ブランコ付きのバーで夕涼み@Chemistry Bar JWマリオットフーコック

フーコック島に位置するJWマリオットホテルで一番おすすめの場所は、海の近くに位置するケミストリーバーです。

 

 

(1) バーの雰囲気

ケミストリーバーは、ソファ席やブランコ席などあり、寝っ転がってくつろげるバーです。

 

私が宿泊したヴィラタイプのお部屋は、夜は虫が多くて、どうもテラスでのんびりする気になれず、夕方にここに来ては、涼んでいました。

 

【宿泊記 】1ベッドルーム プール付きヴィラ- JW Marriottフーコック
ベトナム・フーコック島にあるJWマリオットに行ってきました。 滞在したのは、ヴィラタイプのお部屋・プール付きの客室です。 余談:ヴィラタイプを選ぶ際の注意点 ヴィラタイプのお部屋は、水色で囲ったエリアになり、右...

 

 

天井が高い。

 

 

そして元素記号が。

 

このデザインもビル・ベンスリー氏によるものなのでしょうか・・・デザインは細部まで手を抜かず!ですね。

 

 

このバーでは喫煙できませんので、心底リラックスして過ごせます。

 

5つ星ホテルとはいえ、テラスだと喫煙OKなところもまだ多いですが、最近は少しずつ減ってきている気がします。

 

 

いくつかのソファ席からは、オーシャンビューも楽しめます。

 

 

明るい時間帯はこの席がおすすめですが、

 

 

私としては、夜は奥側にあるブランコ席がおすすめ!

 

 

前が海、

 

 

そして後ろにも窓があるので、風が吹き抜けて気持ち良いんです。

 

スパなど入れていない日は、夕方になるとお気に入りの本を持って、いそいそとバーへ。

 

 

ブランコ席はいくつかあるので、混み合わないのも良かったです。

 

とはいえ、ホリデーシーズンや、コロナが完全に落ちついた後はもう少し混み合うかもしれません。

 

 

マンゴージュースと、スイカジュースを。ブランコの揺れ具合も良し。

 

 

(2) メニュー

このバーでは飲み物以外にも、軽食のオーダーも可能です。

 

 

軽食はコールドカッツ類のハムや、他にはチキン、バインミー、リブステーキ、サラダなども。

 

スイーツ類はエクレアやマカロンなどもありました。

 

軽食の価格は240,000ベトナムドン++くらいからあり、リゾート価格としては良心的だなと思いました。

 

 

ワイン、シャンパンはテタンジェモエ・エ・シャンドン、ルイロデレールなどフルボトルで4,500,000++~1,375,000++までありました。

 

ビール、モルテク、カクテルなどもあり。ハッピーアワーもありましたので、たくさん飲む方は是非利用してみても良いかも。

 

 

今回は、私としてはハズレヴィラだったので、お部屋での読書がなかなか進まなかったけれど、静かなバーで読み物ができたのは、本当に良かった。

 

さて、日も暮れてきたので、予約していたディナー@Tempus Fugitに向かいます。

 

 

続き→Tempus Fugitでのディナー
前回→ビーチピクニックでランチ

コメント