キャセイ航空 A340-300・ビジネスクラス搭乗記【香港⇔オークランド】

f:id:mia-travelista:20180325120001j:plain
キャセイのビジネスクラス、機材A340-300(343/34J)。ヘリンボーン配列の乗り心地や、どの席が良いかなどまとめてみます。

 

 

(1) ヘリンボーン配列では右側がオススメ

f:id:mia-travelista:20180325120155j:plain
ヘリンボーン配列とは、魚の骨みたいに配列されたシートで、こんなふうになっています。

 

1-1-1となっていますが、左の1列、真ん中の1列はお互い向き合ってます。

 

反対に、右の1列はパーテーションで区切られているので、右側の列の方がプライバシーがあって良いと思います。

 

 

(2) 座席

f:id:mia-travelista:20180325115932j:plain
こちらがシートです。横幅が狭そう・・・に見えますよね?

 

もちろん、他のCクラスシートに比べれば狭いですが思ったほど狭くないです。何よりフルフラットになるので有難いです。

 

ただし、窓が背中部分になるので、開け閉めのために体をひねるのは大変でした。搭乗前に柔軟体操をおすすめします(←)

 

 

f:id:mia-travelista:20180325120004j:plain
サイドテーブルはちょっと小さめ。

 

 

f:id:mia-travelista:20200505150157j:plain
シートはフルフラットになります。ヘリンボーン配列でとても良かったのは、離陸・着陸前でも足を伸ばしておけるところ。

 

ただし縦幅は、185cm以上の背の高い人だと足がはみ出すので、窮屈に感じるかも・・・?

 

 

f:id:mia-travelista:20180325120012j:plain
シートコントロールやコンセント差し込み口は、フルフラットで寝ていても手が届き便利です。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325120015j:plain
ただ、テーブルを出したりしまったりするのに、いちいちTVスクリーンもしまわないといけません・・・

 

わがままを言えば、ここはちょっと不便でした。

 

 

(3) 機内食&アメニティ

f:id:mia-travelista:20180325115922j:plain
キャセイの機内食は、中華より洋食の方が美味しく感じました。

 

キャセイのデザートワインは本当に甘くて飲みやすくて美味しいので、絶対おすすめ!

 

お酒がほぼ飲めない私でも、ぶどうジュースみたいで美味しく飲めました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325115925j:plain
夕飯の後にチーズやフルーツ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325115928j:plain
ケーキも。そしてこの後、アイス→ポテトチップス→チョコレートと次々に持ってきてくれました・・・

 

それでもお腹をすかしているように見えたのか、ポテトチップスもう一袋いる?ときかれました(;´Д`)

 

さすがに断りました。。。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325120007j:plain
アメニティは歯ブラシやジュリークのリップ、ハンドクリーム、デイケアクリーム。

 

日本⇔香港、香港⇔ニュージーランド全ての路線でポーチがついてきたので、合計8個(夫の分も合わせて)もポーチが・・・・。

 

今度からは、資源の無駄をへらすために、手を付けずに返そうと思いました。

 

 

まとめ

ヘリンボーンは隣がパーテーションで区切られているので、なかなか会話は難しいです。

 

そのかわりプライベート、お籠り感はばっちり◎サービスも良く快適なフライトでした。

 

キャセイはOneworldアライアンスですが、オークランドの空港では、スターアライアンス系NZラウンジが利用可能で更に良かったです(2016年5月時点)

 

シドニー ニュージーランド航空のビジネスクラスラウンジ訪問記
オーストラリア・シドニーを訪れた際、利用したニュージーランド航空のビジネスクラスラウンジ。   今回は、シンガポール航空のビジネスクラス利用だったので、同じスタアラのニュージーランド航空ラウンジを利用できました。って、色んな国が出...

コメント