【宿泊記】ボロブドゥール プールスイート | アマンジウォ(アマンジオ)

f:id:mia-travelista:20190421103735j:plain
アマンジウォでは、プライベートプール付き&ボロブドゥールビューのお部屋、「ボロブドゥールプールスイート」に滞在しました。

 

 

アマンジウォのリゾートマップ、お部屋カテゴリーについてはまとめを作っていますので、↓をご参考にどうぞ。

 

【旅行記】インドネシア アマンジウォ 感想まとめ
インドネシア、ジャワ島に位置するアマン、アマンジウォ(アマンジオ)へ行ってきました。 レストランやお部屋からは世界三大仏教遺跡の一つ、ボロブドゥール遺跡も臨めたり。 アマン好きな方以外にも、遺跡めぐりが好きな方にもおすす...

 

 

(1)ボロブドゥール プールスイート・ヴィラ24

f:id:mia-travelista:20190507191643j:plain
予約リクエストにて、ボロブドゥールプール遺跡が正面に見えるお部屋&田園の目の前をリクエストしたところ、希望通りの24番へ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191716j:plain
ヴィラの敷地内へと入ったところ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191723j:plain
今入ってきたところ。真ん中に置かれた木や柱が目隠しになり、リゾート内を歩く人からは見えないようになっています。

 

 

(2)ヴィラ・アメニティ類

f:id:mia-travelista:20190507191734j:plain
ヴィラの中に入ると、まずはデスクが。机の上に置いてあるのが鍵です。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191930j:plain
Mr&Mrsの意味かな?bapak and ibuと、手書きのお手紙でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191942j:plain
フルーツは毎日違う種類が補充されます。

 

今回はたったの3泊のみでしたが、やはり山だし、私が恐れるけろけろ鳴くやつ(←怖くて名前を言えない)もいるしで、3泊でちょうど良かったです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191937j:plain
こちらも毎日補充されるチップスとクッキー。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191949j:plain
レモングラスの香りがするモスキートローション。これを塗っていたら、一度も蚊にさされませんでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191956j:plain
蚊よけ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192002j:plain
アマンジウォからのプレゼント。

 

この他、帽子、バッグ、ブックマークなども頂きました。帰りにはケーキももらったのに、見事に車の中に忘れてくるという・・・

 

 

(3)ベッドルーム

f:id:mia-travelista:20190507191813j:plain
ベッドは真ん中に配置されていて、周りには4本の柱が。ベッドのリネンはもちろん肌触りが良く。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191820j:plain
ベッドの後ろ側に、シンメトリーでシンク、クローゼット、そしてシャワー、トイレ、バスタブ(アウトドア)があります。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191907j:plain
ベッドの天蓋が高いです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191826j:plain
パゴダの中みたい。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191838j:plain
ベッドからの景色。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507191844j:plain
デイベッドは1台。ここに座ると景色が若干見えなくなるので、一度も利用しませんでした。

 

 

(4)クローゼット&バスルームエリア

f:id:mia-travelista:20190507192032j:plain
ベッドの後ろ側には、クローゼットが。クローゼットは右、左とそれぞれ合計2ヵ所あります。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192039j:plain
シンクもシンメトリーに2ヵ所。

 

シンクの横にはちょっとした棚があるので、ここに歯ブラシなど置けて便利です。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192059j:plain
シンクのお水は毎日4本ずつ補充されます。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192044j:plain
プラボトルではなく、もちろん瓶。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192049j:plain
私は、このような使い捨ての歯ブラシなどは一切使わず、毎回自分のフロス、ソニッケアー、歯磨き粉を持ち歩きます。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192124j:plain
お手洗い。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192141j:plain
シャワー。湯量も全く問題なく、水はけも良いのでストレスフリーです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192149j:plain
ほんのり良い香りのバスタオル。やっぱりここも、アマンのバスタオルのかけ方。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192159j:plain
シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、ボディーローションなどももちろんエコボトル。

 

こういうのが、世界中のリゾート、ホテルで広がればいいのにな。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192206j:plain
バスタブは屋外にあり、ヤモリさんたちが出るので一度も利用せずでした。

 

普通の時にヤモリがいるのは別にいいけれど、無防備(裸)の時に出るのはちょっと怖いのです。

 

 

(5)プライベートプール・テラス

f:id:mia-travelista:20190507192257j:plain
では、テラスへ出てみます。

 

ボロブドゥールプールスイートには、ヴィラ専用のプールがついているので、好きな時にプールに飛び込めます。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192719j:plain
振り返れば山が。

 

私は、夜景やビル群より、自然の景色の方が圧倒されるし、ずっと見ていたいと感じます。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192726j:plain
本当に素敵な景色です。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192729j:plain
プールはちゃんと日が当たるようになっているので、冷たすぎず、ぬるすぎず。

 

4月の気候では心地よく入ることができました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192732j:plain
眼下には水田とあぜ道が広がります。

 

この景色を見ながら、鳥の声をきいたり。久石譲様のSummerをきいたりして過ごしました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192746j:plain
現地で暮らしている方々が稲刈りや代掻きをしているので、実はそこまでプライバシー感は高くないです。

 

かと言って、じろじろ見てくるわけでもなく、笑顔で挨拶してくれたり、とても和やか。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192750j:plain
暑い中、現地の人たちは次の田植えの準備。

 

横では、スズメが藁をくわえて、自分の巣作りのために飛んでいく。

 

私は元から、食べ物を残さない、過剰&残酷に生産されているフォアグラ、フカヒレなどは食べないがモットーです。

 

でもこうやって、お米一粒一粒が出来上がっていくのを見ると、お米一粒さえも貴重なんだよね、と、再認識します。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192802j:plain
日が暮れても綺麗。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192814j:plain
なんだか日本の夏の終わりみたいで、少し寂しいような、懐かしいような、でも明日がまた楽しみな・・・

 

色々混ざった不思議な気持ちになりました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192817j:plain
ブルーモーメント。濃藍色の空。逢魔が時。

 

色んな言い方があるみたいだけれど、やっぱりこういう風景には、濃藍(こいあい)が似合う気がする。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192830j:plain
朝の霧。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192835j:plain
近くのモスクからは、アザーンが。寺院とアザーンって不思議な組み合わせです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190507192757j:plain
朝から夜までとにかくゆったり過ごせる、アマンジウォなのでした。



続き→ヴィラでインドネシア料理ディナー
前回→シンガポール⇔ジョグジャカルタ・SQビジネスクラス搭乗記

 

コメント