空港送迎からチェックインまで JW Marriottフーコック エメラルドベイリゾート&スパ

フーコックの空港に到着した後は、JWマリオットの送迎にてリゾートへ向かいます。

 

 

ベトナム航空 B787-9 国内線ビジネスクラス搭乗記
ベトナムのフーコック島を訪れた際、サイゴン⇔フーコック間のベトナム航空機材がなんと、B787-9でした。 ベトナム航空の国内線は、エアバスの321がメインだと思っていたので、とても嬉しかったです。 B787-...

 

 

JWマリオット@フーコックの場所

JWマリオットは、フーコック島の東側に位置しているリゾートで、空港からは車で約20~30分です。

 

 

空港送迎サービス by JWマリオット

ヴィラ以上のお部屋に宿泊すると、プライベートカーでの送迎(往復)サービスが無料でついてきます。

 

それ以外ですと送迎料金が多少かかってしまうかもしれませんが、

  • 安心感
  • 清潔な車
  • 安全運転

を求める方は、リゾート専用の送迎がおすすめです。

 

 

車内はとても清潔。運転も往路共に、とっても丁寧でした。

 

 

約20分程度で、ビル・ベンスリー氏が手掛けたリゾートへ到着です。

 

 

余談ですが、ビル・ベンスリー氏が手掛けたリゾートへ訪れるのは、今回が初めて!

 

 

いつか行ってみたいなぁ・・・と思っているリゾート(Shinta Mani Wild@カンボジア、ローズウッド@ルアンパバーン)も同じくベンスリー氏がデザインしているもの。

 

他にも、カペラ@ハノイ、Mギャラリー@イェントゥー、Mギャラリー@サパ、インターコン@ダナンなども手掛けているようです。

 

どこも素敵なデザインで、ネットで見ているだけでも楽しい。

 

 

チェックインの手際の良さにびっくり

話を戻しまして、JW@フーコックのチェックインは、レセプションでとなります。

 

この手のリゾートには珍しく、ヴィラではなくレセプションでのチェックイン。

 

 

リゾートとはいえ、大型ホテル規模なので混むのでは・・・?と心配でしたが、ちゃんと工夫されているようで、とってもスムーズでした。

 

このホテル規模で、これだけ連携がとれているのはすごいな、と本当にびっくり。

 

 

この規模のホテルで驚いたこと

JWマリオットフーコックは私の大型ホテルイメージを覆すほど、素晴らしいリゾートでした。

 

 

仕方のないことですが、やっぱり大型ホテルって、ゲストも多い分、スタッフも多いですよね。

 

アマンなど小規模なリゾートだと、スタッフと仲良くなれるからこそ感動も多く、またリピートしにいこう!となるけれど、

 

ホテルだとスタッフが多いので、毎回いろんなスタッフと初めまして・・・で、なかなかそうはならず。

 

 

しかし!

JWマリオットフーコックは、工夫がされているのか、大型ホテルとは思えない素晴らしいハンドリングだったのです。

 

例えば朝食レストランでは、大型ホテルだと毎回違うスタッフが付くことが多いけれど、JWでは、必ず同じスタッフが案内してくれたり、

 

マネージャーも各ゲストを把握しているようで、毎朝色んなテーブルを周ってたり。

 

私たちのところにも来てくれて、前日にした会話とか全部覚えてたり、と。

 

 

この大規模のホテルで、本当にすごいな、と感動しました。

 

今回は5泊したのですが、日々おもてなしと感動を体験する毎日でした。

 

 

バトラーの質の高さ

ウェルカムドリンク。

 

ヴィラ滞在の場合は専用のバトラーが付きますので、ここで挨拶と、諸々のチェックイン手続きを行います。

 

 

私たちの担当バトラーのトリンさんがとにかく親切で、とっても快適な滞在でした。

 

私たちの一日の行動をちゃんと把握してくれていて、レストランも予約時間になると迎えにきてくれるのはもちろん、

 

夜は歩いてレストランに行くから送迎はなくていいですよ、と伝えた日は、レストランで待っていてくれて、そこで話しかけてくれるんです。

 

 

メールで確認するのではなく、わざわざ来てくれる。それも食事前という絶妙なタイミング。

 

日中にメールがあると、リラックスしていたり読書していたりするので、ついつい返信を忘れてしまったりしますよね。

 

 

わざわざ聞かなくてもまぁいっか、と思っていたことも、こうやって1日の終わりに来てくれたり、

 

次の日の要望など、毎朝、毎晩、わざわざ会いに来て確認してくれるって、本当に有難いです。

 

本当に素晴らしい人がバトラーで良かったな、有難いなと思いました。

 

 

GMの方から、お花のプレゼント。

 

これも多くのホテル型リゾートだと、ただお花をプレゼントされて終わり、が多いのですが、

 

ちゃんとお部屋に花瓶を用意してくれていて→お花をちゃんと活けてくれて→毎日お水を変えてくれる、という徹底ぶり。

 

 

レセプションは広く、風や光が入る設計になっていて、とっても居心地が良いです。

 

 

ベトナムには今後、マリオットの上位リゾート、リッツ、JWがホーチミンにオープンするようなので、セントレジスも数年後には来るんだろうなぁ、と思っています。

 

MOもホーチミンにオープンするみたいですし、カペラも入り、FSがハノイに、ローズウッドもホイアンに・・・

 

と、ますます発展していくんだろうなぁ。

 

 

では、ここからは素敵なレセプションの写真を。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、チェックインを終えて、ヴィラへと向かいます。

 

 

最初にリゾート内のツアーをしてくれる、とのことでした。

 

広いリゾートなのですが、レストランやメインストリートがコンパクトにまとまっているので、どこへ行くのも徒歩で十分でした。

 

海風も気持ちよく、夜のお散歩も最高。

 

 

ここはピンクパール。ディナーのみのファインダイニング。

 

 

その向こうがケミストリーバー。バーからは海が見えます。

 

 

大学キャンパスのような場所を抜けて、

 

 

ヴィラへと到着です!

 

続き→1ベッドルームプールヴィラ
前回→ベトナム航空 B787-9 国内線ビジネスクラス

コメント