シンガポール航空 B787-10 ビジネスクラス搭乗記【シンガポール⇔バンコク】

f:id:mia-travelista:20190207095507j:plain
シンガポールからバンコクを訪れた際、シンガポール航空の新型航空機B787-10を利用しました。

 

新型と言っても、けっこう前から利用されている機材ですが・・・・なかなか利用する機会がなく、今回人生で初のSQ787-10です。


 

(1) 座席

f:id:mia-travelista:20190207095433j:plain
B787-10のアブレストは1-2-1、ゆったりとした作りです。

 

以前、プレスリリースの画像を見た時は、赤だったかオレンジだったか、??(゜-゜)??という内装イメージだったので、勝手にびっくりしていたけれど。

 

実際はシックで良い感じに仕上がっています。←偉そうに言ってみた

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095419j:plain
二人席でも、間にパーテーションがあり上げれるようになっているので、一人旅にも対応した作りだと思います。

 

これは、エティハド航空のB789A380と似た作りです。

エティハド航空 バー付きのA380-800 ビジネスクラス搭乗記【アブダビ→パリ】
念願のエティハド航空A380-800に乗ってきました。エティハドのA380-800といえば、ファーストクラスのさらに上のクラス、レジデンスクラスがある機材です。 この機材が飛んでいるのは、アブダビ-ニューヨーク、ロンドンなど限られ...

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095504j:plain
スクリーン。

 

私が見たい映画を、なぜかいつも夫は先取りして流すので(私の方が4分くらい遅れてる)、自分のスクリーンより夫のスクリーンを見てしまいます。

 

つまり、映像(夫の)と音声(私の)がずれるっていう、ね、どうでも良い話でした。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095423j:plain
サイドポケット。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095429j:plain
ライト。ボタン一つで、

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095444j:plain
パッと。けっこう明るいです。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095450j:plain
オットマンの下に、靴やバッグをおけるスペースがありました。足元からスクリーンまでも割と高さがあるので、足をぶつけなくて◎

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095459j:plain
隣とは完全に分かれているので、足を蹴られることもなく安心です。ブランケットも静電気がおきず良い素材。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095436j:plain
コントローラー(下)と、シートコントローラー(上)

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095416j:plain
サイドテーブルも広い。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095453j:plain
ヘッドフォン。

 

 

(2) 収納スペース

f:id:mia-travelista:20190207095515j:plain
サイドテーブル上にある、扉付きの収納スペース。シンガポール⇔バンコクの短距離線でも、アメニティのポーチ(茶色)がついていました。

 

無駄な資源を少しでも減らせるよう、手をつけずに返却しました。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095440j:plain
帰りの路線では、扉が壊れている?(ない)席でしたが、色々と手元にしまえるのは便利です。でも扉がないと意味はない。。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095456j:plain
シンガポール航空は鏡がついているイメージですが、B787-10にもやはりついています。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095511j:plain
シートもフルフラットになるし、短距離線にはもったいないシートだな、と思いました。

 

そしてCAの方もやっぱりすばらしいです。搭乗した際、シート番号をきかれて答えたら、すぐにMr&Mrs〇〇と名前で呼んでくれたんです。

 

シート番号と名前を憶えているってことだし、何かある度に毎回名前を呼んでくれたり、すごく嬉しくなりました。

 

 

(3) SQ短距離線・機内食

f:id:mia-travelista:20190207095343j:plain
これは行きのウェルカムシャンパン。種類はなんだったかな・・

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095346j:plain
お酒はあんまり得意じゃないのですが、飛行機だと気が大きくなり、ウェルカムシャンパンだけはたまに飲みたい気分になってしまいます。

 

が、けっこうアルコールが強く、半分飲むころには酔ってしまうというね。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802130218j:plain
帰りは爽やかなオレンジジュースで。

 

 

f:id:mia-travelista:20190802130221j:plain
SQはデザートがとても美味しいうえに、たとえ短距離線でも、行きと帰りではデザートの種類が違うのもまた嬉しい。

 

時間帯によっては、機内食を食べないことも最近は増えてきましたが、デザートだけは食べたいと思えるほど美味しい。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095330j:plain
帰りの機内食だったかな。アップで撮ったらぶれてた。相変わらずひどい、食べ物の写真の撮り方(=`・´=)センスなし。

 

SQのお皿は、ふちにシルバーのストライプがはいっていて、私はとてもお洒落だなと思います。

 

シンプルで好き。多分ノリタケかなと思うのですが、ひっくり返してみるのも・・・なのでいまだに分かりません。

 

 

f:id:mia-travelista:20190207095335j:plain
デザートのチーズスフレがすごく美味でした。

 

私が頼んだドリンクやお食事を、別のCAの方も把握していたり、次から次にデザートやらお菓子を持ってきてくれたり、どのスタッフも毎回必ず名前呼び・・・・

 

やっぱりシンガポール航空は違うな!(←贔屓目)と感じます。あ、食べ物につられて良いことを言っているわけではないですよ。

コメント