【宿泊記】 水上ヴィラ@オーシャンビュー側 | セントレジス モルディブ

f:id:mia-travelista:20181015081258j:plain
2018年9月に訪れたセントレジスモルディブリゾートでは、水上ヴィラに滞在しました。

 

 

(1) 水上ヴィラの向きについて注意点

f:id:mia-travelista:20181015193202j:plain
私たちのヴィラは525でオーシャンビューでしたが、セントレジスモルディブの水上ヴィラは、微妙な向きで建っているところが多々あります。

 

  • 501~519は島から見えたり、お互いのヴィラが向き合っていたり
  • 210~212はバーから丸見えだったり

 

少ないスペースにぎちぎちにヴィラを建てました、という、他モルディブ5つ星リゾートに比べると、ちょっと残念なレイアウトです。

 

 

個人的にはセントレジスモルディブへ行くなら、サービスが最高なクダドゥモルディブプライベートアイランドやミライドゥの方がオススメ。

【宿泊記】オーシャンレジデンス 「プライベートプール&テラス」 クダドゥ モルディブ
ラヴィヤニ環礁に新しくオープンしたクダドゥモルディブ・プライベートアイランドへ行ってきました。 ヴィラのプライベートプール&テラスも、とっても居心地が良く、今まで訪れたリゾートの中で一番お気に入りになりました。 ...

 

【旅行記】モルディブ・ミライドゥ 感想まとめ
2018年5月に訪れたスモールラグジュアリーホテル(SLH)加盟の新リゾート、ミライドゥ(ミレイドホー)の旅行記&感想をまとめてみます。 ミライドゥが気になっている方のご参考になれば幸いです。 (1) アクセ...

 

 

(2) 到着~ウェルカムシャンパン・フルーツなど

f:id:mia-travelista:20181015080627j:plain
セントレジスモルディブではウェルカムフルーツが用意されます。

 

高級リゾートを名乗るホテルにしては珍しく、滞在中の補充はなし。

 

 

フルーツの味も、他のモルディブリゾートに比べると普通で、あまり食材にお金をかけていないリゾートだと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080638j:plain
ウェルカムスイーツは美味しい。

 

下の段にあるのはギリシャのスイーツ、バクラヴァのような味でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080636j:plain
ウェルカムシャンパン。シャンパーニュ・ドゥヴォーとかなんとか。

 

お酒はあまり飲めないためよく分からず。

 

 

(3) バスルーム・アメニティ

f:id:mia-travelista:20181015081032j:plain
では、バスルームから。

 

ヴィラ525のバスルームはオーシャンビューでとても明るくプライバシーもばっちりです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080716j:plain
洗面台はダブルシンク。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080724j:plain
お水は洗面台に毎日2本、お部屋に2本、ターンダウンで2本もらえました。

 

プラスチックボトルですが、ちゃんとリサイクルをしているようです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080720j:plain
水回りも問題なし。

 

私たちのヴィラはアラムという男の子が清掃をしてくれたのですが、気遣いのあるとても優しい子でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080735j:plain
こんなピンセット類も。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080711j:plain
オーシャンビューのお風呂。湯量も全く問題なしなのは嬉しい。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080727j:plain
アメニティはルメードゥのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ボディーローションです。

 

こういうの、モルディブで使ったとしても空ボトルは日本に持ち帰りましょうね。

 

モルディブは日本と違い、ゴミ問題を抱える国です。

 

 

日焼け止めやコンタクトケースなんかもですが、空になっても持ち帰る。

 

たまにカップラーメン持って行きました~なんて口コミを見ますが、ちゃんと持ち帰っているのか疑問に思います。

 

綺麗な海に癒されておきながら、ゴミ問題をかかえる国にゴミを増やして帰ってくるのは、先進国の人間として恥ずかしい行為だと、私は思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080709j:plain
今回もラッシュの泡ぶろ&アロマセラピーアソシエイツのバスオイルを。

 

ラッシュのプラゴミはもちろん毎回持ち帰ります。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080706j:plain
ドライヤーと歯ブラシなどのアメニティ。ドライヤーの風量もばっちりです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080704j:plain
アメニティ類。

 

私たちはゴミ削減のためにこういうのはほぼ使わず、いつも自前の歯ブラシ、歯磨き粉、フロスを持ち歩いています。

 

 

モルディブブログの時はしつこく書いてしまうのですが、

 

カメはくらげが大好物でプラスチックをくらげと間違えて食べてしまいます。結果、消化されず死んでしまう個体もいるのです。

 

なのでプラスチック類は海に飛ばされないように!気を付けましょう。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080713j:plain
お手洗いとシャワーブース。ここのバスルームは床が少し滑りやすいです。

 

しかも、デッキから歩いてここまで来ないといけないので、ビーチリゾートとしてはかなり微妙な作りです。

 

しかも暗い・・・

 

一番最高だったモルディブリゾートのヴィラ↓

Yuji Yamazaki氏デザイン 「バスルーム」 Kudadoo Maldives
モルディブの新しいリゾート、クダドゥプライベートアイランドの水上レジデンス、前回のお部屋編に続き、「バスルーム」へ。 お部屋↓ プール↓ 余談 既に何度か書いていますが、私は今まで、どの国へ行...

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080731j:plain
バスローブ。バスルーム全体は清潔。

 

ただし一つ足りないのは、水着とかを干すところ。

 

一応、バスタオルをかけるラックはあるのですが、水着を干すにはちょっと不便なサイズと作り。

 

 

ビーチリゾートなのだし、プールも各ヴィラついているのだから、もう少し配慮があると更に良かったなと思いました。

 

 

(4) ベッドルーム

f:id:mia-travelista:20181015080953j:plain
では続いてベッドルームです。

 

こちらも525のお部屋はオーシャンビューなのでプライバシー感もあり過ごしやすい。

 

 

反対に、島側のヴィラに通されるとアイランドビューとなり、プライバシーという観点からはとても微妙だと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081011j:plain
デスク&ミニバーエリア。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081013j:plain
ミニバー。この下にワインクーラーなどがありました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080957j:plain
他にも、コップなど色々ありました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081018j:plain
デスク。広々として使いやすい。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081022j:plain
ここにあったら良いな、と思うところにコンセントがあるので使い勝手がとても良かったです。

 

モルディブ滞在中はオリンパスPEN、水中カメラのToughを2つ、スマホ2台・・・

 

と色々と充電するものがあるので、コンセントが多ければ多いほど助かります。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081025j:plain
ちょっとしたリビングスペース。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081009j:plain
クローゼット。ハンガーの量もスペースも文句なしに広め。上にもちょっとした棚が。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081027j:plain
ベッド。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081030j:plain
ベッド両脇にサイドテーブルとコンセントエリアがあるのがまた便利。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015080955j:plain
ベッドルーム&リビングからの景色。

 

やっぱりモルディブにきたら全面オーシャンビューがいいな。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081218j:plain
クリーニングは高め。Tシャツで$12に更に税金がかかります。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081221j:plain
お部屋に置いてあるかごバッグ。シュノーケルツアーとか行く時に便利です。

 

 

(4) プライベートプール&テラス

f:id:mia-travelista:20181015081316j:plain
ではテラスに出てみましょう。

 

安い材質を使っているのか・・・木の良い香り・・・・は残念ながらしませんでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081321j:plain
広々としたデッキにプライベートプールがついています。

 

が、プールの位置が微妙なため冷たい・・・・

 

せっかくなんだから、エッジ側にインフィニティプールにすれば良いのになぁと思いました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081258j:plain
そしてソファですが・・・・滞在中はこちら側のソファのみ利用していました。なぜなら、

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081246j:plain
こっちのベッドに来ると、ん!?

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081324j:plain

なんか見える。こういうモルディブリゾートは初めてなのでびっくり。

 

 

 

日本の高級旅館とかで、こういうお互いの部屋がちょっと見えるって、まずないですよね。

 

 

こういうところが、他のモルディブリゾートと比べても、利益重視(狭いスペースにできる限りヴィラを建てた)だなぁ、と感じてしまいます。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081256j:plain
ということで、このネットはあまり利用せずで、利用したとしても左側のみでした。

 

でも自分のテラスにいるのに、いる場所を選ばないと誰かから見えるってけっこう面倒。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081244j:plain
私たちが訪れた時がたまたまかもしれませんが、セントレジスモルディブの客層は、他のモルディブリゾートにはいないような人たちが多かったです。

 

ところかまわずタバコを吸う、ポイ捨て、ビュッフェ汚したり、リゾートなのにドローンを飛ばす・・・など。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081301j:plain
なので、私としてはセントレジスモルディブは、だいぶハズレのリゾートでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081305j:plain
そして「海へのエントリーの階段」これがまたびっくり!

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081334j:plain
なんと・・・垂直なんです。なのであがる時に本当に大変。

 

ステンレス?っていうのか分からないのですが、このタイプはただでさえ足が痛くなるのに垂直。

 

そして・・・見えますか?藻です

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081337j:plain
セントレジスではここの清掃をしないようで・・・・滞在中毎日ぬるぬるの藻がびっしりでした。

 

言えば清掃してもらえるみたいですが、なんだかそれも他リゾートと比べてしまうとちょっと。。。

 

 

他のモルディブリゾートでは、言わなくても階段も清掃されますし、こんなに汚れているのは今までなかったので衝撃を受けました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081239j:plain

気を取り直して、夕暮れ後の雰囲気。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081253j:plain
自転車。自転車で島の中を走るのは本当気持ちよかった。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081340j:plain
夜のテラス。

 

 

f:id:mia-travelista:20181015081330j:plain
以上、セントレジスの水上ヴィラ宿泊記でした。

 

私たちはモルディブ6回目でセントレジスを選びましたが、プライバシー感、モルディブ感、普通の5つ星レベルのサービスを求めるならばおすすめしないです。(2018年時点情報)

 

追記→その後、モルディブは10回目となりましたが、やはりセントレジスモルディブが一番良くなったです。

 

 

良いところが全くないわけではありませんが、2018年9月に訪れた時点では、支払う金額に対してのサービス&バトラーサービスはほぼ皆無。

 

今まで滞在してきたホテル、リゾートでは嫌な思いをしたことが一度もなかったので、驚きの連続でした。

 

必ずしも、支払うお金が高い=良いサービス、ブランド力=良いリゾート、ではないということを、改めて学んだ滞在でした。

 

コメント