144025j:plain
お寿司、春巻き、パイ、お饅頭とウェスタンスタイルとはがらっと変わって、中華&ベトナム&日本(←一応お寿司が)のアフタヌーンティーです。

 

f:id:mia-travelista:20200408144029j:plain
エッグタルト、抹茶のケーキもあります。夫いわく、スイーツは普通だけれど、他のはとても美味しかったそうです。

 

(4) 予約方法&ドレスコード

営業時間

アフタヌーンティーが楽しめるのは、14:00~16:30まで。平日・土日祝特に関係ないようです。

 

予約方法

メールやウェブでの予約ができず(HPにも見当たらない)、私はシェラトンホテルHPにある電話番号に電話をして予約をしました。

 

けっこう面倒です・・・。そのままウォークインもできそうですが、もしかしたら混んでいたり、待つ可能性もあるかも。

 

ドレスコード

スマートカジュアルでゆるめです。男性でもハーフパンツ方がけっこういました。あまりにもカジュアル過ぎなければ問題ない雰囲気です。

 

感想

f:id:mia-travelista:20200408144022j:plain
見た目も可愛いし、普通のアフタヌーンティーとは違い、ベトナムらしさが出ていて、とても気に入りました。



続き→インターコンチネンタルのアフタヌーンティー
前回→レヴェリー旅行記まとめ

 

コメント