シルクエアー B737-800 ビジネスクラス搭乗記【シンガポール⇔ジョグジャカルタ】

f:id:mia-travelista:20190506112349j:plain
4月のアマンジウォ@ジャワ島へは、シンガポールからシルクエアーを利用しました。

 

シンガポール在住とはいえ、なかなかシルクエアーの利用は少ない(というより避けている)のです。というのも、シルクエアーは値段の割にそこまで機材が良いわけでもないし、コスパを考えるとどうも避けがち。

 

とはいえ、シンガポール⇔ジョグジャカルタはSQ便がないため、今回シルクエアーを利用をしたのでした。ということで、いつものごとく、行きと帰りの路線の写真が混ざっていますが、ご了承ください。


 

(1) ビジネスクラス座席

f:id:mia-travelista:20190506112433j:plain
ジョグジャカルタ線へ利用されている、シルクエアー機材はB737-800。ビジネスクラスアブレストは2-2です。

 

ちなみにシンガポール⇔アディスチプト空港(ジョグジャカルタ)間は、SQで予約をしてもシルクエアー運航便となります。

 

今回利用したのは行き:SQ5152(MI152)、帰り:SQ5151(MI151)。シルクエアーのB737-800は、問題のあるB737MAXとはまた違うシリーズのようです。←多分。

 

 


足元はやや広め。収納はなく、シートポケットのみとなりますが、2時間弱のフライトなので特に不便はなく。あっ、アマンジウォでもらった帽子がつぶれている(;´Д`)

 

 

f:id:mia-travelista:20190506112445j:plain
リクライニングはほぼなしですが、レッグレストがちゃんとついている(手動でパタンと倒すタイプ)ので、あまり疲れません。

 

 

f:id:mia-travelista:20190506112426j:plain
サイドテーブル下に、ユニバーサルコンセント。

 

 

f:id:mia-travelista:20190506112436j:plain
この機材にテレビはついていません。アームレストの下にもないですが、電子パッド&パッドスタンドを貸してもらえます。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802135951j:plain
映画、ドラマなど、そこそこの数が入っていました。時期的に、アベンジャーズ・エンドゲームが見れるかも、なんて期待していましたが、世の中そんなに甘くはありませんでした。

 

 

(2) 機内食

f:id:mia-travelista:20190506112506j:plain
ウェルカムドリンクはオレンジジュース。シャンパンもあったような・・?あまりお酒が飲めないので分からず。

 

サイドテーブルはシェア、比較にパスポート置いてみました。オレンジジュースは一回飲んだ後に写真撮ったので、なんか汚い感じに映ってしまった。。。。食べ物の写真は良く撮り忘れるのです・・

 

 

f:id:mia-travelista:20190802140213j:plain
シルバークリスラウンジでは、機内食が出るからとゼリーだけ食べましたが、

 

 

f:id:mia-travelista:20190506112512j:plain
シルクエアーの機内食が・・・・・(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)。

 

私が食べたオムレツは、卵がふわっとではなく、むにゃっ(゜.゜)としていて、横のポテトがちょっと固く・・・・あまり喜びを感じない味でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190506112515j:plain
クロワッサンはさくっとじゃなく、ふにゃっ(´ー`)と。

 

 

f:id:mia-travelista:20190506112509j:plain
夫が食べたヌードルも、あまり味がしなかったようです。なので、ラウンジでしっかり食べておいた方が良いかも、と思いました。

 

ずっと前に乗った時も、機内食に対して良い印象はなかったのですが、4~5年たった今でもあまり改善していないような・・・・なのにフライト料金はSQと変わらないくらい。

 

するとまた乗りたいとはならなくなってしまう。

 

 

(3) ジョグジャカルタ→シンガポール線

f:id:mia-travelista:20190802135928j:plain
ジョグジャカルタの空港はとても小さく、帰りのフライトは、タラップで搭乗でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802135948j:plain
帰りの路線、夫は機内食を頼んでいましたが、私は頼まず。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802135943j:plain
アマンジウォでちゃんと朝ご飯を食べてきたので、私はカモミール&ハチミツだけをお願いしました。これはとても美味しくてびっくり。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802135954j:plain
帰りは左側の席に座りましたが、シンガポールのCBDが一望できました。本当、シンガポールってコンパクトな都市国家だよね。ちゃんと我が家が見える。

 

シンガポールをこうやって飛行機から見るのもまた新鮮です。

 

 

(4) ジョグジャカルタのラウンジについて

アディスチプト空港のラウンジですが、ラウンジというより小部屋みたいなところです(←小さすぎて人が映るので、写真は撮りませんでした)

 

また、食事もそこまで充実しているわけではないので、リゾートで朝ご飯をしっかり食べて来た方が良いかと思います。空港自体も小さく、お買い物や時間をつぶすところはほとんどないので、空港へはあまり早く着きすぎなくても良いと思います。

 

私たちは、帰りは朝10時15分発のフライト利用(SQ5151シルクエアー)、アマンジウォを朝の7時頃出たので、空港には8時半には到着してしまい・・・だいぶ暇しました。

 

余談ですが、今回のフライトで特に印象に残っているのは、ジョグジャカルタの空港へ到着した際の急ブレーキ。

 

滑走路が短く、着陸してすぐ、ものすごい急ブレーキをかけます。あんな急ブレーキは初めてだったよ。そしてタキシングに入ったところで、滑走路の向こう側が見えましたが・・・・文字通りギリギリでした。あんな急ブレーキで、飛行機に負担はかからないのかなぁ。


続き→プール付き・ボロブドゥールスイート宿泊記
前回→まるで遺跡の中、アマンジウォを歩く

コメント