スリランカ航空 A330-200 ビジネスクラス搭乗記【マレ→コロンボ】

f:id:mia-travelista:20181118095831j:plain
2018年9月に訪れたモルディブのセントレジスへはスリランカ航空を利用しました。

 

復路、マレからコロンボまでの機材はA330-200という機材でした。この機材は乗ったことあるようなないような?(゜-゜)?。でもブログでは書いたことはないので、今回ちゃんと写真を撮ってきました。

 

(1) 座席

f:id:mia-travelista:20181118095822j:plain
マレ出発は夜9時頃の便です。モルディブは6回目でしたが、マレの到着時間、出発時間を考えてもやっぱり便利だしコスパが良いなぁと思います。

 

シンガポールからだとSQのエコノミーとスリランカ航空のビジネスクラスが同じくらいの価格だったり。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095825j:plain
A330-200の中。アブレストは2-2-2。

 

最近の飛行機は1-2-1のアブレストが多く、二人旅だと窓のない真ん中席を選ぶ方が多いと思います。2-2-2だと窓側席も選べるし良いなと思いました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095837j:plain
シート。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095834j:plain
前を見たところ。私たちはどの飛行機でもほぼ後列に座ります。一番前より後ろから眺めるのが好きなのです。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095840j:plain
スクリーン。位置も悪くなく、首も疲れません。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095848j:plain
カップホルダーとか。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095851j:plain
ちょっとしたものをしまえるスペース。ポーチを入れておくのに便利でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095842j:plain
足元。スクリーンまでに高さがあり広々としています。SQの777-300ERに比べるとゆったりしていて良いです!

 

シンガポール航空 B777-300ER・ビジネスクラス搭乗記【シンガポール→シドニー】
大好きなシンガポール航空、B777-300ER搭乗記です。これは、3月にオーストラリア、シドニーを訪れた際に利用したものとなり、シンガポール出発の便です。 B777-300ERのアブレストは1-2-1。最近は1-2-1ばか...

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095854j:plain
靴を置くスペース。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095900j:plain
ここにも何かしまえますが、足元にあるのでとりだしにくい。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095807j:plain
色々なボタンたち。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095903j:plain
シートコントローラー。

 

 

(2) 機内食

f:id:mia-travelista:20181118095810j:plain
マレ→コロンボは1時間半もない飛行時間ですがちゃんと、機内食がサーブされます。

 

離陸→夕食→フルフラットで休憩(20分)→着陸というなかなかにハードな?スケジュール。

 

ウェルカムドリンクもちゃんと出ます。同じワンワールド・JALのビジネスクラスではウェルカムドリンクが出ないので、こんな短距離路線でも出してくれるのは有難いなぁと思いました。

 

 

f:id:mia-travelista:20181118095816j:plain
機内食といえ残すのは申し訳ないので、私たちは事前オーダー(無料)でフルーツプレートをお願いしました。

 

スリランカ航空の機内食は、昔に比べたら良くなってきているものの、まだハズレも多く。。ただし、フルーツは美味しい(機内で食べるものとしては)ので、けっこうオススメですよ。

 

さてー、もう今年も終わりですね。私はクリスマスから大晦日、年始にかけてが一年で一番わくわくします。特に日本の年末年始のまったりとした雰囲気の中、お部屋で温まって日本酒を飲んだり、みかんを食べたり、美味しいお蕎麦を食べるのが大好き。

 

でもそういう生活をしていると3キロとか簡単に太るし、寒い時に運動したくないし・・・・と年末年始の過ごし方に無駄に悩んでしまうのでした。

 

コメント