イチオシ!最高のイタリアン 『R&J ロミオ&ジュリエット』 @ホーチミン

f:id:mia-travelista:20191002190433j:plain
ホーチミンのレヴェリー(レベリー)サイゴンに入っている、Romeo & Juliet(ロミオ&ジュリエット)というイタリアンレストランへ行ってきました。

 

 

(1) ザ・レヴェリーサイゴンホテルの場所

R&Jが入っているレヴェリーはドンコイ通りの近く。空港からは車で約30分程度です。

 

 

(2) R&Jの雰囲気&コース金額

f:id:mia-travelista:20191002190439j:plain
レヴェリーの地下にロミオ&ジュリエットは入っています。

 

店内はそこまで広くないのですが、座席のレイアウトはゆったりしていて、くつろげます。

 

 

コース料金について

コースメニューは一人、VND1088,000++(約6,000円弱)/5コース

 

 

私たちはレヴェリーに宿泊したので、予約はコンシェルジュへの電話一本でOKでした。

 

宿泊客以外もレヴェリーHPから予約できるので、ホーチミンでのプチ贅沢なディナーを探しているなら、是非おすすめ。

 

 

f:id:mia-travelista:20191002190450j:plain
今回はこんなブースのテーブルを利用させてもらえました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191002190416j:plain
雰囲気、食材の質、サービス、美味しさを考えるととてもお得なレストランだな、と思います。

 

コースは、ロミオ5コース、ジュリエット5コースから選ぶことが可能。

 

アラカルトメニューもありまして、パスタ類が1,500円~、メインは2,500円~くらいからあったような気がします。

 

お酒が飲めないので試しませんでしたが、ワインペアリングだとVND2388,000++というのもありました。

 

こちらのR&Jウェブサイトにメニューが載っているので、気になる方はご参考にどうぞ。

 

 

(3) ROMEO & JULIET 5コース内容

f:id:mia-travelista:20191002191450j:plain
夫はRomeoコース、私はJulietコースを頼みました。

 

まずはアンティパスト。マグロのクリームチーズ乗せ(だったはず)

 

 

f:id:mia-travelista:20191002194201j:plain
私はあまりお酒が飲めないので、スイカジュースを。

 

 

f:id:mia-travelista:20191002191107j:plain
パン。レヴェリーのパンは本当に美味しい!特に赤色のが美味しかったです。

 

 

前菜

f:id:mia-travelista:20191002181746j:plain
Romeo→鴨胸肉のスモーク。真ん中のはフォアグラ&チェリーです。

 

私は自らフォアグラは食べないので(チョイスがない場合は、感謝して頂きます)、今回はジュリエットコースにしたのでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20191002191813j:plain
Juliet→ハタのソテー、キャビア沿え。

 

出てきてしまったので、感謝して頂きましたが、キャビアやフカヒレなど、昭和のメディアによってもてはやされたようなものには、全く魅力を感じないんです。

 

 

 

鶏も豚も、動物を殺しているのは一緒じゃんという考えにはなれず。

 

かと言って、あれはダメ、これはダメと考えているわけでもなく。

 

生産方法を理解した上で、それでも自分が美味しいと感じ、納得できるものは感謝して頂く。

 

広告のすりこみで、高級=良い!と安易に流されず、納得できないものは食べない、のがポリシーです。

 

 

f:id:mia-travelista:20191002191825j:plain
このお皿も、綺麗な盛り付けも素敵。このお皿欲しいけど高いんだろうな。。。

 

 

スープ

f:id:mia-travelista:20191002183322j:plain
Romeo→牡蠣のスープ、フェンネル(ハーブ)とイクラが入っています。

 

旨味が凝縮されていて美味しい、と夫が絶賛していました。

 

 

f:id:mia-travelista:20191002193339j:plain
Juliet→カンパーナモッツァレラチーズ、温泉卵入りのトマトスープ。これもすごく美味しい。

 

 

プリモ・ピアット

f:id:mia-travelista:20191002200013j:plain
Romeo→ナポリ風牛肉の煮込みソース&パスタ。わざわざ目の前で、ソースをあえてくれます。

 

 

f:id:mia-travelista:20191002190035j:plain
夫いわく、これが一番美味しかったそうです。

 

NAPOLETANOというメニューで、アラカルトでもあるとのこと。

 

 

f:id:mia-travelista:20191002200005j:plain
Juliet→ラビオリ。フリアリエッリという葉、ガーリックチリ、卵であえたものです。

 

これはまぁまぁだったかな。夫のナポリターノが美味しそうで羨ましかったです。

 

 

セコンド・ピアット

f:id:mia-travelista:20191002193315j:plain
Romeo→Catch of the dayの魚。これはまぁまぁ美味しかったそうです。

 

 

f:id:mia-travelista:20191002203337j:plain
Juliet→和牛ステーキ。部位をきくのを忘れてしまったのですが、ほほ肉のように感じました。

 

柔らかくあっさりとしていて美味しかったです。紫芋、スプリングトリュフ、ポルチーニ茸あえ。

 

 

ドルチェ

f:id:mia-travelista:20191002195820j:plain
Romeo→レモンムース、ストロベリーアイスクリーム、スポンジケーキと盛沢山!

 

 

f:id:mia-travelista:20191002205826j:plain
Juliet→ジュリエットコースのデザートはピスタチオアイスクリーム、下の部分はバジル風味のスポンジケーキでした。

 

さっぱりしていて美味しい!

 

 

f:id:mia-travelista:20191002205732j:plain
デザートと一緒に、モクテルを頼んでみました。パッションベリースノーと、

 

 

f:id:mia-travelista:20191002195855j:plain
ミステリーナイト(クランベリージュース)

 

これがまた美味しいのだけれど、実はデザートでコースメニューが終わりではなく、モクテルを頼んだことを後悔することに。

 

 

さらなるデザートが!

f:id:mia-travelista:20191002210230j:plain
美味しいコース料理に満足し、デザートも頂き上機嫌でいたら、何やらカートががらがらとひかれてきて・・・

 

??と思っていると、なんと、

 

 

f:id:mia-travelista:20191002210321j:plain
目の前でティラミスを作り始めた!!!!

 

ほどよくお腹いっぱいだけれど、なんとも美味しそうなマスカルポーネの香りにつられてしまい・・・

 

デザートを頂いた後に、さらにティラミスというものすごいサービス!

 

 

f:id:mia-travelista:20191002210937j:plain
相変わらず、センスのない写真の撮り方ですが・・・とっても美味しかったです。

 

 

そして更に・・・!

f:id:mia-travelista:20191002202441j:plain
もうダメだ、このままパンクして宇宙まで飛べそう・・ってくらいお腹いっぱいなのに、またカートががらがらきた(*´Д`)

 

 

f:id:mia-travelista:20191002202451j:plain
高カカオチョコとドライフルーツ。なんともまた美味しそうな・・・

 

 

f:id:mia-travelista:20191002202659j:plain
さすがにお腹いっぱいだったので、私はもらわず夫の分だけもらいました。

 

どれもとても美味しかったそうです。

 

 

余談ですが、あまりにも次々にサービスが出てくるので、以前乗ったキャセイ航空を思い出しました。

 

CAの方の一人が、私がお腹を空かせているように見えたのか(?)、メイン料理の後にチーズ&フルーツ→チーズケーキと持ってきてくれて・・・。

 

食べ終わった後も、アイスを更に持ってきてくれ、ポテトチップスを持ってきてくれ、チョコレートを持ってきてくれ・・・

 

 

夫も周りの人もきかれないのに、何故か私だけ「いりますか?」と次々にきかれたんです・・・

 

「もうお腹いっぱいなので、いりません・・・」と伝えた後も、ポテトチップスもう一袋入りますか?ケーキ余っていますよ?、と来てくれたり。

 

どれだけお腹を空かせているように見えたんだろう・・・と今でも疑問です。

 

キャセイ航空 A340-300・ビジネスクラス搭乗記【香港⇔オークランド】
キャセイのビジネスクラス、機材A340-300(343/34J)。ヘリンボーン配列の乗り心地や、どの席が良いかなどまとめてみます。 (1) ヘリンボーン配列では右側がオススメ ヘリンボーン配列とは、魚の骨みたいに配列...

 

 

(4) 感想

お食事については、全てが美味しいというわけではありませんでしたが、何よりサービスの質が高いです。

 

海外のファインダイニングあるあるの、ドリンクサーブは呼ばないとこない、というのが一切なく、お料理ごとのテーブルセットもスムーズで素敵でした。

 

 

一人10,000円以下(ドリンク含め)で5コースという名の7コースくらいのサービス、お料理の質、接客、レストランの雰囲気を考えると、とてもコスパが良く感じました。

 

シンガポールでこの豪華な調度品、接客を受けようと思ったら、5倍以上はかかるだろうし、バンコク、クアラルンプールでももっとするんじゃないかなぁ、と。

 

 

お客さんも結構入っているので、食材の回転率も良いはずだし、私としてはかなりおすすめです。

 

 

(5) ドレスコード・予約方法

ドレスコード

スマートカジュアルとありますが、男性のサンダル&ハーフパンツはダメです。

 

女性はカクテルドレスでも問題ないくらい、ドレスアップしている人が多かったです。

 

夫はロングシャツにジャケット、私はパーティードレスで行きました。

 

ファインダイニングに入る部類ですが、お料理の写真もOKと言われましたし、豪華ながらも殺伐とした雰囲気ではなく、リラックスして楽しめるレストランだと思います。

 

 

予約方法

レヴェリーの宿泊客は、コンシェルジュへの電話でOK。

 

宿泊客以外は、レストランのHP、下の方にあるメールアドレスへの送信で大丈夫かと。

 

オープン時間は夕方18時~22時まで、ランチ営業はなしです(2019年10月時点)



続き→レヴェリークラブラウンジでのアフタヌーンティー
前回→レヴェリーのクラブラウンジでアペリティフ

コメント