シックスセンシズでのチェックアウト~シンガポールまでの帰路

f:id:mia-travelista:20200205093712j:plain
シックスセンシズニンヴァンベイ旅行記も最後となりました。まだ書いていないことも結構あるのですが、私の中でSix Senses Ninh Van Bayはちょっとハズレリゾートだったため、どうしても旅行記がすすまず・・・、面倒なのでもう、最終日のチェックアウトについて書き、終わりとしたいと思います(´ー`)

 

 

最終日の前日

 

前日の夕方までには、翌日のリゾート出発時間をお知らせしますと言われましたが、いっこうに案内がなく・・・こちらから数回電話をするものの、担当者不在で折り返しますと。しかし、夜の22時を過ぎても折り返しもなく、仕方なく寝ました。

 

 

翌日の朝も、バトラーもつかまらず、受付に出発時間をきいても誰も分からず・・・。やっと情報が入ってきたのは朝の10時過ぎでした。出発は14時半頃と案内されましたが、「お部屋は12時に出てください」と。

 

朝ご飯は食べてしまったし、冷房のきいたレストランも一切ないリゾートなので、どこで待とう?というちょっと微妙な2時間半です。

 

 

せめて、1時間プラスして13時のレイトチェックアウトが可能かきいてもNo。追加料金でも良いので使えますか?ときいたところ、2時間で150,000円(!!)なら可能と言われ、諦めました。

 

以前訪れたシックスセンシズコンダオは、出発時間は前日までに教えてもらえたので、次の日の予定もたてやすく、また出発までの2時間ほど、追加料金なしでヴィラを使わせてもらえました。同じリゾートなのに、差があるのはちょっと残念。

 

 

f:id:mia-travelista:20200217153157j:plain
さて、12時前には荷物のピックアップが来たので、予定通り12時にお部屋を出てチェックアウトをしました。

 

すると、「出発までWaitingスペースでお待ちください」と言われ、お部屋に案内されたけれど・・・これがまたソファにクモの巣がはっていたり、フンがあったり、お部屋がカビくさかったり、湿気もすごくて・・・。

 

 

ここで2時間近く待つのはちょっとな、と思い、外にお散歩に行ったところ、突然バトラーが迎えにきて、「では、今から出発です。」と。えっ??まだ12時半なのに。

 

 

「出発は14時半ではなくなったのですか?」ときいたところ、「プランが変わって、今から(12時半)出発です」と。なので、急いで歩いて船着場に向かいました。

 

 

しばらく船着場近く(冷房なしの暑いところ)で待つものの、一向に出発せず。15分くらい待たされた後、「出発はやはり、今から1時間後になりました」と(゜-゜)

 

 

f:id:mia-travelista:20200217210316j:plain
迎えに来られたから出たのに・・・(´з`)。仕方なく、リゾート内をうろうろ。

 

 

f:id:mia-travelista:20200217210319j:plain
うろうろ、うろうろ。カフェまで行くには面倒なので、45分ほど、汗をかきながらさまよってみました。

 

清掃にはだいぶ問題のあるリゾートですが、リゾートのスタッフたちは皆親切だし、嫌な思いはあまりしませんでした(清潔度をのぞき)。

 

ただし、だいぶ(かなり)のんびりしているので、洗練されたテキパキリゾートを求める方には合わないかもしれません。

 

 

f:id:mia-travelista:20191225104040j:plain
やっと出発で、行きも帰りも同じボートでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20200217153200j:plain
ニャチャンのリゾートラウンジ(ボートポイント)に着き、お手洗いだけ利用させてもらい、すぐに車で出発です。

 

 

f:id:mia-travelista:20200217153203j:plain
お水が用意されていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20200217153206j:plain
以前も書きましたが、ニャチャン⇔シックスセンシズまでのトランスファー料金は、プライベートカー&プライベートボートで一人約40,000円/往復です。他ゲストとのシェアの場合は一人約15,000円/往復だったと思います。

 

車はプライベート、ボートはシェアというのもできるようです。

 

 

f:id:mia-travelista:20200217153153j:plain
そして・・・ニャチャンの空港にはリゾートラウンジがありませんので、ベトナム航空国内線エコノミー利用だと、一般エリアで待つようになります。

 

ベトナム航空ビジネスクラス、ベトナム航空の上級会員だとラウンジが利用できますが、スカイチームエリートプラスでは利用不可でした。

 

金額にあまり差はなかったので、国内線ビジネスクラスにすれば良かったかな、とちょっと思いました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191225104110j:plain
行きと同じ。

 

ちなみに、シンガポール→ホーチミン→ニャチャンの接続はけっこう微妙なので、今回は先にホーチミン滞在を入れました。帰りは、ニャチャン→ホーチミン→シンガポールとスムーズに帰れます。

 

 

f:id:mia-travelista:20190812122038j:plain
ニャチャンからホーチミンまで国内線で移動し、国際線へ。

 

タンソンニャット空港のラウンジは、以前訪れた時と全く変わらず。ホーチミンの方が経済発展している(らしい)割には、空港や街並みはハノイの方が綺麗に感じます。

 

 

f:id:mia-travelista:20200217153211j:plain
シンガポールまでの帰りのフライトは、以前も書いたとおりシンガポール航空のSQ183便です。搭乗記はこちら

 

 

f:id:mia-travelista:20200217153214j:plain
オレンジジュースをもらい。

 

 

f:id:mia-travelista:20200217153225j:plain

 

f:id:mia-travelista:20200217153221j:plain
機内食を食べて、シンガポールへと帰ったのでした。

 

上2枚の写真は、既にシンガポール航空ビジネスクラス搭乗機でも書いた、帰りの機内食です。行きの機内食なども、同じブログでまとめて書いています。

 

今回のシックスセンシズニンヴァンベイへは、ホーチミンで乗り継ぎをしたのですが(ハノイ経由はシンガポールからだと遠回り)、ホーチミンでも1週間ほど滞在しました。宿泊したのは、以前訪れて感動したザ・レヴェリーです。


シックスセンシズニンヴァンベイ旅行記を最初から→こちら
前回→カクテルパーティー

コメント