カヤンで鉄板焼き@バロスモルディブ Cayenne

バロスモルディブでは、私たちお決まりの鉄板焼きディナーをお願いしてみました。モルディブの鉄板焼き、気取らない感じが好きなのです。

 

ちなみに、バロスモルディブでのディナーオプションは5つ。

 

  1. ライムレストラン(アジア~ウェスタン料理)
  2. ライトハウス(ファインダイニング)
  3. ルームダイニング
  4. デスティネーションダイニング
  5. カヤン(シーフードなど、鉄板焼き)

 

となります。

 

 

カヤン(Cayenne)レストランは、鉄板焼き以外にも、シーフード類などのアラカルトメニューも頼めます。バロスモルディブのHPからメニューも見れますよ→Baros Maldives

 

鉄板焼きの場合は、こちらのカウンターで頂くようになり、座席が限られているので予約が必要です。

 

 

まずはスイカジュースで乾杯。夫婦そろってお酒は飲めないし、南国では思ったより水分が抜けるので、スイカジュースはかかせません!

 

バロスの鉄板焼きは、アラカルトでも頼めますし、コースでもOK。コースも2人で25,000円くらいと、モルディブにしては良心的なのも嬉しいところ。

 

ミライドゥあたりだと、一人20,000~/コースくらいとなるので、かなり良心的だと思います。

鉄板焼きディナー@ショアライングリル そしてミライドゥでの再会
SLH(スモール・ラグジュアリー・ホテルズ)加盟のモルディブリゾート・ミライドゥにはThe Shoreline Grillという鉄板焼きディナーを楽しめるレストランがあります。 夜19時からの営業で、レストランの中にはシェフが目の前で...

 

 

アラカルトから選ぶのが面倒だったので、ビーフの鉄板焼きコースにしてみました。まずは前菜から。

 

 

1品目は、さしみかお寿司を選べます。お寿司にしてみましたが・・・量が多い!これ、2人分じゃなくて、1人分です。

 

普段は、夕食は17~18時には食べ終わる生活をしているのですが、リゾートに来るとレストランオープンが19時~とかで量も多いし、かなり気を付けないと胃もたれしてしまうよ。

 

 

お味噌汁は、やっぱり出汁も味噌も濃い。美味しい出汁とか、味噌とか教えてあげたいなぁ。

 

 

お寿司でお腹がいっぱいになる頃、私たちのビーフが焼かれ始めました。

 

 

料金が安いので、量も少ないかと思いきやたっぷり出てきた!野菜炒めも付いています。

 

ビーフの部位はテンダーロイン。柔らかくてけっこう美味しかったです。フライドライスもサービスで付けます、と言われましたが、お腹がいっぱいなので丁重にお断りしました。

 

モルディブの鉄板焼きって、海風を感じながら食べられるし好きなんです。日本やシンガポールで楽しむ鉄板焼きとはまた違い、リゾートによってはエンターテインもしてくれたりして面白い。

 

卵を使ったパフォーマンスとか、日本の鉄板焼きではまず見ないけれど。これも一つの形なのかなと思います。

 

 

デザートはチョコミントアイス。これは、まぁまぁだったかな。

 

既にブログでは何度か書いていますが、私としては、バロスモルディブはリピートはないと思います。最初は様子見の3泊で行き、良ければ延長しようと思ったけれど、それもしませんでした。

 

大きな理由は、ハウスリーフがあまり良くなかったこと(ミライドゥ、カンドゥル、クダドゥプライベートアイランド、マフシヴァルあたりと比べてしまうと)です。しかし、シュノーケリングが主な目的ではない方は、マレからも近く、こじんまりとした小さなリゾートで静かだし、良いのではないかな、と思います。

 

今まで訪れたモルディブリゾートの中での、ハウスリーフ満足度ランキング
  • 1位:クダドゥプライベートアイランド(断トツ1位)
  • 2位:カンドゥル
  • 3位:ミライドゥ、ロヌボ島
  • 4位:マーフシヴァル、ディガリ、フラワリ
  • 5位:バロス、ヴェラサル
  • 圏外:セントレジス(建設時のダメージがひどい)

 

続き→バロスでのチェックアウト
前回→ライトハウスのバーでサンセットカクテル

 

コメント