レア!サバンナで野生の赤ちゃんチーターに会えた ケニア サンブル保護区

f:id:mia-travelista:20180326180509j:plain
ケニアのサンブル保護区でのゲームドライブでは、なんと、レア中のレアといわれる(らしい)、チーターの赤ちゃんに会うことができました。

 
チーターの赤ちゃんは、野生での生存率が低く(あまり賢くなく、ライオンのように子供を隠さない)、他の肉食動物に殺されてしまうため、野生でチーター赤ちゃんを見れるのはとても珍しいのだそう。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180525j:plain
ケニアといえばイメージするのは、マサイ族という方が多いと思いますが、サンブル族は実は、動物を見つける天才なのだそうです。私たちが滞在したSARUNIリゾートにも、マサイ族のスタッフがいましたが、その彼でさえ、「サンブル族の目の良さ、動物を見つける勘は優れている」と言っていました。

 
そしてそれを実証するかのように、お母さんチーターと4匹の赤ちゃんチーターたちを見つけてくれたサンブル族のスタッフ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180512j:plain
前述のとおり、チーターは、ライオンやヒョウのように賢くなく、自分の子供をうまく隠すことができないそう。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180515j:plain
ライオンは自分の子供をブッシュの中に隠してハンティングに出かけるのに対し、チーターの子供たちは、吹きさらしの野で、ただただ母親を待つだけ。ライオン、ヒョウはチーターの赤ちゃんを見かけると殺します。(肉食獣同士、競合となるため)とても、厳しい世界です。

 
そんな話をきくと、ますます命の尊さを感じるし、目の前で見ている景色が、いかにいくつもの奇跡が重なってきたものなのか、と深く考えさせられます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180518j:plain
母親に毛づくろいされる赤ちゃんチーター。自分のベロも出ちゃってるよ、可愛すぎる!

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180522j:plain
こんな小さな生き物たちが、危険なサバンナで懸命に生きる姿は、本当に感動します。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180528j:plain

 

f:id:mia-travelista:20180326180531j:plain
みんな無事に育ってほしいなぁ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180534j:plain
母親が移動すると、

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180538j:plain
一生懸命、ヨチヨチ歩きでついていきます。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180541j:plain
ミャッミャッと独特の鳴き方で、母親チーターについていく赤ちゃんたち。まるで猫みたい。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180544j:plain
目があった!

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180548j:plain
1匹が母親に毛づくろいされていると、

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180551j:plain
兄弟たちが後ろで羨ましそうに・・・・じーーーーっと。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180503j:plain
みんな寄ってきました。言葉にならないほど可愛いです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180506j:plain
母親から離れている時は、ちょっと凛々しい顔。どうかみんな無事に育って欲しい。でもね、その育ったチーターは他の動物を殺して生きていくようになるんだけれどね。。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326180509j:plain
それでも、みんな無事に育ってくれますように、と願わずにはいられませんでした。

コメント