ベトナム航空ビジネスクラス搭乗記 【ダナン → カムラン】

バンヤンツリーランコーからアマノイ(↑)へ移動の朝。ベトナム航空国内線にて、ダナン→ニャチャン(カムラン)へと飛びます。

 

 

(1) 座席

ベトナム航空の国内線(ダナン→カムラン)はこんな機材でした。A321のナローボディー、アブレストは2-2。

 

カムランからホーチミンへ飛んだ際も同じ機材だったので、メジャーなところ意外は全部こんな感じなのかも?あ、でも、かなり前にコンダオへ行った際は、もっと小さなセスナ機のようなものだった記憶があります。

 

 

シートはフルフラットにならず、気持ち程度リクライニングするだけですが、1時間もないフライトなので全く問題なしです。

 

 

足元もけっこうスペースがあって良い。

 

 

座席にはスクリーンがなく、

 

 

上の方にあるスクリーンを見るようになります。と言っても。飛んでいる時間は30分もないくらいなので、飛んだと思ったらもう着くよ!みたいな感じ。

 

 

機内食やドリンクサービスもなく、おしぼりとお水だけが配られました。

 

最初おしぼりを配られたから、もしかして機内食出るのかな?と思ったら・・・おしぼりだけでちょっとびっくり。資源の無駄な気がする・・・

 

 

シートコントローラー。一応リクライニングやフットレストもありますが、飛んだ後うとうとしていると、使う間もなく到着しちゃう。

 

 

ちょっと疑問なのが、このチャンネルってボタンがきくのかどうか。スクリーンはシェア(みんなが見てる)のだし、勝手にチャンネルを変えちゃうと・・・びっくりされるよね。何より、チャンネル争奪戦が起きるかも?いや、起きないか。

 

押してみる度胸はなかったけれど、いつかまた旅行に行けるようになったら、勇気を出して押してみようと思います。

 

(2) ベトナム航空・国内線ビジネスの価値

ベトナム航空、国内線のビジネスクラスはちょっと割高ですが、下記が使えるので、ストレスフリーで移動ができます。

 

  • 空港での専用チェックインカウンター
  • 優先手荷物検査
  • ラウンジ利用(遅延の時に助かる)
  • タラップ搭乗&降機の場合は、専用バス移動(←一番重要)

 

ベトナムは他アジア(クアラルンプール、バンコク)と比べてもオペレーションがまだまだ。

 

国内線遅延も多かったり、チェックインカウンターや荷物検査のキャパシティが、利用客に対してあっていなかったり。空港のお手洗いも・・・。

 

バスの送迎も、エコノミー客を無理矢理1回の送迎でしようとぎゅうぎゅうにつめてみたり、待ち時間が長かったり。

 

そのような国では、ちょっと割高でも、時間や労力のセーブになるので、極端にビジネスクラスが高くなければ、利用する価値は十分にあると、私は思います。

 

日本みたいに、どこも綺麗で搭乗者のマナーも良いならエコノミーで十分なんだけれど。さすがに海外では対価を払わないとね。

 

続き→アマノイへ到着&おすすめヴィラ
前回→ダナン国内線ビジネスクラスラウンジ

 

あとがき

さて、今年のブログはこれで最後です。私のブログを読んで下さっている皆さま、いつもありがとうございます。日本語が若干怪しく拙い文章&食べ物に関してはいつも「美味しい」としか書けないほどの語彙力なのに!

 

 

2020年はこのベトナム旅行を最後に、一切どこにも行かず、家で過ごしてばかりの年でした。でも、それもまたいいものだな、と思ったと同時に、今まで見えなかったこととか分かったりも。今の日本の状況や今後についてなんかも、色々と考える年でした。

 

 

2021年にはコロナが終息に向かうことを願って!皆さまどうぞ、よいお年をお迎えください。