SUOI SAUビーチで 『ランチピクニック』 アマノイ

アマンの好きなところは、豊富なアクティビティやわくわくするようなエクスカーションが沢山あること。

 

リゾートでは、ただひたすらのんびり過ごすのが大好きですが、アマンのエクスカーションは、さっとお手軽に楽しめるものが多いのも嬉しいところ。

 

アマノイでは、せっかく綺麗な海が目の前にあるので、アマンから10分ほどボートで行ったところにある、SUOI SAUビーチというところでの、ランチピクニックをお願いしました。

 

 

ちなみに、ボートで行かずとも、アマノイのプライベートビーチ(↑)で楽しめるアクティビティも沢山あります。BBQディナーやシャンパンブランチ、他にもお願いすれば、常識的なことは何でも叶えてくれます。

 

SUOI SAUビーチでのプライベートランチピクニックは、2人でVND5,500,000(+16.6%のタックス)でした。

 

ボート送迎込み、プライベートビーチ、セットアップ、ランチ代を考えると、リゾートアクティビティとしてはお得に感じます。

 

 

小型ボートでSUOI SAUビーチへアプローチ。既にスタッフ2人が色々とセットアップしてくれていました。

 

 

とっても素敵!

 

 

後ろは山。

 

 

目の前はビーチ。このビーチでのシュノーケリングも可能ですが、けっこうゴミが浮いているのであまりオススメせず。

 

アマンの問題ではなく、世界がかかえるプラゴミ問題。特に新興国はポイ捨ても多く、海がプラゴミで汚れに汚れていて、自然に対して申し訳ない気持ちになります。ポイ捨てしないからと言って、日本のように過剰包装、自動販売機ペットボトル、コンビニが溢れているのも考えものだし、難しいよね。

 

オーストラリアかニュージーランドかの会社が開発した、海藻を使ったビールホルダー(←プラスチックの代用)のような技術がもっと広まり、万が一海に流れても魚やカメのエサになるから安心!という世界になるといいなぁ。

 

 

日陰の砂はひんやりしていて、だいぶ前からセットアップしていてくれたのが分かります。

 

翌日シュノーケリングツアーもお願いしていたので、フィン&マスクを借りていましたがなんと!!何もお願いしていないのに、ピクニック時にもちゃんと持ってきてくれていました。ありがたい。

 

 

セットアップが終わると、専用の携帯を渡され、スタッフは3人でアマノイへと戻っていきます。

 

アテンドスタッフがいないので、気兼ねなく楽しめます。たまにアテンドとかされると、立ちっぱなしにさせて可哀そうだなぁ、とか、もう少しいたいけれど、暑いし可哀そうだから戻ろうかな、とか思ってしまう。

 

 

座ってみます。

 

 

海風が気持ち良くて、とっても静か。このまま誰も迎えに来なかったらどうしよう、とか考えて怖くなった(゜-゜)

 

前述のとおり、波打ち際にはけっこうなゴミが次々と流れてきて、本当に残念。

 

 

アマノイのランチピクニックメニューは、6種類と多いので、バインミーはミニサイズ、サラダと生春巻きは量を減らして作ってもらいました。

  • バインミー
  • かぼちゃとビーツのサラダ
  • 生春巻き(海老入り)
  • チョコレートブラウニー
  • ミニマフィン
  • フルーツ

 

この時代、食べられない量を頼むのは、知性のない人がすること、と私は思っています。口に合わなかった、とかなら残すのは仕方がないけれど。

 

今回のリゾートめぐりで、「最近はインスタのために写真を撮って、残す人がほとんどなんです。」と、全てのリゾートで、何人かのスタッフが残念そうに言っていました。

 

「自分の時間」や「人が作ってくれた料理」を楽しむことより、他人からの評価のために食べ物を残す流行なんて、早く廃れれば良いのにな、と思うよ。

 

 

自然の中にいると、ゆっくり時間が流れていくのに、あっという間に時間がたつの。あれ、いったいどういうことなんだろう?

 

 

1時間ほどのんびりしたところで迎えにきてもらいます。

 

シュノーケリングをしようかな、と思ったものの、次の日にシュノーケリングツアーをお願いしていたので、そのままアマノイへ戻ることにしました。

 

 

帰りのお迎え。

 

 

ビーチクラブ横のオーシャンセンターでスタッフにお礼。

 

オーシャンセンターのマネージャー、アレックス?ジェイソン?ちょっと名前を忘れてしまったのですが(何せ訪れたのはほぼ1年前)、以前アマンプロにいた方。

 

とっても良い方で、アマノイではシュノーケリングOnlyでダイビングはしていない(リクエストがあればできるが、見どころがないからシュノーケリングで十分)や、アマノイビーチ前のシュノーケリングスポットなど親切に教えてくれました。

 

さて、この日は夜にパヴィリオンディナーをお願いしているので、それまではお部屋に戻り、プール&読書タイムです。

 

続き→レイクロマンティックディナー
前回→アマノイの中を歩いてみる

コメント