モルディブの水上飛行機は、パイロット席からの景色がおすすめ! Milaidhooへの旅

f:id:mia-travelista:20180526152019j:plain
今回でモルディブでの水上飛行機搭乗は8回になりました。

 

色々な席に乗ってみて、私が一番オススメだな、と思う席についてまとめます。

 

 

一番おすすめの席

今まで、色々な座席に乗りましたが、個人的に一番おすすめの席はやっぱり、最前列の真ん中です。

 

普通の水上飛行機は、左側が1人席・右側が2席になっていまして、座席指定はできません(CBR・ヴェラ―などの専用機やプライベート機はのぞく)

 

 

基本的には、乗った順番から好きな席に座れるのですが、機内は狭いので、一番前から座るよう指示を受けることも多いです。

 

 

f:id:mia-travelista:20180526151958j:plain
ちなみに、窓際だと、サンドバンクやサンゴ礁のモルディブらしい景色や、

 

 

f:id:mia-travelista:20180526151951j:plain
他のリゾートを眺められますが、

 

 

f:id:mia-travelista:20180526152002j:plain
実は、最前列の真ん中(右2列の左側)だと、目の前はコックピットなんです。

 

まるで自分が操縦しているかのような・・・!というのはおおげさですが、やっぱりコックピットからの景色はなんだか特別。

 

 

f:id:mia-travelista:20180526152005j:plain
飛行中は空しか見えないけれど、着水の瞬間がすごく良い。

 

だんだん海面が近づいてくるこの感じ。

 

まるで自分が着水させているような・・・!というのも嘘ですが、目の前に広がっていくこの海が迫力満点。

 

 

f:id:mia-travelista:20180526152015j:plain
無事に着水。まるで自分が・・・

 

 

コックピット真後ろの席をゲットするコツ

前述のとおり、水上飛行機の座席は指定できませんので、あくまでコツについてですが、

 

ここに高確率で乗る方法は、誰よりも早く搭乗することです。

 

復路だと他のリゾート客がすでに乗っている可能性があるので、マレ→リゾートの往路が狙い目。

 

 

f:id:mia-travelista:20180520154214j:plain
かと言って、人を押しのけて横入りするわけにもいかないですよね。

 

でも実はちょっとしたコツがありまして、ここ(↑)搭乗前の桟橋で撮影会をせず、スタスタと搭乗するのがポイント。

 

 

たいてい皆さん、ここの桟橋で記念に撮影するのですが、リゾートについたらもっと素晴らしい景色が待っている!と心を鬼にして通り過ぎたら・・・

 

もしかしたらコックピット真後ろをゲットできるかもしれません。でも、できないかもしれません。

 

 

余談:水上飛行機は揺れる?

モルディブの水上飛行機は揺れますか?とたまにきかれるのですが、もちろん、天候によっては揺れます。

 

またやはり小さなプロペラ機でもあるので、普通の飛行機に比べたら揺れやすいです。

 

飛行中の揺れよりも厄介なのは、水上での揺れ。波が強い時なんて最悪です。

 

 

2018年時点、通常の水上飛行機にはお手洗いもなく、エアコンもありません。

 

なので酔いやすい方は、酔い止め必須ですよ!

 

 

酔いやすい方は、酔い止め必須!

繰り返しになりますが、個人的に注意だなと思うのは、

 

飛行中の揺れより、着水前や着水後の、海の上での待機時間の揺れです。

 

 

特に波が荒い時なんて、飛べるまでに水上飛行機の中で20分とか待機することもあります。

 

ぐらぐら揺れる中、暑い機中、窓もあかず、外にも出れず、トイレもありません。

 

 

なので、さっと口にできるタイプの酔い止めは、絶対にあると良いです。

 

それもスーツケースにうっかりしまわずに、手持ちにいれておくように。

 

 

余談

f:id:mia-travelista:20180526151940j:plain
ミライドゥからの帰りマレの近く、夕方だったのでちょっと暗いです。

 

見える島は多分、ギリランカンフシとパラダイスアイランドリゾート、だいぶ波がたっているのでこちら側のドロップオフではシュノーケルは厳しそう。

 

 

今回のモルディブからの帰りは、とんでもなく大号泣してしまいました。

 

モルディブを離れる時は、毎回寂しくて軽く泣いてしまうけれど、ミライドゥにすっかり魅了されて、夫にもドン引きされるくらいの号泣。

 

帰ってきてからも思い出しては泣いてしまうほど素晴らしかったミライドゥなのでした。

 

続き→ミライドゥへ到着
前回→ミライドゥのマレラウンジ

コメント