ケニアへの旅行 個人手配で準備したこと6つ

f:id:mia-travelista:20180423080449j:plain
12月~2018年1月にかけて、個人手配でアフリカ、ケニアにあるサンブル国立保護区を訪れてきました。

 

フライト、ホテルの手配はもちろん、ナイロビ市内の移動や、国内線(セスナ機)手配など、準備したこと全てご紹介します。

 

(1) ケニアでのリゾート選び

f:id:mia-travelista:20180326173748j:plain
リゾート選びは、Condé Nast Travellerを見ました。あとは海外のブログなど見て、自分たちの求める条件があるリゾートを見つけ、ホテルから直接予約しました。

 

私たち夫婦は、その地域らしい絶景+風が感じられるテラスが、「自分たちの部屋から」楽しめるホテル、リゾートが大好きなので、ケニアでももちろん、その絶対条件を前提にリゾート選びをしました。

 

候補にあがったのは、Mahali Mzuri、Elsa’s Kopje、そして今回訪れたSaruni Samburuです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180326181208j:plain
色々調べた結果、ケニアのリゾートでは、お食事の時に他のゲストと一緒のテーブルで、色々お話して仲良くなりましょう!というリゾートが多いので、ひきこもりぎみプライベート感が大好きな私たちは、自分たちのヴィラ(↑)でのんびり食べれるリゾート、

 

 

f:id:mia-travelista:20180326173729j:plain
ベッドからもサバンナの絶景が楽しめるお部屋、

 

 

f:id:mia-travelista:20180326170535j:plain
サバンナを見渡すプールがあるリゾートの3つをプラス条件として選んだ結果、Saruni Samburuに決めました。

 

アフリカのサバンナは遠いですし、こだわりのある方は、事前に色々と調べた方が良いかと思います。

 

ただ、どのリゾートもお部屋で食べるのはNGというところはないと思いますが、追加料金などもかかる場合もあるかも。

 

 

(2) ナイロビへのフライトについて

f:id:mia-travelista:20180327095918j:plain
ナイロビへのアクセスを考えた時に便利なのは、エミレーツ、エティハド、カタール航空の中東系エアラインだと思います。

 

3つともSkytrax常連上位ですし、安心感があります。私たちはカタール航空を選びました。しかも、日本からのアクセスではなく、日本→バンコク→ナイロビと飛んだのです。

 

その理由は2つ。

①日本→ナイロビのカタール航空(または他のエアライン)のナイロビ到着時間は夕方頃が多く、セスナ機での移動(朝~15時頃のみ飛べる)を考慮すると、ナイロビ市内での1泊が発生してしまうため。

 

②せっかくカタール航空に乗るなら、A380に乗りたかったから、です。正直、②がメインの理由です

 

実際にナイロビを訪れてみての感想はこちらで書いた通り、次回からは1泊ならしても良いかな、と思うほどでした。

 

<2019年追記>先日、ナイロビでテロがありました。行かれる方は十分に注意してください。私たちは、しばらく再訪はしないです・・

 

カタール航空は、ナイロビ出発も17:30頃なので、帰りも市内での1泊が必要なし。リゾートを朝11時頃出発→セスナ→ウィルソン空港(国内線)→ナイロビ市内移動→ジョモケニャッタ国際空港と、1日のうちにスムーズな移動が可能でした。<2018年1月時点情報>

 

 

(3) ジョモケニャッタ国際空港⇔ウィルソン空港(セスナ機発着空港)の移動

f:id:mia-travelista:20180325094311j:plain
国際線空港と、国内線空港が隣通しだったら良かったのですが、残念ながらナイロビでは車で移動が必要となります。

 

治安に心配のある国での車の移動。私たちはDo Do Worldさんに全てお願いしました。ジョモケニャッタ国際空港に到着→ウィルソン空港への移動、ウィルソン空港→ジョモケニャッタ国際空港への移動、どちらもです。

 

私たちが滞在したリゾートでも、ナイロビ市内移動の手配をしてくれるのですが、私たちはドライバーの方+アテンドの方もう1名をつけてもらいたかったので(数が多いほう安心という理由から)、Do Do Worldさんへお願いしました。結果、本当に良かったです。

 

ジョモケニャッタ国際空港⇔ウィルソン空港間は通常30~45分ほどしかかからないのですが、渋滞時は2時間くらいかかったりするそうです。

 

到着時間、出発時間等も考慮し、セスナの時間など細かくアドバイスもらえたので、本当に助かりました。希望する方には、日本語を話すガイドの方をアテンドでつけることも可能です。(別料金)

 

 

(4) 国内線(セスナ機)手配

f:id:mia-travelista:20180423080446j:plain
サンブル、マサイマラなどの保護区へは、このようなセスナ機で向かうようになります。プライベートセスナ手配も可能で、自分たちで予約する方法と、リゾートにお願いする方法があります。また、メジャーなところは、AirKenyaか、私たちが利用したSafariLinkです。

 

SafariLinkはHPから簡単に予約できますが、サバンナには、Airstrip(セスナの止まる駅みたいなもの)がいくつかありますし、飛行先を間違えてはいけませんので、心配な方は、リゾートに全てお任せするのが良いかと思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003431j:plain
リゾートにお願いする場合は、国際線フライトのナイロビ到着時間、出発時間を連絡すれば、市内移動時間も考慮しリゾート側が手配してくれます。

 

個人で予約される方は、各社HPから予約すればOK。その情報をリゾートに伝えれば、Airstrip~リゾートまでの車を手配してくれると思います。

 

 

<セスナ機に乗る際の注意点>

①私たちが利用したのはSafariLinkですが、SafariLinkの荷物重量制限は15キロ。手荷物も含めてです。重量オーバーしている場合は、追加料金を支払うか、ウィルソン空港のSafariLinkの荷物置き場での預かりとなります。(預かりは、SafariLink利用者なら無料です)。

 

②機内に預けれる荷物は1個のみで、ソフトケースのものだけです。なので、ハードケースのスーツケースで行ってしまうと、荷物を全てつめかえる必要が出てきます。

 

ウィルソン空港のSafariLinkラウンジがあり、そこで荷物を預かってくれたり、荷物の詰め替えはできますが、どちらも面倒だと思うので、最初からソフトケースのスーツケースに、重量を超さない程度のものをいれていくのがオススメです。

 

 

(5) ビザのこと

ケニアへ訪れる際は、ビザが必要となります。オンラインで申請→Approvalが降りたら印刷でOKでした。

 

申請方法は色んなサイトがあるので割愛。入国カードの記入も必要でしたので、空港についたら書きましょう。でも、すごく混み合うので、機内でもしもらえるなら、もらって書いた方が良いです。

 

 

(6) 黄熱予防接種について

f:id:mia-travelista:20180502101307j:plain
ケニアは、WHOが指定する感染危険国です。なので、ケニアに訪れた後、黄熱予防接種証明書要求国へ訪れる場合は、必ず証明書が必要になります。(バンコクとか)。

 

予防接種申し込みは電話で簡単にできます。早めに申し込みが良いかと思います。

私たちは、12月後半の出発だったので、11月初旬に申し込み、出発のちょうど1か月前に予防接種を済ませました。

 

熱などの副作用は特になく、注射した箇所がかゆくなったくらい。ちなみに、ケニアを訪れた後、フィンランド、バンコク、シンガポール、ベトナムを訪れましたが、誰一人として、黄熱予防接種証明書を見る人はいませんでした(;´Д`)。

 

でも大事なことなので、ケニアへ行かれる方は、お忘れないよう・・・・以上、ケニアへの旅行を個人手配した際、準備した6つのことでした。良い旅を。

コメント