ハウスリーフでシュノーケル@水上ヴィラサイド ミライドゥ

f:id:mia-travelista:20180603181946j:plain
モルディブ、ミライドゥのハウスリーフは、期待以上の美しさでした。今まで訪れたモルディブリゾートの中で(外洋ツアーリーフも含め)断然トップなのはカンドゥルのハウスリーフ、マフシヴァルの離島(ロヌボ島のハウスリーフ)です。

 

けれど今回のミライドゥもなかなかすごかったです。※2019年に訪れたクダドゥプライベートアイランドは、魚群が一番多く素晴らしかったです

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182004j:plain
私たちが訪れた5月は、島の北~東を通って南(つまり地図での右側半分)がベストシュノーケルスポットとのことだったので、そこのドロップオフを中心に泳ぎました。

 

シュノーケルについては3回に分けてご紹介しようと思いますが、今回は青く塗った部分、オーシャンヴィラからビーチヴィラにかけてのコースです。

 

  1. 私たちのヴィラ124から入りまして
  2. 128-129あたりにあるパッセージを通りドロップオフへ
  3. イルカが見れた左側へ泳いでいき、途中でUターン
  4. 右側のビーチエリアあたりまで流れ
  5. そのあと同じ道を戻り、部屋から上がる

 

というコースです。※波が強い時は無理をせず、コースを最小限にした方が良いです

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182008j:plain
ちなみに、ベストシュノーケルスポットは、季節ごとに変わるとのことですので、オーシャンストーリーズできいてみるのが一番。

 

ビーチヴィラ側から入るコースについてはこちらで詳しく書いてます。またシュノーケリング初心者の方は、まずはビーチヴィラ側から入るコースが簡単でオススメです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180530094353j:plain
水分補給、準備体操を忘れずに、ラッシュガードもきていざ海へ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181848j:plain
最初は砂。砂ばかりだからといって、ここを歩くのはやめましょう。小さな小さな珊瑚も生きています

 

 実はミライドゥで、珊瑚の上を歩いている日本人たちがいたんです。大きな声で騒いで平気で珊瑚の上歩き続けて・・・・言葉は悪いですが、非常識丸出しでした。

 

フランス人(ある日のツアーで一緒だった)や私たちが注意しても、自分たちのことだと全く分からないのか、すごーい!!とか言いながらずっと珊瑚を踏みつけて歩いてて悲しくなりました。命の危険があるなら足をつくのは仕方がないですが、踏みつけるって・・・・

桜を見て枝を折ったり、植物園に行ってお花を踏みつける人は非常識なように、海に行くなら海の生物を踏みつけるのも非常識だと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182032j:plain
気を取り直しまして、サメより怖いと言われているゴマモンガラ。遠くだったのでズームしてパシャリ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182015j:plain
パッセージを通って、ドロップオフへ出ます。リーフの上を泳ぐと傷をつけてしまうので、初心者の方はこのようなパッセージを必ず通りましょう。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181958j:plain
泡さえ綺麗に見える不思議。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182050j:plain
ドロップオフへの途中の珊瑚とパウダーブルーサージョンフィッシュ。本当綺麗な青。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182108j:plain
にょろにょろさん。今度、魚の図鑑をちゃんと買おうと思います(;´Д`)

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182100j:plain
タイドが低い時は海面とリーフがぎりぎりなので、パッセージを通らないとドロップオフへは行くのは厳しい。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182045j:plain
泳ぐこと5分程でドロップオフへ出ました。ここから左側へ泳ぎます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182055j:plain
ツバメウオ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182027j:plain
可愛いなぁ(=`ω´=)けれど、こちら側はあまり魚がいなく。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182041j:plain
左側(ヴィラ124~114前あたり)はこの時期透明度があまりよくなかったです。なので、左側のシュノーケルはそこそこに、右側へ戻ることに。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182023j:plain
そしてスパの前あたり(地図で濃い青でぬった部分)では、大量の稚魚に遭遇。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181853j:plain

 

f:id:mia-travelista:20180603181856j:plain
うわぁぁ!小さい魚の群れ大好きです、すごくキラキラするので目を奪われます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181900j:plain
太陽の光も射し、あまりのキラキラ綺麗さに大興奮。魚の群れも圧倒されるけれど、稚魚のキラキラが本当好き。

 

 

f:id:mia-travelista:20190624183234j:plain
青い魚たち。

 

 

f:id:mia-travelista:20190624183251j:plain
スパ手前の水上ヴィラサイドは、同じ種類の魚が群れているというより、色んな魚が自由に舞っているのが多かったかな。

 

 

f:id:mia-travelista:20191225170317j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191225170321j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191225170323j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191225170327j:plain

 

f:id:mia-travelista:20191225170330j:plain

 

f:id:mia-travelista:20190624183247j:plain

 

f:id:mia-travelista:20190624183238j:plain
灰色の魚は色んなところで群れを作っていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190624183255j:plain
黒い魚で尾ひれが青いのは、なんていう魚なんだろう?

 

 

f:id:mia-travelista:20190624183232j:plain
どこかの穴から、まるで泡のようにたくさん出てくる黒い魚。尾ひれが青色で本当綺麗。

 

 

f:id:mia-travelista:20190624183241j:plain

 

 

f:id:mia-travelista:20190624183258j:plain
同系色で見えにくいのですが、灰色の魚がたくさんいるの分かりますか?

 

 

f:id:mia-travelista:20190624183244j:plain
ちょっと視界が悪いので、スパエリアの方まで泳ぎます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181908j:plain
むっ、下の方になにかいる。3メートルくらいなのでもぐってみました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181936j:plain
ムレハタタテダイとブラックピラミッドの群れだ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181942j:plain
ムレハタタテダイさんは、好きな魚No3に入るかも。といいつつ、最近までツノダシとの区別がつかなかった(*´з`)

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182019j:plain
ムスジコショウダイという名の魚版阪神タイガーズ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603182117j:plain
スパエリア前から、ビーチ側まで泳いできました。ビーチエリア212~217あたりの透明度はすごかった。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181932j:plain
カメもいました!ミライドゥにはカメが4匹生息しているらしく、私たちが会えたのはエイミーとバンブルビー(とスタッフがちゃんと名前をつけています)

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181923j:plain
カメの写真(甲羅)をとったらオーシャンストーリーズのスタッフに聞きに行くと、カメの名前を教えてくれます。これは確か、バンブルビーだったかな??

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181951j:plain
ぷはっとカメさんが呼吸。可愛い後ろ姿。

 

カメは呼吸が必要な生き物ですので、海の中で警戒している様子があれば、そっとその場を離れましょう。人間がいると、浮上しないカメもいます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180603181946j:plain
以前も書いたのですが、カメはくらげが大好物なようで、プラスチックごみをくらげと間違い、食べてしまうそうなのです。

 

なので、プラスチックごみは持ち帰ること、袋とかは海に飛ばされないようにしっかり対策しましょうね。

続き→夕暮れのバッテリバー
前回→バスルーム&トイレ

コメント