アマノイ オーシャンプールヴィラ宿泊記 Amanoi

2020年1~2月にかけ、6泊でアマノイを訪れてきました。宿泊したヴィラは、「オーシャンプールヴィラ」という専用プール付きのお部屋です。

 

 

 

◇ リビング

 

まずは入口です。私たちが泊まったヴィラは12番。草木でヴィラが隠され、プライバシーのあるお部屋でした。

 

アマノイを歩き回って思ったのは、ヴィラによっては散歩道からけっこう見えちゃうヴィラもありました。希望が叶うかは分かりませんが、プライバシーが欲しい方はリクエストすると良いかも。

 

 

入口には椅子が置いてあり、靴を履く時にとっても便利。

 

 

お部屋に入ったところ。

 

このヴィラ12番のテラスは、アマノイの公式HPでも使われているヴィラなんだそうで、確かにとっても景色が良かったです!

 

 

リビングです。

 

 

ローテーブルなので、ちゃんとした食事にはあまり向いていません。

 

インヴィラダイニングが大好きな私ですが、お部屋のテーブルが食事向きじゃなかったので、今回のアマノイ滞在では、ほとんどレストランに食べに行くか、デスティネーションダイニングばかりでした。

 

 

毎日追加されるフルーツ。

 

 

テレビ。昼間はリビング側を向いていますが、夕方のターンダウンではベッド側にくるり、と変えてくれる。

 

ターンダウンって、本当に有難いです。掃除だけではなく、ベッドサイドに水とコップを用意してくれたり、その日のプレゼントをくれたり。

 

 

◇ ベッドルーム

 

続いてはベッドルームです。

 

 

ふかふかのベッドに、肌触りの良いシーツ。アマノイのシーツは、カトリーヌ・ドゥヌアルが使われているとかいないとか。

 

 

ベッドサイドのテーブルも広くて便利。余計なものがごちゃごちゃ置いていないのも、アマンの良さだなぁなんて思います。

 

 

ベッドの横側には、窓向きのデスクも。私はここでほぼ毎日、リスが来るのをじーーっと待っていました。

 

アマノイにはリスがたくさん生息しているのですが、どのリスも警戒心が強く、テラスにいるだけで来てくれないことも。

 

なので、室内のデスクに座り、望遠カメラを構えながら息をひそめ・・・

 

 

そして撮れた写真がこれ!カワイイでしょう!!

 

でもね、6泊滞在中、毎日リスを待って、まともに撮れた写真はこの1枚のみでした。。見かけただけなら、8匹くらいはいたのですが、みんな警戒心強くて(。-_-。)

 

アマノイの様子については、次回、たくさん写真を載せたいと思います。

 

 

ベッドルームにはコーヒーマシンや、

 

 

ミニバー、

 

 

ライムとTWGのお茶。

 

今までは、どんなお茶があるのかなーなんて気軽に触っていたけれど、コロナ以降はなかなか触れなくなりますね。

 

お茶パックまで消毒されるか分からないし、なんだか、使わないものを触るというのは減りそう。

 

 

バーエリアの引き出しの中には、ティーカップや、

 

 

ボウルやお水、

 

 

ワイングラスやクッキー、ナッツ類。クッキーがとても美味しかったです。

 

 

セーフティーもあります。セーフティーは底が深いのでたくさん入る、しかも宝箱みたいにぱかっと持ち上げてあけるタイプなので、全体が見える。忘れ物防止にもなります。

 

 

◇ バスルーム

 

とっても使い勝手が良かったバスルーム。

 

 

窓があるので明るい。シンクはもちろんシンメトリーのダブルシンク。

 

 

湯量も完璧。バスタブも深すぎず浅すぎず、とても良かった。

 

 

夕方もとっても良い雰囲気です。

 

 

クローゼットももちろんシンメトリーなので、ゆったりと使えます。123リットルのスーツケースもちゃんと置ける。

 

6泊だったので、ハンガーはあらかじめ多めにリクエストしておきました。

 

 

ちょっと分かりづらいんだけれど・・・シンク台もけっこう広く、色々と物を置けて便利です。

 

同じニャチャンといえば、シックスセンシズニンヴァンベイもありますが、ここはほとんどのヴィラが山登りが必要なので・・・私としてはアマノイの方がオススメです。

 

水上プールヴィラ宿泊記@シックスセンシズ ニンヴァンベイ Six Senses Ninh Van Bay
ニンヴァンベイにあるエココンセプトリゾート、シックスセンシズを訪れてきました。宿泊したのは、ウォータープールヴィラ(水上プールヴィラ)です。 リゾートまでのアクセスについてはこちらで書いていますが、ハノイもしくはホーチミンでの乗り継ぎ...

 

 

お手洗い。

 

 

シャワーも湯量ばっちり。

 

 

エコボトルです。

 

私の予想では、10年後にはほとんどのホテルがこのようなエコボトルになると思う(多分)。水もペットボトルじゃなくて瓶とかね。

 

 

そうそう。シャワールームからテラスに出れるようになっているので、プールで遊んだ後も、そのままシャワーを浴びれます。

 

 

バスルームからベッドルームを見たところ。

 

 

◇ プライベートプール&テラス

 

さてー、お待ちかねの?プライベートプール&テラスです。

 

プールはとても広く、日も当たるので暖かくて入りやすい。ただ、ちょっと曇りや雨の日は若干冷たかったです。

 

 

テラスにはテーブルと、ビーチベッドが。

 

 

ビーチベッドもパラソルがついているので、ちょうどよく日陰になって良い。景色も良いですね。

 

 

ここで読書をして、暑くなったらプールにはいる。

 

 

プールで泳ぎながら、飛ぶ鳥を眺めてみたり。

 

 

スパを受けたり、いつもより時間をかけて髪や体のお手入れをしてみたり。自然の中での美味しい食事を目いっぱい楽しんでみたり。

 

 

面倒くさがりなので、色々と見て周る旅より、ゆったりのんびり旅行の方が、自分に合っている気がします。

 

 

ちなみにヨガマットはお部屋に置いていなかったので、電話でお願いしました。

 

テラスにヨガができるスペースもあるので、毎朝ここでヨガをしていました。リゾートでは、ヨガレッスンに出るより、その日の気分に合わせたMyヨガをする方が好きです。

 

 

お部屋からは朝日も見れる。アマノイでは山登りをし、Goga Peakというところから朝日も見てきました。その話はまた今度。

 

 

◇ アマノイからのプレゼント

 

アマノイでは6泊だったので、6種類のプレゼントを頂きました。

 

  • ユーカリの石鹸
  • 石鹸を置くお皿
  • リネンのシューケース2個/各自1個ずつもらえます
  • ポーチ
  • ロータスティー
  • ラベンダーバッグ

 

どれも、とっても素敵です。

 

 

ユーカリの石鹸。ここ1年くらいユーカリにけっこうはまっているので嬉しい!

 

乾燥させたユーカリの葉をオーストラリアから購入し、ちまちまと使っています。お茶としても飲めるし、お風呂に入れてもOK。

 

特にお風呂に入れるのが好きで、人工的な香りとは違い、まさに森林浴!という感じでとっても好きなんです。

 

 

石鹸を置くお皿。

 

 

とっても手触りの良いリネンのシューズケース。左が私ので、右が夫のです、どちらも手縫いで刺繍がしてあるんですよ。

 

 

 

あとは、ポーチと、ロータスティーと、ラベンダーバッグ。

 

 

この他にも、リゾートバッグ、帽子は滞在者なら持ち帰りOK。

 

帽子が頭にほどよくフィットしてくれて、アマノイの後に訪れたアゼライでも大活躍でした!リゾートバッグも内ポケットがついていたりと、今後のリゾート滞在ではかかせない存在になりそう。

 

リゾートバッグは今、写真が見当たらず・・・。今度写真を撮って、またアップしたいと思います。

 

続き→アマノイを歩く
前回→アマノイへ到着

 

2021年は引越し!

 

さぁ、2021年が始まりましたね!皆さま、今年の目標はたてましたか?

 

私は、実はもうすぐ、住み慣れたシンガポールからまた違う国へ引越しをします。今まで、ロンドン→サンフランシスコ→シドニー→シンガポールと住み、私にとって第5か国目となる海外生活になります。

 

また新しい友達ができるといいなぁ!

 

 

私の、今年の目標

 

今年の私の目標は、ブログで日々思うことを書いていく!です。

 

いつも旅行についての感想だけ書いて終わることが多く、日々の生活とか、思うこととかほとんど書きません。書きたくないとかじゃなくて、面倒で(*´з`)

 

でもここ1年くらい、自分の昔のブログとか読み返してみて、「なんか人物像(私)が見えてこないし、AIが書いてるブログみたいじゃない???」と思うことが多くて。

 

 

アメブロやはてなブログの時は、プロフィールがあったのでまだ良かったものの、ワードプレスはプロフィール欄が小さいし、かと言ってリンク作るのも面倒だし。あ、言っちゃった

 

なので、今後は旅行記の後に、思うこととか書いてみたり、もう少し人間らしいブログを書きたいなぁと思っています(できるかなー)。ではさっそく、

 

わたし、今はシンガポール在住で、もうすぐ海外へお引越し。ヨガとランニング、ジブリ、海外旅行(アジア&中東)が好きです。と自己紹介を書いて今日は終わってみる。

コメント