アゼライのプールバーで休暇を過ごす

6月はVNL2021で忙しくて(←ただのTV観戦)、その後だらだらしつつも忙しくしていたら、あっという間にオリンピックが始まってしまった!

 

7~8月はオリンピック観戦(バレーボール)→9月はアジア選手権もはじまり、色んなことで忙しくなるので、今のうちに。

 

途中で終わっていた、アゼライカントー旅行記の続きです。

 

 

(1) アゼライカントーのプールバー

 

アマン創業者であるゼッカ氏が新たに作ったリゾート『アゼライ』はやっぱり、どことなくアマンっぽい。

 

それなのに、アマンに比べて宿泊費はかなりお得だし、居心地も良い。

 

きっとこれから、ますます注目されるリゾートなのではないかな、と勝手に思っています。

 

 

広々としているだけでなく、よく清掃されているプール。

 

一つの島にたっているリゾートのため、空を遮るものもなく。

 

開放的な気分を味わえるプールとなっています。

 

 

プールサイドチェアの間もゆとりがあり、ごちゃごちゃした感じが一切ないのも良い。

 

このあたりもやっぱり、アマンっぽいな、と思えます。

 

 

好きな席に座ると、スタッフがすぐに表れ、Still water(普通のお水)か、Sparkling water(炭酸水)のどちらが良いかききにきてくれます。

 

お水は無料、アゼライカントーはなんと、炭酸水も無料。(2020年時点情報)

 

 

レモンまでいれてくれる。

 

 

そしてなんと、日によってはフルーツやクッキーまでくれたり。

 

クッキーがかけているのは、写真を撮る前に私がかじったからです。

 

 

(2) プールバーメニュー

お水以外は有料ですが、このようなドリンクメニューや軽食もオーダー可能。

 

カクテル、ワイン、ビール、モクテルと。

 

軽食はサンドイッチ、バーガー、フライドポテト、バインミー、スイーツはソルベ、アイスクリームなどなど。

 

 

見えにくいのですが、金額はベトナムドンで記載されています。

 

だいたいの計算として、価格×5.5が日本円での価格です。(16.6%のTAX・サービス料がかかるので)

 

120と表示されているのは、TAX込みだとだいたい660円くらいのイメージ。

 

 

これは、レモネードだったかな?あっさりした味だった記憶があります。

 

このサイズでだいたい600円くらいなので、リゾート価格としてはだいぶ良心的だと思います。

 

個人的には、プールサイドでは熱中症予防のため、スイカジュースやフルーツジュースなどがおすすめ。

 

 

夜のプール。ごちゃごちゃしたライトアップが一切ないのがまた素敵。

 

 

プールの後ろ側には、屋根ありのオープンバー。

 

 

本を持ってきて、ドリンク片手に、夕暮れからここで涼むのもまた良い。

 

 

朝の鳥の声って、「今日も美味しいご飯を見つけるぞー!」という元気な感じだけれど。

 

夕方になると「今日もお疲れさま~。巣に帰ろ~。」みたいな静かな鳴き方に変わる気がする。

 

 

そんな違い(←あるのか分からないけれど)を感じながら、プールサイドで心を休めて、そして夕暮れ後には虫の声をきいて。

 

こんなふうに自然の音をきいているだけで、あー心が休まっていくなーと感じます。

 

 

20代の頃は、都会の夜景が豪華!と思っていたけれど、30代になってからは自然こそが贅沢なものだ!って思うようになりました。

 

40代になったらまた変わるのかな?

 

 

スイカのスムージーは、熱帯夜にぴったり。

 

 

ベトナムといえばの生春巻き。具材がたくさん詰まっていて美味しい。

 

でも私が作ると、中身がすかすかになるか、中身パンパンのはみ出した(皮で巻ききれない)春巻きになる・・・。

 

 

これは、黒米のスイーツだった気がします。

 

もう1年以上前のことなので、忘れてしまいました。

 

 

モヒート(モクテル)

 

 

美味しかったので、スイカジュースを再び。

 

続き→アゼライのスパ
前回→芝生でのアフタヌーンティー

 

コメント