ケニア サンブルファイブ全てに会えた! ケニア冒険記

f:id:mia-travelista:20180409192921j:plain
ケニアのサファリには、マサイマラ、サンブル、アンボセリなどありますが、私たちは今回、サンブル国立保護区を訪れてきました。

 

サンブルには、この地域でしか見れないサンブルファイブとよばれる動物たちが生息しています。

 

サンブルファイブは、

  1. ベイサ・オリックス
  2. ゲレヌク
  3. グレービーゼブラ
  4. アミメキリン
  5. ソマリダチョウ

です。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409193842j:plain
滞在したのは、山の上に建つSARUNIリゾート。

 

プール、ヴィラからの景色・・・訪れる地域らしい景色を楽しみたい私たちにとって、本当に理想通りの絶景リゾートでした。

ケニアのラグジュアリーリゾート プライベートヴィラ宿泊記 SARUNI サンブル保護区
一目見て心を奪われたリゾート、SARUNIサンブル。知る人ぞ知るエコ・リゾート、サルニ(SARUNI/サルーニ)に滞在してきました。ケニアのサファリといえば、マサイマラ、アンボセリ、ナクル・・・などありますが、私たちが滞在先に選んだ...

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192912j:plain
SARUNIリゾートは専属のバトラーがつくのですが、ロングステイの場合などは、担当が途中で変わります。

 

色んなスタッフと話せば話すほど、文化や動物のことなど深く知れるので、本当に面白い。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409193348j:plain
さて、サンブルファイブですが、まず①アミメキリン!その名の通り網目模様のキリンですが、模様がはっきりとしています。

 

野生のアミメキリンとライオンが出会う@ケニア サンブル保護区ゲームドライブ
ケニアのSARUNI Samburuリゾート滞在中は、ほぼ毎日ゲームドライブ(サファリドライブ)へ参加していました。 行く前は、一度行けば満足だろうな、と思っていたのに、アフリカのサバンナで生きる動物たちは、想像以上に強く美しく、...

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192833j:plain
②ソマリダチョウ。首の色が、薄いブルーなのが特徴。ピンクっぽく見えるのですが、ブルーなのです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192932j:plain
また違う日に見れた別のソマリダチョウ。

 

ソマリダチョウは警戒心が強く、けっこうなスピードで逃げていってしまうので、なかなか会えないそうです。会えた確率は、30%くらいでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192953j:plain
③ベイサオリックス。美しい体の色。そしてこの立派な角。

 

ある日ゲームドライブで一緒になった、40代くらいのドイツ人のおじさんがベイサオリックスをとても気に入ったようで、So elegant! OMG, stunning!!とひたすら写真を撮っていました。

 

動物の写真を撮るのが大好きな私が圧倒されるくらいの熱意でした(*´з`)

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192950j:plain
④グレービーゼブラ。縞模様が普通のシマウマより細かいのが分かりますか?

 

そして、お腹も白いのが特徴です。尻尾をいつもフリフリしているのが可愛かったです。(ハエをよけるためにフリフリするそう)

 

 

f:id:mia-travelista:20180409193004j:plain
⑤ゲレヌク。キリンレイヨウ、アンテロープとも呼ばれますが、サンブルではゲレヌクと皆さん呼んでいました。

 

このゲレヌクの何が面白いかって、

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192942j:plain
しゅたっ!!なんと立って葉っぱを食べるのですよ!可愛いくないですか?

 

このゲレヌクの遭遇率もかなり低いそうですが、サンブル族は目が良い人が多いらしいので、サンブル地域に泊まったら、もしかしたらサンブル5全部探してくれるかも!?

 

以上がサンブルファイブですが、その他にも動物たちは沢山います。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409193008j:plain
クードゥー(クーズーとも)。人一倍警戒心が強く、見れたのは1回だけ。ぶれずにまともにとれた写真はこの1枚でした。

 

もののけ姫に出ていますよね?というくらいの神々しい雰囲気と、遭遇率。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192946j:plain
グランドガゼル。なんとも優雅な姿。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409193025j:plain
可愛いリスさん。サンブル族はとにかく視力がすぐれていて、10メートルほど離れた場所にいるリスとかも、しっかり見つけてくれるんです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192958j:plain
プンバ。この親子の子供がライオンに殺されてしまうのを目撃し、現代人が日々無駄にしている命のこととか、すごく考えさせられました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192928j:plain
ホロホロ鳥。青くてとても綺麗。太陽の下だとまた更に綺麗なんです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192812j:plain
アカシアの木とハタオリドリの巣。なんか、アカシアの木って、アフリカ!って感じがしませんか?

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192906j:plain
アカシアの木の下、インパラのメスたち。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192853j:plain
インパラはオス1匹に対し、メス10~30匹とハーレムを作って生活します。

 

近くで別のオスが王座を狙っていたり、メスが脱走しようとして追いかけたり・・・なんだか大変そうでした(;´Д`)

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192843j:plain
虎視眈々と?ハーレムを狙う別のオスインパラ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409203843j:plain
これは、夕方からナイトサファリに出かけた時の写真。月と象です。

 

ナイトサファリはフラッシュNGだし(←動物が驚いてしまうため)、あまり動物が見れないので、朝~夕方くらいがやっぱりオススメ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192918j:plain
この子たちは、ディクディクという動物たち。一度ペアとなると、生涯離れることなく死ぬまで一緒に暮らします。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192820j:plain
そして、どちらかが死んでしまうと、もう一匹も後を追うように死んでしまうのだそう。

 

なんだか切ないですね。やっぱり、動物の世界にも愛情があるのだろうなと思いました。

 

 

f:id:mia-travelista:20180409192817j:plain
最後に、いつも私たちのヴィラに遊びにきて、くるくると幸せそうに鳴いていた・・・・モグラ??ネズミ??

 

スタッフの方にききそびれて、なんていう動物なのか分かりませんでした。どなたかお分かりでしたら、是非教えてください。

コメント