特別ディナー 『ラム肉のシークケバブ』 by エグゼクティブスーシェフ Girish氏

海外アフタヌーンティー&食事絶景リゾート&カフェジョアリ・ビーイング

モルディブで、ちょっと変わったアートの才能に目覚めた後は、5日目のディナーへと向かいます。

 

 

 

この日のディナーは、エグゼクティブシェフ・リチャード氏が、メニューにはない特別ディナーをアレンジしてくれている日です(詳細はこちら

 

これは私たちが特別とか、そういったことでは全くなく。

 

 

ジョアリビーイングでは5泊以上するゲストに対し、リゾート内のレストランでは飽きるかも・・・という配慮で、メニューにないCuisineもアレンジしてくれるのだそう。

 

とはいえ、こればかりはその時の稼働率にもよって変わると思うので、ご参考程度に。

 

 

日が暮れた後の島の中をバギーで、風がとっても気持ち良いです。

 

昼間の強烈な日差しも大好きだけれど、日が暮れた後の静かな感じもまた好き。むしろモルディブで嫌な瞬間なんて、1秒もないよね(帰る時くらいかな)

 

 

毎日絶対にかかすことなく、バギーからわざわざ降りてレストラン中までアテンドし、スタッフに引き継いでくれるナッビィ。

 

何度もブログにあげてるので、もうしつこいよ!と思われるかもしれませんが、私としてはこれが本当に感動したのです。

 

 

メインレストランのFlowの屋外席は、サンドカーペット。

 

 

今日も一番前の、景色が良い席です。

 

いつも早くディナーに行くからか、ほぼ毎回この席に通してもらえました。

 

 

日が暮れた後の砂は、ひんやりして非常に気持ち良い。

 

 

後ろ側はこんな感じ。

 

 

本日のブースタードリンクは、マンゴーとジンジャーと言っていました。ぴりっとしていて美味しい!

 

 

そして飲み物はビール・・・?いえいえ、

 

 

heapsという、オーストラリアブランドのノンアルコールビール。

 

お酒が得意ではないし、ビールは苦くて飲めない私ですが、こちらは非常に飲みやすかったです。

 

 

メインはエグゼクティブシェフのリチャード氏に、「お肉、インド料理」でお任せしましたが、前菜は自分で選びました。

 

私はチキンとココナッツのスープを。ココナッツ好きにはたまらない濃厚なクリーミーさでした!

 

 

夫は和牛のカルパッチョを。感動するほど美味しい、離島とは思えないと言っていました。

 

 

さてここからメインが登場しますが、私たちが訪れた際のジョアリビーイングは、

  • エグゼクティブシェフのリチャード氏
  • エグゼクティブスーシェフのギリシュ氏

が二大巨頭として、キッチンを総括されていました。

 

リチャード氏の経歴は以前のブログで書いているので割愛しますが、ギリシュ氏はヴェラープライベートアイランドでもエグゼクティブスーシェフを担当されていたそう。

 

 

 

特別ディナーのメニューを決める際、リチャード氏が色々と相談に乗ってくれて、「今、ジョアリビーイングにいるシェフはインド料理担当、タイ料理担当・・・」などなど色々と教えてくれ、せっかくなのでお肉・インド料理が良いな、と。

 

軽い気持ちでお願いしたのですが、なんと!

 

 

Girish氏が自ら「ラム肉のシークケバブ」を作ってくださいました!

 

ギリシュ氏が自らお料理の説明もしてくれたのですが、これがまたすごい気遣いだな~と思ったのが、メインを出した時の説明はさっと軽く必要最低限だったこと。

 

これはきっと、お料理が冷めないようにという配慮だったと思うんです。

 

 

 

なので最初にお料理を説明してくれた時は、自己紹介とかもなくて、普通のシェフ(上手な言い方が見つからないのですが)だと思っていたんです(*´з`)

 

お料理を食べる前に、「エグゼクティブスーシェフを担当しております・・・」なんて自己紹介されたら、えぇ~!?なんでわざわざそんな方が・・・?となっちゃうし。

 

 

お料理を食べ始めて、10分もたたない絶妙なタイミングで、「いかがですか?」と再度席まで来てくれてびっくり!

 

そこで初めてちゃんと挨拶をしてくれて、エグゼクティブスーシェフが自ら作ってくれた、ということを知りました。本当にびっくりしました。

 

繰り返し言いますが、これは私たちが特別とかそういうことでは一切なく、本当におもてなしがずば抜けて素晴らしいリゾートなのです!!

 

 

ナンはもちろん、タンドールでちゃんと焼かれています。パリッパリッなのに柔らかさもあり、

 

 

ラムもクセが一切なくて、夫は一品一品全てに感動していました。

 

 

私は和牛を。いつも同じことを言っていますが、非常に美味しかったです。

 

お野菜もエディブルフラワーも華やかで、見ているだけでも楽しい(食べるけど)

 

 

お口直しのソルベ。

 

 

デザート・・・確か、ヴィーガンチョコレートとか言っていた気が。美味しかったはずなのに、びっくりするくらい何だったか覚えてない

 

明日たくさん泳ぐから・・・と言い訳して、この日はデザートまで頂いちゃいました。ハーフボードだと前菜・メイン・デザートと頼めるので、ついつい頼んでしまう。

 

 

 

ジョアリビーイングでは、ゲストに良い睡眠をとって欲しい・・・ということで、カフェインが入ったターンダウンのスイーツなどはないそうです。

 

しかしデザートメニューにはティラミスなどカフェイン入りのものもいくつかあり、大丈夫な方はどうぞ・・・というスタンスでした。

 

 

夫が食べていたデザート。

 

お腹も心も満たされた素晴らしいディナーでした!

 

この後はヴィラに・・・と、いつもは戻って寝てしまう私ですが、この日は波辺での焚火メディテーションプログラムを予約しています。

 

続き→焚火メディテーション
前回→モルディブでアート体験

 

コメント

  1. NB より:

    Miaさん、こんにちは。

    ジョアリビーイング、ほんと、心遣い、おもてなしが完璧なリゾートですね。
    いいですね~
    サービスのプロではないシェフも、とてもスマートな対応。素敵です。

    バギーで、レストランに向かう時の、桟橋からの、島と夕暮れの空と雲の写真と島内の小道、雰囲気出ています。
    ディナーに行く前の静けさと高揚感が伝わってきます。

    Miaさんは、いつも、少し早めのディナー時間なので、まだ明るく、空や海が暗くなる前のこの景色を見ながら、お食事が始まって行く、素敵な時間ですね。
    flowの屋外席に、気持ちの良い風が流れていそうです。

    • Mia Mia より:

      NBさん、こんばんは。

      「サービスのプロではないシェフ・・・」確かに仰る通りです!
      NBさんに言われるまで気が付きませんでしたが、改めて考えると本当に素晴らしいスタッフがそろっているな、と思いました。

      バギーからの写真、そう言って頂けて嬉しいです。ありがとうございます。
      少しでも走っている感じや、空気感をお届けしたくて選んでみました⁎ᵕᴗᵕ⁎

      サンセット~夕日が沈んだ後の空の色~濃い藍色の空~星空・・・と全て好きなので、お気づきのとおりディナーはいつも早い時間から開始し、全部の空を楽しむよくばり作戦です(*´з`)

      Flowは風も気持ちよく、またリゾート建設後にちゃんと移植しなおしたという小さなヤシの木もあり、見ているだけで愛おしくなりました。

  2. miko より:

    MIaさん、この日のディナーも素敵。満喫しっぱなしですね。
    それに私も感動してますバトラーの毎回のアテンド。素晴らしいです。ワクワクします。半年後の計画が・・
    お食事の状況も手に取るように表現して頂けるので、まるで一緒に頂いている気になってます。エグゼクティブシェフといい、エグゼクティブスーシェフの気遣いの深いおもてなし、もう最高!

    焚火メディテーションプログラムもあるんですね。
    2か月以上後ですが、お誕生日に予定している1泊でのステイのお気に入りホテルも、夕方に毎日(雨天以外)焚火を囲んでのひと時を楽しめるんですよ。お天気がいいといいなと思ってるんです。

    モルディブでの焚火プログラムも素敵でしょうね。夜空には満天の星、ビーチに打ち寄せる波の音、想像してしまいました。

    • Mia Mia より:

      mikoさん、こんばんは。

      半年後のジョアリビーイングとミライドゥ、わくわくですよね(私も勝手に、一緒にわくわくしております)

      でもその前に、お誕生日のご旅行でしたね。しかも焚火を囲んでのひと時ですか、素敵~!

      今回はメディテーションだったので、食べ物も飲み物も出てきませんでしたが、日本だとマシュマロとかお酒とか出てきたりして・・・(と、すぐ食べ物のことを考えちゃいました)

      ジョアリビーイングでの「焚火」は、想像とはちょっと違ったものでしたが、途中ぱらっと雨が降ったのが印象に残っています。

      いつも「美味しい」しか書けない語彙力のない私ですが、そう言って頂けるとすごく嬉しいです(*^^*)ありがとうございます。