ベトナム航空 B787-9 国内線ビジネスクラス搭乗記

ベトナムのフーコック島を訪れた際、サイゴン⇔フーコック間のベトナム航空機材がなんと、B787-9でした。

 

 

ベトナム航空の国内線は、エアバスの321がメインだと思っていたので、とても嬉しかったです。

ベトナム航空ビジネスクラス搭乗記 【ダナン → カムラン】
バンヤンツリーランコーからアマノイ(↑)へ移動の朝。 ベトナム航空国内線にて、ダナン→ニャチャン(カムラン)へと飛びます。 (1) 座席 ベトナム航空の国内線(ダナン→カムラン)機材は、A321のナローボディー...

 

 

B787-9の座席

ベトナム航空のボーイング787-9は、1-2-1のアブレストで、どの席からも通路に楽にアクセスできるタイプです。

 

そのかわり、2人旅で隣に座るならば、窓のない真ん中2席のみ、となるシート配列となっています。

 

 

座席はゆとりがあり、サイドテーブルも全席についているので快適です。

 

 

座席の横にコントローラー、ライト、USBソケット。

 

シンプルにまとまっていて、とても分かりやすいです。

 

余談ですが、カタール航空のボーイング788はシートコントローラーだけで14個のボタンがあるのでかなり混乱します↓

カタール航空 B788 ビジネスクラス搭乗記【ドーハ⇔ナイロビ】
ケニアを訪れた際、カタール航空を利用しました。乗った機材はA380とB788。 まずは、ドーハ⇔ナイロビ線で乗った、カタール航空B788のレビューです。 余談 カタール航空はシンガポール、日本発もありますが、ア...

 

 

オットマン。スクリーンまでも割と高さがあります。

 

 

これは収納スペースだったような・・・?

 

サイゴン⇔フーコック間は1時間もないフライトだし、収納スペースを一切利用しなかったので覚えていなく。

 

でも見た目からしておそらく、手前のが収納スペース、もう一つはボタンを押すと、肘掛けが上がってくるものだと思います。

 

 

オットマンの下には、有難い靴置きもあり。

 

短いフライトだと靴を脱ぐ間もないけれど、

 

ロングホールでフルフラットにした際、かなりの確率で靴が一時行方不明になるので・・・靴置きがあると本当に嬉しい。

 

 

スクリーンはカチッと、ストッパーを外すとアーム部分が伸びるタイプです。

 

 

サイドテーブルは広め。比較にパスポートを置いてみました。

 

 

サイドポケット近くにはパワーポイント、水置き場もあり。

 

 

ヘッドフォン置き、しかもベルト付き。これ、すごく良い!

 

着陸の時って、何気にヘッドフォンが邪魔になることが多いのですが、ベルトでとめれると置き場に困らないですよね。

 

 

国内線フライトはウェルカムドリンクのみ

ベトナム航空の国内線フライトは、ウェルカムドリンクのみでした。

 

往路はオレンジジュース。

 

 

ちなみに、このフライト利用時は、COVID19後でしたが、ベトナムで感染拡大する前だったので、搭乗前の検温、マスクのみでOKでした。

 

今はワクチン接種証明やアプリの登録など、もっと厳しいです。

 

 

復路はレモンウォーター。

 

往路ともに軽食などは出ないので、フライトの時間帯によっては、食事を済ませておいた方が良いかと思います。

 

 

さて、フーコックの空港に到着し、JWへと移動します。

 

 

おまけ: ベトナム航空 国内線ラウンジについて

今回は、ダナン→ホーチミン(1泊)→フーコックと飛びました。

 

フライト前に立ち寄った、サイゴン(ホーチミン)の国内線ラウンジは、けっこう広かったです。

 

 

が、かなりの込み具合・・・!ほぼ全席うまっている状況でした。

 

 

ホーチミンの国内線ラウンジは比較的綺麗で、過ごし良かったです。

 

しかし、長居するタイプのラウンジではなく、搭乗前に、お手洗いに行ったり、水をもらったりする程度で十分かな、と思います。

コメント