マレーシア航空 B737-800 ビジネスクラス搭乗記【バリ→クアラルンプール】

f:id:mia-travelista:20180326233232j:plain
7月にバリを訪れた際利用したマレーシア航空、バリ→クアラルンプールの路線のみボーイング737-800でした。※成田⇔クアラルンプール、②クアラルンプール→バリの路線は全てA330-300で、搭乗記はこちらに書いています

 

 

f:id:mia-travelista:20180326233235j:plain
B737-800のアブレストは2-2のナローボディです。シート幅は約53センチとちょっと狭めですが、シートがなかなかにふかふかなので、座っていて疲れにくいです。真ん中にテーブルが1つ。

 

 

f:id:mia-travelista:20191116120814j:plain
スクリーンは小さめなのと、バリ→クアラルンプール間は、映画の本数も少なくちょっと暇してしまいました。また、前の座席も見えてしまうタイプ=前の座席のリクライニング影響を受けるタイプのシートです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326233243j:plain
足元は広い、とまではいきませんが、座ってみると意外と余裕あり。バリ→クアラルンプールは短時間なので特に問題なし。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326233246j:plain
ちなみにサイドテーブルは狭いので、あまりものを置けません。もちろん、収納スペースもなし。ウェルカムドリンクは、水、オレンジジュースとあと何か一つから選べました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326233249j:plain
手動で倒すタイプのフットレストがついているので、足が楽です。バリ→クアラルンプールは数時間のフライトなので、短距離線には申し分のない機材でした。

 

  ただ、マレーシア航空のCクラス利用で、ングラライ国際空港(バリ)ではプレミアラウンジというところを利用できるのですが、とにかく混んでるし、食べ物も全く充実していません。ラウンジでのんびり、という場所ではないので、個人的には、空港に早く着きすぎない方が良いかと思います(2017年時点情報です)

コメント