魚が大きい! もののけの海を発見@バロスモルディブ

2020年1月に訪れたバロスモルディブのシュノーケリング中、魚たちがとても大きく育っている一帯を見つけました。

 

そのエリアは、↑のマップの丸を付けたあたり。黒の矢印線が、今回私たちが泳いだコースです。水上ヴィラ側、ビーチ側からも行きやすいので、訪れたら是非見てみて下さい。

 

ちなみに今回でモルディブは9回目でしたが、こんなに大きい魚たちを見るのは初めてかも、というくらいの育ち方。

 

 

最初はいつも通りのシュノーケリングを楽しんでいましたが、〇の一帯で突然現れた、海の主サイズの魚。写真だと分かりづらいのですが、とっても大きいです。

 

 

ずいぶん大きな魚だな、長生きしているんだな、と最初は思っていたけれど。

 

 

次に現れたいつものガジガジさんも大きい。これは、下の方に普通サイズの魚がいるので、比べると大きさが分かるのではないでしょうか。

 

 

ものすごく大きいです。

 

 

そして突然現れたサメ。バロスのハウスリーフは大きなサメがものすごく多い。10匹以上はいるんじゃないかな。

 

こんなに大きなサメがたくさんいるリーフは今までで初めてなので、大興奮でした。一度、大量のサメに会った日のシュノーケルもあるので、それはまた別の機会に書きたいと思います。

 

 

モルディブのハウスリーフにいるサメは、基本的には大人しく臆病なので怖がる必要はないです。血を流して挑発しなければ、襲ってくることもないと言われています。

 

ただ、あまりにも怖がってバシャバシャ水の音をたてると、興味本位で追いかけられることも。今回のバロス滞在では、サメに追いかけられている女性を見ました。

 

一人でシュノーケリングをしていたようで、あまりのサメの多さにびっくりし慌ててしまったのだそう。私たちを見つけるなり、その女性は私たちにぴったりついてきました。サメに襲われるより、パニックになる心配があったのでちゃんと誘導し、一緒に泳ぎました。こんなこともあるので、慣れている方以外は、一人で泳ぐのはやめた方が良いです。※体を守るためにもラッシュガードも必須

 

 

ヒメフエダイ?すごく大きい。

 

 

ガジガジさん2号。こちらもなかなかのサイズに育っています。

 

 

ミゾレフグ?魚の図鑑を買って勉強したのに、記憶力が悪く1週間たつと忘れます。

 

 

このフグさんが、私の記憶力の悪さを、笑っている気がする。

 

 

またもやサメ。

 

 

コラーレバタフライフィッシュ(多分)。こちらもなかなか大きいです。

 

 

青と赤のガジガジさんたち。どっちも大きい。

 

 

ブラックピラミッドの大きさは普通でした。

 

 

そしてこのツバメウオらしき魚。ものすごく大きいです。こんな大きく育つんだね!?とびっくりするくらい。

 

周りにいるクリーニングフィッシュと大きさを比べてみてください。この他にも、この一帯にいる魚はどれも大きなサイズばかりだったので、勝手に「もののけの海」と名付けました。

 

 

 

 

 

 

 

もののけの海を堪能したところで、ビーチサイドに向かってあがります。

 

 

このパッセージを通ってあがるのですが、左側にある黄色の棒、上部分に緑がちらっと見えてますよね。これがGOサイン(通ってOK)です。

 

海水面が低くなると、黄色に変わりますが、黄色でもなんとか行けます。バロスには、このようなパッセージがいくつかあり、場所によっては赤&緑(赤だとタイドが低くて×)とあるので、泳ぐ前にチェックしておくと良いです。

 

チェックの仕方は、一番最初に載せたマップ(バロスに到着すると、お部屋においてあります)を見ればすぐ分かります。赤い印と黄色の印ね。

 

 

緑色なので、ここを通ってビーチへ向けてあがります。

 

そういえば、ブログを引っ越しました。2年くらい?使ったはてなProにさよなら。新しいブログでは、まだ記事の書き方や写真のアップロードなどに慣れないのですが、それ以外はカスタマイズの自由度も高く、とっても気に入っています(=`ω´=)

 

続き→海辺でキャンドルライトディナー
前回→レストランライムの朝食ビュッフェ

コメント