ケニアでの国内線セスナ搭乗記(SafariLink) SARUNIリゾートまでの絶景

f:id:mia-travelista:20180325003417j:plain

アフリカ・ケニアのサバンナリゾートへの道のりは、それはもう、とっても遠いものでした。

 

今回は、ケニアでの国内線の搭乗記について詳しく書きます。

 

 

国立保護区への移動(国内線)について

f:id:mia-travelista:20180325003426j:plain

ナイロビからサンブル地区やマサイマラ地区へは、セスナ(国内線)を利用して移動します。

 

リゾート滞在費とはまた別料金となり、フライトの手配は各自、もしくはリゾートや旅行会社へお願いするようになります。

 

ケニアの国内線セスナは、SafariLinkか、AirKenyaがメジャーなようで。私たちは今回、SafariLinkを選びました。

 

 

(1) 空港からの移動と、搭乗まで

まず、ナイロビのジョモ・ケニヤッタ国際空港に到着してからは、国内線ターミナルへ車で移動する必要があります。

 

国際線・国内線は全く別の空港なので(2017年時点)、滞在するリゾートや、旅行会社に車の送迎をお願いする必要があります。

 

 

私たちは、日本人の方が経営している会社、かつ口コミもよく、返信も早かったDo Do Worldさんへ送迎をお願いしました。

 

国際線空港から、国内線の空港まで車で40分ほど移動。この道のりについては、下記に書いています。

危険都市?ナイロビのウェストンホテルでお茶【絶景リゾートへの通過点】
世界で〇番目に危険、とか、凶悪都市とか・・・とにかく治安が悪そうなイメージのケニア、ナイロビ。 治安に心配のある国、都市は絶対に行かないと決めている私たちですが、どうしてもアフリカのサバンナへ行ってみたく。 今回、ケニアのサ...

 

 

(2) SafariLinkセスナ機の中

f:id:mia-travelista:20180325003431j:plain

中はこんな感じ。モルディブの水上飛行機と違い、寒いくらいにエアコンが効いていました。

 

あとは、ペットボトルのお水もちゃんと用意してありました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003436j:plain

パイロットたち。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003442j:plain

ナイロビの街を上空から。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003448j:plain

20分ほど飛ぶと、サバンナらしい景色が見えてきて、一気にわくわく感が!!

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003453j:plain

動物いないかなぁ・・・と探していたら、

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003459j:plain

いた!シマウマの群れ!

 

初めて見る野生のシマウマ。リゾートに着く前から感動です。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003417j:plain

雲の切れ目から、光のシャワーカーテン。アフリカっていうだけで、なんだか妙に、全てが美しく感じてしまったり。

 

 

(3) Airstripからリゾートまでのサファリカー移動

f:id:mia-travelista:20180325003504j:plain

1時間のフライトで、Kalama airstripへ到着です。

 

私たちが滞在したSARUNI Samburuリゾートへは、Kalama airstripから車で移動でした。

 

おそらくですが、マサイマラでも同じようにセスナの発着地点(Airstrip)があり、そこから各リゾートまで車での送迎になると思います。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003511j:plain SARUNIリゾートからの送迎。移動は全てプライベートカーを用意してくれます。

 

余談ですが、All inclusiveリゾートのSARUNIでは、メニューにないものを作ってくれたり、一日を効率よく過ごせるプランを作ってくれたり・・・・

 

とにかく本当の意味でのAll Inclusiveを体験できました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003520j:plain

車でリゾートへ移動。約30分の道のりの間にも、プチサファリ体験!

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003525j:plain

蟻塚。こんなのがそこら中にごろごろとありました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003532j:plain

ヒガシキバシコサイチョウという鳥。(英語での正式名称はEastern Yellow-Billed Hornbill、ホーンビルと皆さん略して呼びます)。

 

ニックネームは、フライングバナナ。

 

くちばしがバナナのようで、飛ぶから(←だって鳥・・・)だそうです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003539j:plain

バブーン(ヒヒ)。綺麗なブルーの顔とは裏腹に、すごく凶暴な一面もある生き物。

 

時には、ライオンなどの肉食獣にも致命傷を与えるほどなのだそう。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003545j:plain

崖の上に、一本の白い木。なんか不思議。

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003551j:plain

そんな感じで、アフリカの絶景に大興奮している間に、リゾートへ到着。

 

1年半、恋焦がれたこの景色を目の前にして、胸がいっぱいになりました

 

 

f:id:mia-travelista:20180325003556j:plain

ウェルカムドリンクのオレンジジュース。甘くて美味しい!!

 

 

f:id:mia-travelista:20180325004204j:plain

そしてお部屋・・・今回私たちが泊まったのは、2階建てのヴィラです。

 

 

(4) ケニア国内線について注意点

SafariLinkの荷物重量制限は15キロ。手荷物も含めてです。

 

重量オーバーしている場合は、追加料金を支払うか、ウィルソン空港のSafariLinkの荷物置き場での預かりとなります。(預かりは、SafariLink利用者なら無料です)

 

機内に預けれる荷物は1個のみで、ソフトケースのものだけなので、ハードケースのスーツケースで行ってしまうと、荷物を全てつめかえる必要が出てきます。

 

ウィルソン空港のSafariLinkラウンジがあり、そこで荷物を預かってくれたり、荷物の詰め替えはできますが、どちらも面倒です。

 

ケニアの国内線に乗るならば、最初からソフトケースのスーツケースに、重量を超さない程度のものをいれていくのがオススメです。

 

続き→Saruni プライベートヴィラ宿泊記
前回→危険都市?ナイロビのホテルでお茶

コメント