ケニアのサンブル国立保護区で出会ったライオン 私が旅したライオンキング!の世界

f:id:mia-travelista:20180326175927j:plain
12月~1月にかけて、ケニア・サンブル保護区を訪れてきました。

 

ほぼ毎日参加したゲームドライブ(サファリドライブ)では、野生のライオンたちに会うことができ、まさに感動の瞬間がたくさんでした。

 

  ※ハンティングシーンなどの写真はないので、安心してご覧ください。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175943j:plain
12月~1月のサンブルは、昼間はとても暑く気温は35度近くまであがります。

 

ゲームドライブは朝の6時半頃か、午後4時頃の出発で動物の活動が活発な時間帯を狙います。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175915j:plain
土にのこされた足跡をたどって・・・・

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175905j:plain
人生で初めて、野生のライオンを見た瞬間。

 

良い表現が思いつかないのですが、心がふるえるというか・・・・心が奪われるというか・・・

 

わぁ、とか、すごい!とか、ライオンだ!とかさえ言葉が出てこなくて、息が一瞬とまるという感じ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175911j:plain
動画で見るのとは違う。圧倒される景色です。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175908j:plain
車でついていきます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175859j:plain
このメスは子ライオンを産んだばかりだそうで、一匹で子育てをしているのだそう。

 

子ライオンは、他のオスやヒョウなどに見つかると殺されてしまうので、母ライオンは子ライオンを隠してハンティングへ行くのです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175855j:plain
ライオンってこうやってみるとやっぱり威厳があって、まさに王者という感じ。リアル・ライオンキングの世界!!!

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175902j:plain
あくびの瞬間。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175852j:plain
ライオンがハントする直前の写真。このあとこのメスライオンは、1匹の子プンバを殺し、自分の子供が待つ巣へと戻っていきました。

 

私、ゲームドライブに参加する前はハンティングシーンなんて見れないだろうし、勝手なエゴだけれど、目の前で襲われる草食動物を助けたいと思ってしまうだろうし、可哀そう、残酷だとも思ってました。

 

なのになんと、初ゲームドライブでライオンのハンティングシーンを目撃。それも一部始終

 

川沿いに水を飲みにきていたプンバの親子たち、それを見つけたライオン。

 

ライオンが向かっていって、ライオンが子プンバの1匹を襲い、子プンバが悲痛な声をあげて親のプンバも悲痛な声をあげて・・・・

 

 

実際に見てもやっぱりつらく残酷に感じたけれど、気が付いたのは、ライオンは自分に必要な命だけ殺したということ。

 

そして、人間のほうがよっぽど残酷なんだなとも思いました。

 

今の社会って、日々頂いている命と犠牲(食事も、バッグ、靴とか全て)を全く身近に感じられないどころか、人間が日々無駄にしている命の方が明らかに多い。すごく考えさせられました。

 

私は元からファー製品は買わないし、フォアグラとかフカヒレのような過剰に残酷に生産されたものは食べない、お肉類も必要な分を感謝して残さず食べるがモットーでしたが。

 

今後ももう少し買うものとか食べるもの、それぞれに命があったということを忘れずにいようと思いました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175918j:plain
話はそれてしまいましたが、こちらはオスライオン!このオスライオンは、兄弟2匹で助け合って生きていました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175921j:plain
オスライオンの世界は厳しいです。一定の年齢になるとプライド(群れ)から追い出され1匹で生きていかないといけません。

 

兄弟ライオンがいる場合は、助け合って生きたりもするそう。

 

また、オスライオンは、他のオスライオンの子を殺しますが、兄弟同士の子ライオンは殺さないことも多いそうです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175925j:plain
この風格!目が合うと心臓を鷲掴みにされる感じ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175927j:plain
もう一匹のオス。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175940j:plain
兄弟同士でも、強い方がメスといられるらしい。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175946j:plain
立派なたてがみ!

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175934j:plain
こんな美しい生き物を撃ち殺すのが趣味とかいう人(じゃない何か)がいますが、本当に信じられない。

 

地位が人間の良し悪しを決めるものではないし、文化とか伝統も、時代とともに移り変わり、一歩間違えば野蛮な行為ともなるのにね。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326175937j:plain
サンブルでのライオンとの遭遇率は50%くらい。2回のうち1回会えるくらいでした。

 

オスライオンの生態やメスライオンの生態など、たくさん話をきくことができて、その厳しい世界で生きていくライオンたちに心打たれました。

 

 

百獣の王だからといって決して楽な世界ではなく、子ライオンは他のオスライオンに殺されてしまったり、他の肉食獣にも襲われてしまったりするし、大人のオスライオン同士も戦わないといけなかったり。

 

最後は一匹孤独に死んでいくこととか・・・・生態を知った上で見ると、ライオンたちがさらに強く美しい生き物に思えました。

 

そして、言葉が通じるのに、地球規模で争いごとをし、手に負えない武器まで作り出す人間って、いったい何なんだろう、とも思いました(´ー`)

コメント