アマンジウォでフローティングブレックファースト @プライベートプール

f:id:mia-travelista:20190802141146j:plain 流行りのフローティングブレックファースト(=プールの中で頂く朝食)を、アマンジオで楽しんできました。

 

と言っても、これは本当にプールの中で食べるわけではなく(そういう人もいるかもしれませんが)、目でみて楽しんで、その後普通に食べるというものです。←と私は思っています

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141140j:plain フローティングブレックファーストは、2017年にバリ島のカマンダルウブドリゾートを訪れた時にもしたことがあるのですが、その時は寒くて・・・・。

 

暖かい時期にするのは、今回が初めてでした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141235j:plain 朝、スタッフが3人でセットアップしてくれます。

 

この舟はハンドメイドで、数が限定されているとのこと。気になる方は、チェックイン時にお願いするか、事前に予約しておいた方が良いかもしれません。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141238j:plain バリ島のフローティングブレックファーストと違って良かったのは、舟にフックをかけてくれるので、プールサイドに固定できること。

 

アマンジウォのプライベートプールは、途中からけっこう深いし、プールに入りながら食べるのは現実的じゃないので、フックがあるのはとても良いなと思いました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141157j:plain 素敵な景色に、非日常感。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141140j:plain テンションがあがりすぎて、ぱしゃっ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141228j:plain ぱしゃっ、と。生温かく見守る夫をそばに、たくさん写真を撮ってしまった。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141153j:plain プールの底にうつった、舟の影がまた綺麗。

 

 

f:id:mia-travelista:20190514110053j:plain 外を見れば田園風景。セミの声とか最高です。ぼくのなつやすみがしたくなるな~。

 

 

f:id:mia-travelista:20190514110056j:plain では、朝ご飯のメニューを。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141205j:plain アサイーボウル。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141209j:plain フルーツ&ヨーグルト。フローティングブレックファーストをする場合、朝食料金は滞在費に入っているから、セットアップ料のみで良いのだそう。

 

  セットアップ料金も高くないし、暑くなったらプールで体を冷やしたりもできるし、アマンジウォに滞在するならとてもオススメかな、と思いました。

 

f:id:mia-travelista:20190802141214j:plain エッグベネディクト。卵がとろっとろ。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141232j:plain ジャム&バター。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141219j:plain 濃厚なバターが香るクロワッサン、デニッシュ。何を食べても美味しいって、嬉しいしすごい。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802141202j:plain フックのおかげで、プールのふちに座って食べれるのがまた良かったです。

 

各ヴィラにプレゼントの帽子ももらえた(2019年4月時点)ので、日焼け対策にもなりました。

 

今回、4年ぶりくらいのアマンでしたがやっぱり良かったです。オリジナルレシピをくれたり、レストランにいるとマネージャーの方が、みんなにわざわざ挨拶に来てくれるのも、安心感があります。

 

モルディブリゾートでの滞在で受けれるサービスに慣れてしまうと、WOW!があまり感じなくなる、贅沢病という、分不相応なものにかかってしまうのですが。

 

アマンの素朴なサービスは、また違う良さがあり嬉しかったです。

 

続き→遺跡のようなレストランでアフタヌーンティー

前回→軽めのスープディナー

 

コメント