カタール航空 A380-800 ビジネスクラス搭乗記【バンコク⇔ドーハ】

f:id:mia-travelista:20180327095918j:plain
12-1月に訪れたケニアへは、カタール航空を利用しました。

 

シンガポール在住なので、本来ならシンガポール⇔カタールと飛べば良いものの・・・どうしてもA380に乗ってみたくて、わざわざ近くのバンコクまで飛び、そこから乗るという手間をかけてみました。

 

※このブログを書いている現時点で、カタール航空A380のアジア就航路線はバンコク、広州のみです。

 

 

(1) A380ビジネスクラス座席

f:id:mia-travelista:20180327095922j:plain
初めてのA380・カタール航空!

 

気になる?アブレストは1-2-1。最近のビジネスクラスはほとんど1-2-1なので、二人旅だとほとんど真ん中の席ばかりです。

 

かと言って窓側が2だとしても、お手洗いとか行く時不便なんですよね。

 

どうやらエミレーツが、真ん中の2にも外の景色が見れるスクリーンか何かを付けるとか?なんだかそんな噂をちらっと聞きました(←不確か)

 

 

f:id:mia-travelista:20180327095926j:plain
ちなみに、真ん中の席の間には仕切りがあり、上げることもできるので、一人旅、二人旅どちらにも対応できるシートです。

 

アメニティはちらっとうつっているBRICSのポーチ。女性には黄色、ブラウン、男性にはネイビーでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327095931j:plain
スクリーンは大きめです。高さもちょうど良いので、首が疲れません。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327095935j:plain
靴をしまう場所。座席下に靴を置くタイプだと、いつも靴が行方不明になるので・・・私だけ?

 

こうやってしまえるのは本当に有難いです。その他、シートの作りは基本的にすべてB788と一緒に感じました。

 

カタール航空 B788 ビジネスクラス搭乗記【ドーハ⇔ナイロビ】
ケニアを訪れた際、カタール航空を利用したのですが、日本から飛ぶのではなく、バンコクからわざわざ飛びました。 今回は、ドーハ⇔ナイロビ線で乗った、カタール航空B788のレビューです。 (1) バンコクから飛んだ理由...

 

 

f:id:mia-travelista:20180327095939j:plain
広いサイドテーブル。パスポートを置いてみましたので、広さのイメージがつきやすいと思います。

 

離着陸時以外は、ここに本、ポーチなどさっと置けるのが便利です。これも通路側じゃなくて真ん中側にあるので、また安心ですよね。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327095943j:plain
もう一つのサイドテーブル&シートコントローラー。テーブルが広くてとても便利。開放感もあって良し。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327095947j:plain
ペットボトルホルダー。

 

ビジネスクラスメニューの冊子も綺麗です。中東系エアラインは、こういう細かいところにもお金をかけているなぁと感じます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327100000j:plain
オットマン。高さがあるので、足をぶつけにくいです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327100004j:plain
収納も広々でポーチ、カメラが余裕で入るので嬉しい。財布とかしまっておけるので、防犯上も安心です。

 

 

(2) アメニティのパジャマ類

f:id:mia-travelista:20180327095951j:plain
アメニティのパジャマはThe White Company。持ち帰りOKです。往路共に渡されましたが、そんなに可愛らしいパジャマではないので、1つで十分かな、と。

 

手触りも悪くはないです。カトリーヌドゥヌアル(CD)やリバティのタナローンなどが好きなので、どこか中東系エアラインがコラボしてくれないかな、なんて思ったり。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327095956j:plain
ふわっふわのブランケットは、コットンベルベッドのような生地。乾燥した機内でも静電気がたたなくて最高。

 

私は羽毛が嫌いなので(生産が残酷すぎてありがたみを全く感じない)、機内ブランケットはコットンや、今回のような綿ビロードが好きです。

 

 

(3) バーエリア

f:id:mia-travelista:20180327100008j:plain
そしてA380といえばのバーエリア。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327100012j:plain
さすが中東系エアラインはシートから全て豪華な作り。広々としたソファもまた良いです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327095918j:plain
バーカウンター。ここでドリンク&ちょっとしたスナックをもらうこともできます。

 

ちょっと前にエティハドのA380も乗ったのですが・・・・バーってなかなか利用する機会がないです。飛行機が揺れている時は利用できないし、座席の方が落ち着くし・・・・

 

たまーに、話し込んでいるビジネスマンは見かけますが、座席にいる人の方が多いのですよね。航空会社としては、コストかけてバーを作る意味があるのかなぁ?なんて考えてしまったり。

 

エティハド航空 バー付きのA380-800 ビジネスクラス搭乗記【アブダビ→パリ】
念願のエティハド航空A380-800に乗ってきました。エティハドのA380-800といえば、ファーストクラスのさらに上のクラス、レジデンスクラスがある機材です。 この機材が飛んでいるのは、アブダビ-ニューヨーク、ロンドンなど限られ...

 

 

(4) 機内食

f:id:mia-travelista:20180327100015j:plain
気になるカタール航空の機内食は・・・・個人的に味付けが濃くてあまり好みではなかったのですが、機内食でパンケーキを食べれたのは嬉しかったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802134726j:plain
行きだけ食べましたが、帰りはスイーツ+スムージーだけとかにした気が。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802134716j:plain
夫はしっかり食べていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802134723j:plain

 

f:id:mia-travelista:20180623193941j:plain
朝ご飯はヘルシーなメニューを選べるのも良し。機内食の写真・・・相変わらずあまり撮れません。そもそも夫が食事中に写真を撮るのが嫌いな人なのもあるし、私も面倒くさがりなのでどうも・・・・(;´Д`)

 

 

(5) 感想

f:id:mia-travelista:20180623193944j:plain
カタール航空のB788ビジネスクラス搭乗記でも書いた通り、カタール航空は、サービス、清潔さ、何をとっても素晴らしかったです。

 

CAの方も日本のようにすごく丁寧&べったりな感じではなく、さらっとしていて、でも必要な時にさっとあらわれる・・・わざとらしくなく自然体な笑顔&サービスでとっても心地よかったです。

 

中東系エアラインは大好きで、カタール、エミレーツ、エティハド、オマーンと乗りましたが、カタール航空がダントツで好きです。

 

またアフリカを訪れる際は、絶対利用したいと思っています。むしろ、ヨーロッパを訪れる際も利用しても楽しいと思います。何より、欧州系エアラインに比べてストも少ない。

コメント