アマノイ 「Banya Spa House」 でのハマム体験とウェルネスプログラム

アマノイでの滞在中、ロシア式サウナ「バーニャスパ」というのを、半日のウェルネスプログラムにて体験してみました。

 

結論から書くと、予備知識なしで受けてしまったので、色々と衝撃的な出来事の連続で、あまりリラックス効果はなかったです。のんびり癒しのスパを受けたい方は、普通のスパを受けた方が良いかも・・・

 

 

(1) アマノイのBanyaスパプログラムとは?

Banyaスパとは、アマノイにある専用のスパヴィラ(バーニャスパハウス)にて受けるプログラムです。もう一つ、ハマムスパハウスで受けるプログラムもありますが、今回は前者を受けてみました。

 

プログラムの内容を簡単に書けば、お風呂と水風呂(氷風呂と言えるほど冷たい)を交互に入り、湿度の高いハマム(サウナ)でじんわり体を温め、葉っぱで体全身を叩かれる(!)というスパです。

 

一応、もっと詳しく書くと、

  • サウナで体を温める
  • 氷風呂に入る
  • 温かい温泉に入る(以上3つを数回15分ほど繰り返す)
  • ハマムで全身スクラブ・泥パック
  • オークとユーカリの葉で作られたヴェニークで全身バシバシ
  • 普通のお部屋でマッサージ
  • スパハウスでのランチ

 

という流れで4~5時間ほどかかるプログラムです。筋肉の緊張の緩和、デトックスに効果的なんだって。

 

 

湖の側に立つスパは、とっても静かです。

 

 

ここがスパのレセプション。

 

 

施術前にお茶。この後、専用のスパハウスに案内されました。

 

 

(2) Banya スパハウス体験

こちらが、バーニャスパハウスです。プライベートプール付き、ハマム付き、スパルーム付きのヴィラ。フォレストビューなのでプライバシーもばっちり。

 

 

この手前側にロッカーやお手洗いがあり、そこで着がえをします。

 

水着などは持参不要とのことだったのですが、行ってみたら「すぐにお風呂などに入って頂くので、是非裸で過ごしてください。プライバシーが守られているので。」と。

 

 

さすがに裸は落ち着かないなぁ・・・とバスタオルを巻いて出たら、まさかの男性スタッフがヴィラに入りかけてきました!びっくりー。

 

バスタオル巻いていて良かった!あちらも慌てて出て行ったけれど、何かメンテナンスに来た感じだった(はしごみたいなのを持ってた)ので、スパハウスが利用中と、ちゃんと連絡がいっていなかったのかも。

 

 

まずはこのサウナに入り、体を温めます。中は程よい湿度と温度で、体がじんわり温まります。

 

 

 

その後、このお風呂に交互にはいります。

 

 

日本の温泉みたいで落ち着く。

 

 

まずはお湯から入ってみました。程よいぬるさで気持ち良いです。がしかし!その後に入るよう言われた冷水が・・・

 

いわゆる、日本の温泉にあるような入りやすい冷水ではなくて、もう氷水のような冷たさ!つま先入っただけで、これはヤバイ・・・と警戒するほどの冷たさ。

 

サウナ→温泉→冷水(つま先だけつける)を15分ほど数回繰り返し、シャワーをあびます。

 

 

その後、この椅子で休憩し、水分補給をして、いざ、ハマムの中へ。

 

 

(3) ハマム体験(全身をヴェニークで叩かれる)

さて、いよいよハマムの中に入ります。これは、部屋が熱される前にとった写真。施術を受ける際はミストサウナ状態になります。

 

熱気でもわーんとしたお部屋の中、この真ん中の狭いところに、2人並んで寝るのです。まずは全身スクラブ。蜂蜜と塩のスクラブと言っていたような気がする。

 

 

15分ほどのスクラブの後は、ハマムから出てシャワーを浴びます。

 

 

水分補給。この後、またハマムに入り、泥パック→またシャワー→水分補給とちょっと忙しい感じ。

 

 

またハマムに入り、ヴェニークというオークとユーカリの葉で出来た葉っぱの束(↑)で全身を叩かれます。

 

まずは足からバシッバシッと始まり、驚いているうちに全身へ。葉っぱからはとても良い香りがするのだけが救いだったかな・・・。10分ほどバシバシされた後は、デトックス効果をより高めるために、ハマムに15分ほど滞在。暑い・・・

 

ヴェニークで叩かれるのは痛い?

ちなみに、ヴェニークで叩かれる際は、我慢できないほどの痛みではないです。まさに葉っぱで肌を叩く痛みで、ぴりっとした感じ。

 

私は痛みより、「肌があれたらどうしよう・・」と不安になりました。結果、私は全く肌荒れもなかったのですが、敏感肌の方はやめた方が良いかもしれません。

 

ヴェニークで全身を叩かれた後は、顔からつま先まで葉っぱがべっちょりついていて、葉っぱ人間みたいな姿に・・・( ;∀;)

 

 

シャワーで葉っぱを落とした後は、梨のような味がする甘さ控えめのドリンクで水分補給。

 

シャワーを浴びている間にドリンクが容易されていたり、その都度バスタオルを準備していてくれたり、と至れり尽くせりです。

 

 

その後、1時間のボディマッサージを普通のお部屋で受けます。

 

この間、一切Banyaスパハウスから移動はしていなく、全てスパハウスで完結するので楽です。

 

ただし、お風呂→シャワー→スクラブ→シャワー→泥パック→シャワー→ヴェニークばしばし→シャワーと、振り返って考えると、とにかくシャワーを浴びていた気がする。。

 

 

ボディマッサージの後は、ジンジャーティーと、なんだかとっても美味しいスイーツ。バターのようななめらかさに、オーツのようなものが入ってる。

 

 

スパハウスでの半日プログラムには、ランチも含まれています。ランチはレストランでも可能ですし、スパハウスでのランチも可能。

 

メニューからそれぞれ食べたいものを選び、しばらくプールで遊んだり、ベッドに寝ながらのんびりランチを待ちます。

 

 

プライバシーがありつつ、日も当たる素敵なプール。次回アマノイに泊まるなら、マウンテンプールヴィラもいいなぁ!

 

 

(4) スパハウスでのランチ

スパハウスでのランチです。せっかくデトックスをしたのだから、と私はヘルシーなベジタリアンメニューにしてみました。

 

 

私は野菜スープと、

 

 

揚げ豆腐のサラダ。どちらもとっても美味しかったです。

 

特に揚げ豆腐が美味しくて、ベトナムでこんなに美味しい、滑らかな豆腐が食べられるなんて!と驚きました。

 

 

対して夫はピザ(デトックスの意味・・・)と、

 

 

モッツァレラチーズとトマトのサラダを頼んでいました。ヴェニークが衝撃的でお腹がすいたそうです。

 

 

グリーンスムージー。アボカドが入っているのかな、とっても濃厚で美味しかった記憶があります。

 

 

感想

予備知識なくこのウェルネスプログラムを受けたため、シャワーを何回も浴びたり、立って歩いたりと、目まぐるしいなという印象だけ残りました。

 

普通のスパでリラックスをしたい方にはおすすめしませんが、ロシア式のハマムスパを体験してみたい!という方なら、楽しめるかもしれません。金額も2人でVND18,000++/一人の場合はVND95,000++と高額なので・・・

 

アマノイにはこのようなスパハウスでのプログラムの他にも、いわゆる普通のスパ施設もあり、そちらも今回受けてみたので、また次回レビューを書きたいと思います。

 

続き→ヴァローナのチョコアイスクリーム
前回→シュノーケリング

コメント