プラナカン建築を眺めながらスペイン料理 「ビノミオBinomio」 シンガポール

f:id:mia-travelista:20180327001941j:plain
シンガポールで、プラナカン建築を眺めながらスペイン料理を楽しめるレストラン「Binomio」

 

プラナカン、スペイン料理、シンガポール・・・・何だか色んな国や文化が並んでしまい分かりにくいのですが、

 

シンガポールにある、スペイン料理レストランで、目の前には、プラナカン建築のショップハウスが並ぶバー&レストランです。

 

 

(1) ビノミオの場所

お店の名前はBinomio(ビノミオ)

 

最寄駅はタンジョンパガーか、オートラムパークとなり、歩いて10分ちょっとです。

 

 

(2) プラナカン建築の雰囲気

f:id:mia-travelista:20180327001944j:plain
Craidロードには、ここにもプラナカン建築のショップハウスがあり、ケーキ屋さん、レストラン、バーなど様々お店が並んでいます。

 

ちなみにプラナカン文化とは、15世紀頃にシンガポールに入ってきた、中国、マレー系、欧州の文化が混ざったもの。

 

パッと見て、中華っぽいなと思う人もいれば、洋風だなと感じる人もいたり、それぞれの特徴をどこかしらに感じる、独特の文化です。

 

 

(3) お店&メニュー価格帯

f:id:mia-travelista:20180327001947j:plain
シンガポールのショップハウスにあるレストランは、完全なテラス席になっているか、室内かが多いのですが、

 

Binomioはこんな風に、半テラスになっています。

 

Binomioはバーエリア(軽食)と、レストラン(コース料理)に分かれていて、この半テラス席はバーエリアにあります。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327001951j:plain
むっとしたシンガポールの熱気に嫌になり、夜もついつい屋内レストランに行きたくなるけれど、

 

でも、こんな半テラス席だと、中の涼しさと、外からのアジアの熱気、両方を楽しめて嬉しい。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327001941j:plain
こちらのお酒は、mistela josefina piñolという甘いワイン。お酒じゃなくて、プラナカン建築に焦点がいってしまった。

 

渋めのお酒は苦手なので、いつもポルトワイン、デザートワインを頼むか、お酒は飲まないことが多いのです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327001954j:plain
こちらは、ポテトのブラバソースあえ。ピリ辛で美味。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327001958j:plain
イカ墨のコロッケ。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327002001j:plain
イカ墨が濃厚でとても美味しかったです。

 

以上とワインも含めて5,000円もしなかったので、シンガポールとしてはかなりコスパが良いバーだと思います。

 

レストラン利用はもう少し金額が行くと思いますが、レストラン利用だと景色は楽しめませんので注意。

 

 

f:id:mia-travelista:20180327002005j:plain
ショップハウスのライトアップが素敵。

 

ショップハウスを見に行くだけじゃなくて、眺めながらのんびり美味しいご飯を食べたい、という方におすすめのレストランです。

 

 

(4) 予約

この窓側の席は3席のみ(2017年11月時点)なので、BinomioHPから予約をした方が良いかも。

 

バーだけの利用なら、ドレスコードは特に厳しくないです。でも、男性のサンダルは避けた方が無難かもしれません。

コメント