フーコック空港のCIPビジネスラウンジ ベトナム航空

ベトナム航空国内線のCクラス利用で、フーコックの空港にあるCIP Loungeが利用できます。

 

ラウンジ行き方の写真を撮るのを失念してしまったのですが・・・

 

国内線ターミナルは小さな空港なので、迷わずすんなり見つけられると思います。

 

 

ラウンジの様子

ラウンジは2面採光となっていて、とても明るいです。

 

座席数もなかなかあり、お昼時でもそこまで混み合わず、すんなりと座れました。

 

 

その他は特筆すべき点もなく、新興国によくあるラウンジだな、という印象です。

 

ラウンジ利用だけで考えると、正直、ベトナム航空の国内線ビジネスクラスの価値はあまり感じません・・・

 

しかし、タラップ搭乗/降機の際のVIPバス、チェックイン、セキュリティ、手荷物検査での優先レーンを考えると利用価値はあり。

 

 

ドリンク・ミールコーナー

ドリンクはソフトドリンクのみで、アルコールはありませんでした。

 

フルーツジュース、水、炭酸などが冷蔵庫に入っています。その他はコーヒーなど。

 

 

お食事はバナナ、ドラゴンフルーツ、りんごなどのフルーツ類や、ちょっとしたプチケーキ、クッキー。

 

バインミーと、食パンも、スープもあり。

 

 

その他は、インスタントヌードルもありました。

 

カットされた小葱やチリ、ライムなんかも置いてあって、思わず食べたくなっちゃう。

 

 

以上がラウンジの情報です。

 

特に特別な何かがあるわけではないですが、お手洗いもあるので出発まで快適に過ごせました。

 

 

帰りの便もB787-9

この機材については以前書いているので割愛します。

 

ベトナム航空 B787-9 国内線ビジネスクラス搭乗記
ベトナムのフーコック島を訪れた際、サイゴン⇔フーコック間のベトナム航空機材がなんと、B787-9でした。 ベトナム航空の国内線は、エアバスの321がメインだと思っていたので、とても嬉しかったです。 B787-...

 

 

感染症対策で、おしぼりが2種類配られました。

 

一つがアルコールの強いおしぼり、もう一つが普通のおしぼりです。

 

 

窓からフーコックの空港が見えます。

 

タキシング中の飛行機もなく、がらーんとした空港が寂しい。

 

でもその代わり、待ち時間なく定刻通りに離陸でした。

 

 

予定通りタンソンニャット空港について、また国内線ラウンジで待ちます。

 

 

いつものA321でお家まで。

 

 

こんなフットレストがあることに、今回初めて気が付きました!

 

と、最後力尽きた感がありますが、これにてフーコック島の旅行記は終わりです。

 

次は、行きのトランスファー@ホーチミンで1泊したホテルのレビューです。

 

JWフーコックの旅行記を最初から読む→こちら
前回→JWのプライベートビーチ

コメント